人生楽ありゃ苦もあるさ

日々のつれづれや大好きなものを力いっぱい叫ぶ代わりに書き綴っています。サイト更新情報や、時々BASARA二次創作(小政、家政メイン)も。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

つい、うっかり(苦笑)

久しぶりにブログの方で小政をアップしよう!と思ってなんとなしに書き始めてみたものの。
こじんまりと纏まったのでまさにブログ向き、と思ったのですが…ついうっかり(苦笑)最下層仕様になってしまったので、ブログにアップするのを断念。
日を改めてサイトにアップすることにします。
大層短い話ではありますが…(苦笑)。

そして。家政まつりに伴うリクの受付は、本日が最終日です。




以下、拍手等でいただきましたメッセージへのレスになります。
本当にどうもありがとうございます。

スポンサーサイト

良薬は口に苦しと申しますが、

お医者に処方された鉄剤を飲み出して早一週間。
ひと粒で普段飲んでるサプリの十何倍もの鉄含有量(汗)。これはレバーも真っ青(苦笑)。
ただし、難点は…



…相変わらずマズイorz





本日のおしながき

GARDEN:TEXT 戦国BASARA「症状:キミ欠乏症」(家政)アップ。

小政を書くか家政を書くか迷って、先に書きあがった家政をアップ。
今は…小政が書きたい気分です。
眼で殺すような…こう、色っぽい話(苦笑)。



先日、2月の申し込みをしました。
2月はちょっと長めの小政に挑戦しようと思っています。
(書きたいネタがあるので…。)
あとは家政布教(苦笑)。



ありがとうございます!

言い出した当人が一番びっくりするくらい(苦笑)、家政リクをいただいております。
どうもありがとうございます!
何日か前に備忘録でいただいたリクを列挙しましたけど、あれから更に増えてマス…(苦笑)。
そんな家政まつりの受付は今日も含めてあと5日です。

いただいたリクですが。
これだけあるとたぶん来年のお誕生日月間までには消化しきれないと考えて、ぼちぼちリク消化を始めています。
目下、小政と家政と成政を同時進行で書いている状況です(笑)。
ある意味、充実。

とうとう、

十年来の付き合いであるメインPCを買い替えました。>昨日のはなし。
ついでに周辺機器も丸ごと買い替えました。
これで諸々の作業がスムースになると思います(苦笑)。



…といっても、まだ箱を開けてもいませんが。
(ついでにデータ移行もまだだな…)


本日のおしながき

GARDEN:TEXT 戦国BASARA 謹言無料配布本「大スキっ!!」((小十郎vs家康)×政宗)アップ。
BOOKMARK 1件追加


14日の謹言にて配布していた「大スキっ!!」をアップしました。
小十郎vs家康ですが…基本小政になります。
時間の関係で家政コピ本を断念した反動か、家康をどうしても書きたかったのでした(苦笑)。
そんな家政コピ本は2月になりそうです。
それから、BOOKMARKに素敵サイト様を1件お迎えしました。
BASARAではありませんが、実はひそかにスキなジャンルでもあります。
どうぞよろしくお願いします。

そうだ!日光へ行こう!!!

いきなり両親が(というか、主に母が)
「日光そばまつりに行きたい!」
とか言い出したので、
「どうせ会場のちょっと先には権現様もいるから、帰りに権現様にお逢いしてくるということで、じゃあ日光に行きましょうかね」
…と急遽昨日愛車の『小十郎』さんで日光へ。
ちょうど天気よかったし。

会場へは10時30分くらいについたんですが、日曜日ということもあって、まあもの凄い人で。
越後出身の母が郷土愛を強く主張して、「へぎそば」を食べてきました。大将が小千谷の出身だそうで。コシがあって美味しかった!!!本場のお味。
お店自体は県内にあるそうなので、いつかお店の方に食べに行きたいです。
(父が郷土愛を主張する「讃岐うどん」は『讃岐風』が多くて、現地そのものっていうのにあまり巡りあえなくてね…。)
お昼前に会場を発って、いざ権現様の許へ!
ところが、昨日の渋滞は半端なかった…(苦笑)。
会場から東照宮まで、普通なら30分程度で行けるんです。なのに、そんな距離を2時間以上かけて進む始末。
漸く辿り着いたものの、今度は駐車場がナイ!!!何処も彼処も満車。
権現様はもう目の前なのに!!!
目の前に来てるのに!!!
絆が呼んでるのに!!!

「…帰るか、」
「…ソウデスネ」

渋滞の前に執念は屈しました…(泣)。
でも、ほら(仙台よりは)好きな時に行けるし…ということで、2週間後に再チャレンジ予定。

神橋

車で移動するより歩いた方が早いんと違う?
ということで、運転を父に任せて途中で車を降りて徒歩移動。そして、またピックアップ。(確かに歩いた方が早かった!)
神橋と天海様像(と神前結婚式直後の花嫁さん)だけ見て強制終了…(泣)。

本日のおしながき

GARDEN:TEXT365題 ログ(小政6本)格納。

6月~8月にブログに掲載した365題のログを格納しました。見事に小政ばっかりです(苦笑)。
格納したのは以下の6本。

154.「騙せると思ってた?」
128.戯れるように
306.「…………趣味、です」
181.純情の欠片
345.突き落とした、背中
325.沈みゆく夏

天狗話とかアニメver.とか…いろいろ書いてます。
准教授×図書館司書設定のお話を初めて書いたのもこの頃でした…。

家政まつり備忘録

家政まつり実施中、ということでリクをたくさんいただいております。
本当にどうもありがとうございます!
謹言でも家政はまだ少なくて、それでも少ないなりに買い漁ってみました(苦笑)。
家政は大層美味しいカップリングだと思うので、「もっと認知されるがいい!」と切に願っている今日この頃…。


そんな訳で、(主に私が)忘れないように今日までいただいているリクを列挙。
家政は戦国系が多いですね。そして、女伊達ものが多し(苦笑)。
うん、頑張る!

愛しさに触れる【戦国BASARA:小政】

噛まれた小指が疼く。それはほんの僅かの間でも離れ難く思う主のせめてもの餞、とでもいおうか。
(まったく…可愛らしいことをしてくれる)
小十郎を支城へ遣わすことが最善だと理解してはいても、己が〈右目〉を僅かなりとも手放すのはやはり耐えられぬ、と思ったのだろう。
戯れに小指に噛みつかれた小十郎は、反射的に顔を顰めた。
「政宗様、いきなり何をなされます?!」
「あぁん?忘れないようにしてやったんだよ」
他人の小指に噛みついておきながら少しも悪びれることなく、政宗はそう答えた。
「離れている間もコイツが痛めば、その痛みを施した俺のことを忘れねェだろう?」
「な…っ、」
「小指の痛みでお前が俺を忘れなければ、俺もお前のいねェ間、お前を薄情者と謗らずに済むからな」
狼狽えた小十郎を見、してやったりとばかりに嫣然たる笑みを浮かべた政宗に向かって、いつもは窘める役目の筈の己が舌打ちしてしまった。
「どうしてそういう手管ばかり…」
「An?そりゃァ、教えがイイんだろうよ。なァ、〈先生〉?」
なるほど、確かに。
どこか甘さを秘めた切ない疼きは、その痛みを齎した存在を忘れさせてはくれないようだ。




お題配付元:capriccioさま

野望は進化した!

日曜日の謹言は一応お友達のサークルに委託という形ではありましたが、私にとっては初陣でした(苦笑)。
作り手としてとても楽しかったですし、また勉強にもなりました。
この世界に堕ちて(笑)から、実は「本を作るのもサークルとして参加するのも自分がこの世界から足を洗うとき」とずっと思っていたので…よもやこんな形で初陣を果たすことになろうとは(笑)。
足を洗うどころか、かえって面白くなった模様です。>足を洗うのは当分先です。
そんな訳で、次回の照準は2月の戦煌です。(野望は進化したっ!)
申込書も今取り寄せているし。
個人的には大変忙しい季節に突入していますが、頑張ります!
そして、次こそは家政も…(苦笑)。

以下、毎日どうもありがとうございます。
拍手等レスになります。


どうやら、

謹言が終わった昨日、お休みをもらって人間ドックで再検査判定を喰らった部分の検査に病院へ行ってきました。
どうやら私、ヘモグロビンが少ないらしいんですね。鉄欠乏…。
貧血の疑いがあるというので再検査をしてもらったんですが、簡易検査で値がやっぱり低いので〈疑い〉ではなくほぼ〈確定〉となりました…orz
(詳細は土曜日に出ますけど、ほぼ「確定」から「確定」になるだけ)
貧血っていいますけど、自覚ないですよ?って先生に言ってみたら、
「うん、自覚症状は出ないだろうねえ。体の方が慣れちゃうから」
鉄欠乏なら鉄欠乏なりに体が慣れてしまうようです。なんて不思議…。
「その代わり、貯蔵鉄が例えば基準値に戻ったら劇的に“変わった!”って思うと思うよ?」
その話、どこかで聞いた…。あれ、ドックの結果を聞いた時だったかなあ?


うーん、昔は鉄分多かったんですけどねえ(苦笑)。

お誕生日月間リク更新

GARDEN:お誕生日月間リクその7「Dejavu」、「Dejavu~後日談~」(小政)アップ。


お誕生日月間リク第7弾です。
今回のリクエストは転生もの。「学生小十郎(記憶なし)×先生政宗(記憶あり)」です。年齢差と最終的に前世の記憶を思い出すか否かはお任せということでしたので…お任せされた結果、こういうお話になった次第です。
年齢差と立場と記憶を逆手に「小十郎を存分に甘やかす」のが今生の政宗の密かな野望です(苦笑)。
リクエストどうもありがとうございました。

以下、リクエストいただいた方へお礼をば。

お疲れさまでした&ありがとうございました!

本日の謹言にて拙本をお買い上げくださった方々、どうもありがとうございました!!!!
お友達のスペースにお邪魔して本を置かせていただいて、当人は開始早々いそいそと狩りに出掛けていたのですが、凡そ1時間後に戻ってきたら、何が起こったのか持ち込んだコピ本が全部はけてしまっていて。
なんかあっという間になくなってしまい、その後お越しいただいた方には大変申し訳ないことをしてしまいました。特に『恋ぞ~』をお買い求めにいらっしゃった方が結構いて本当に申し訳なく…。
(更には無配本もお昼過ぎにはなくなってしまったし…。)

どの程度作ったらいいかとか、そのあたりの見積もりは本当に難しいですねえ。
今回いい勉強になりました。次回に活かせればいいなーと思います。
次回…って、次はたぶん2月ですか(笑)?>お伺いをたててみる。
その際には今日のコピ本もまた持っていこうと考えています。


今、手許には狩りの成果がまた沢山あります(苦笑)。
ウハウハです。
双竜祭の分と合わせて、暫く楽しめることと思います…。

11/14恐惶謹言発行物

謹言が終わるまでこの記事がトップです。

【11月11日最終確定版】
11月14日開催の恐惶謹言九天の新刊はコピー本2冊です。
「桔梗屋本舗」さまに委託をお願いしております。
スペNo.は
い49です。
お手数でも小銭をご用意いただけると大変助かります。
よろしくお願いします。

【発行物】

胸の中央を撃ち抜いて~365題より~ 小十郎×政宗(R18)
24P/A5コピー/200円
平成22年11月14日発行

サイトにて挑戦中の365題から6題を詰め合わせ。
ベタベタと甘いお話ばかりです。
R18ですが…直接的な絡みはありません。(それらしい匂いは漂わせていますが)
看板倒れな一冊です…orz

恋ぞつもりて 小十郎×政宗(R18)
28P/A5コピー/200円
平成22年11月14日発行

テーマは『両想いなのに決定的にすれ違っているふたり』。
ブログに掲載した政宗視点の「いとしいと泣くこころ」を再録し、
小十郎視点とその後のふたりを書き下ろしました。
こちらは絡みアリです。

大スキっ!! (小十郎vs家康)×政宗
無料配布本
平成22年11月14日発行

※無料配布本追加しました。(11/11)

あと。
机上には置いていませんが、『彼烈火』名義の合同誌「Passing each other」(成実×政宗)もお願いしています。
成政本に関してはお声掛けください。また、成政は無配本もあります。

本日のおしながき。

GARDEN:TEXT 戦国BASARA「長寿を願う」(小梵)アップ。


重陽の節句に合わせてブログに掲載したお話でした。



明日の準備が漸く終わりました(苦笑)。
今月に入ってからは、ずっとタイムトライアルだったので…考えてみればサークルチェックしてない!?
これからサークルチェックです。

明後日からはまた『オン』シフトに戻りますね。
誕生日月間リクも残り3本になったので、ラストスパートに入りますっ!>とりあえず、現在1本が書きかけです。
家政まつりリクの方は今月いっぱいなのでまだまだ受付中です。
数えてみたら、今ちょうど10本いただいていました(驚)。ありがとうございます。
 

謹言発行物最終確定です

謹言の発行物情報追加です。
これで最終確定になります。
追加情報は以下のとおり。

大スキっ!! (小十郎vs家康)×政宗
無料配布本
平成22年11月14日発行

ペラペラですが、(小十郎vs家康)×政宗です。どうしても家康が書きたかった、の。
が、家政ではなく小政です…(苦笑)。


成政も無配本が確定しました。
秋を感じて 成実×政宗
無料配布本
平成22年11月14日発行

テーマは秋です。こちらは合同です。


11.愛なんて知らない【戦国BASARA:三政】

己を見る眼は大概が〈怖れ〉か〈怯え〉か───それ以外ものをかろうじて拾い上げるとすれば、〈媚諂い〉か。
どちらにせよそういったものが大半を占めていたのだが、三成の精神を揺るがせるものにはなり得なかった。
(秀吉様へと捧げた身だ。総ては秀吉様の御為に…、)
己が想いも己が眼が見るものも。総ては主君である〈豊臣秀吉〉へと向けられている。それゆえに、周囲の瑣末な事柄に一々煩うつもりはなかった。
いっそ潔いほどに、たったひとつ〈豊臣秀吉〉以外のものを削除してしまっていたのだ。だから、三成は揺らがない。
揺らぐ必要がなかったのだ。
だが。
対峙した『それ』が己を見る眼は、〈怖れ〉でも〈怯え〉でもなかった。今まで己に向けられたもの、どれとも違う。
己の前に──否、己は秀吉様の代行者なのだから秀吉様の前が正しい──無様に屈し、地に這い蹲った『それ』に、止めを刺そうと思えば刺すことはできた。
寧ろ、冷静に考えれば刺すべきだったのだ。『それ』は秀吉様が唱える覇に仇為す者。秀吉様が進む道の邪魔となる者であれば、迷わず斬ずる。それが己に与えられた使命。
なのに。
向けた切っ先を躊躇わせたのは、『それ』が己を見る眼だった。
地に這い蹲ってもなお、屈しない。矜持を失わない。立ち向かおうと───ぼろぼろに傷ついてもなお、前に進もうとする強い光を湛えた眼。
真っ直ぐに、射抜くように、或いは射殺すように。
ありとあらゆる感情が『それ』の左眼から噴き出したかの如く。
(───?)
今まで己に向けられた、どれとも違う感情。
今まで冷徹に、決して揺らぐことのなかった筈の三成の胸中に、僅かばかり波紋が生じる。

『それ』が誰だったのか。
三成はその名を知らない───。


「三成」
背後から呼び止められて歩みを止めた三成は、ゆるりとふり返った。
「刑部か、」
徳川家康の手によって秀吉を斃されて後、指針を喪った三成は家康への憎しみだけで生きてきている。
家康は己から何もかもを奪ったのだ。絆がつくる世界、などと綺麗事を並べ立てておきながら───三成が最も大切にし、指針として、そして縁としてきた秀吉との〈絆〉をその拳で断ち切った。
赦されていい筈がない。
(赦さない───ッ)
断罪する。この手で。この刃で。
憎き家康を斃すという尽きることのない凶気によって生かされている三成は、凶気に殉じているといっても過言ではなかった。
抜き身の刃の如き鋭さは、最近益々拍車が掛かってきている。元来人を寄せ付けない男だったが、ここに至ってそれが更に強くなった。そんな三成を気安く呼び止められる者はこの大谷吉継か、今は袂を分かった徳川家康ぐらいしかいない。
「奥州の伊達が」
「伊達?誰だ、それは」
淡々と訊き返す。伊達、という響きに憶えはなかった。
秀吉を喪ってから三成の空ろを埋めるのは、家康への憎しみしかない。それ以外の物事を心に留めるつもりはなかったので、伊達と告げられても当然響くものはない。
「伊達政宗。小田原にてお前が地に堕とした奥州の〈竜〉よ」
「伊達、政宗……」
伊達政宗。
初めて聞くその名を口の中で転がしてみる。
と同時に、小田原で己に向けたあの〈眼〉───迸るような激しい感情を思い出した。
射抜くような、射殺すような。
怖れでもなく。怯えでもなく。
今まで己に向けられた、どれとも違う感情。
(『あれ』が…)
「伊達───」
もう一度あの〈眼〉を見てみたい、と三成は思った。
あの〈眼〉は、この身の空虚を埋めてくれそうな気がする。『あれ』は凍ってしまった三成の〈感情〉を揺り起そうとする。
激しく。
「───政宗」
ほう?と僅かに吉継の眼が細められた。お前が他者に興味を持つとは珍しいことだ、とでも言いたそうだ。
「その伊達、だ。徳川と同盟を結んだそうだぞ」
「………な、に?」
徳川家康。
また、あの男か───ッ!
「家康…いえやすっ……家康ッッ」
また、あの男が。
あの男が奪うというのか。
「おのれ、家康………ッ、」
三成はギリッと奥歯を噛んだ。
凶気が満ちる。
この後に及んでもこの手から何もかもを奪おうとする、あの男が憎い。
憎かった。


「おのれ………ッ、」



ありがとうございます!

コピ本づくりに悪戦苦闘しながらも、どうにかこうにか着地点を見出せそうです。
そんな慌ただしい中にあって、拍手いただいたりコメントいただいたり…本当にありがとうございます!
紙が余ったので無配本もできるかなーと思い立ち、現在挑戦中です。
できるかどうかはギリギリになりそうですが…。


以下、拍手等レスになります。

謹言の発行物について

恐惶謹言のスペースNo.と発行物情報をアップしました。
詳細は上記の記事になります。
当日は『桔梗屋本舗』さま(い49)にて拙本を置いていただいております。
当日は私もスペースで微力ながらお手伝いをさせていただく予定です。(邪魔しているだけかもしれませんが…。)
開始~1時間くらいは狩りに出掛けていますが、以降はスペースにいると思いますので、お立ち寄りの際はぜひお声掛けいただければ嬉しいです。
(全力でお相手いたす所存です/苦笑)


新刊はコピー本2冊です。
イベント後の通販については、申し訳ありませんが現在のところ考えておりません。
(本当に拙すぎる本ですので…。)
その代わりにサイトにて掲載する予定です。

ヨロリ…

小政タイムトライアル終了しました………。
これから誤字・脱字のチェックをして、印刷・製本作業になります。

そんな季節になりました

『来年のセンター試験の時に出勤する人を選出してくださーい』という依頼が入試課からあると、今年も「そろそろセンター試験の季節だなー」と思います。
いよいよ、今年もその季節だぞと(苦笑)。
受験生のみなさんは追い込みの季節ですね。体調を整えて頑張ってください。


以下、お返事が遅れて申し訳ありませんでした。
溜め込んでいた拍手等のレスになります。
たくさんの拍手、またコメントありがとうございます。

本日のおしながき。

GARDEN:TEXT 戦国BASARA「光彩」(家政)アップ。


ここのところずっと小政づくしだったので、久しぶりに家政の方を。
もともと家政用の原稿にと思って、書きかけていた話のうちの一本になります。
熟慮の結果、コピ本が家政→小政2冊(たぶん…)になったので、そのままお蔵入りになったのでした(苦笑)。

昨日の疲れが継続中

いろいろ書きたいネタがいっぱいあって、自分の中で優先順位をつけるのがひと苦労です(苦笑)。
とりあえず現在はタイムトライアルで小政と成政をやっていますが、こういう時に限って頭の中に三政が突然浮かんでいます。
家政まつりで三成絡みのリクエストをいただいていたりするので、自分の中で三成像を固めるために一本は書いておこうかなーと。
タイムトライアルの目途がつき次第、こちらは書ければ。
という訳で、家政まつり。
現在6本いただいております。イバラ道だと思っていたのにすごいな、家政の勢いって…(苦笑)。
今月末までですので、まだまだ受付中です。


また、拍手等レスについても溜め込んでしまっていて申し訳ありません。
メッセージ、本当にありがたく読ませていただいています。どうもありがとうございます。
お返事については、後日まとめてさせてくださいね。
プロフィール

安曇

  • Author:安曇
  • 今日も元気に生きてます。
カレンダー(月別)
10 ≪│2010/11│≫ 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ちびギャラリー
 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。