人生楽ありゃ苦もあるさ

日々のつれづれや大好きなものを力いっぱい叫ぶ代わりに書き綴っています。サイト更新情報や、時々BASARA二次創作(小政、家政メイン)も。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ものすごい音たち

我が敬愛するバンドLUNA SEAのセルフカバーアルバムが発売されまして、先日漸く手許に届きました!!!
LUNAと聞けばソッコーで買いに走る人なのですが、今回発売日から手許に届くまで何故に時間がかかったかというと…

…PREMIUM BOXを買うかCD+DVD版を買うか悩んでいたから(苦笑)。

昨年のライヴ時にはCD+DVD版でいいやーとか思っていたんですけど、PREMIUMも捨てがたくなり…結局発売直前に大好き密林でPREMIUM BOXを注文したのでした。
ところがそのタイムロスが結局仇となって、発売日後に「いつお届けできるかわかりません」メールが届いたため、慌ててHMVで注文し直したという経緯。(HMVはまだ在庫があったのでラッキーでした(3/26現在))

小十郎さん(=愛車)の中で聴いているんですけど、これがまたイイ。
ジャケ写もLUNAらしくてかっこいいし。(LUNAのアルバムのジャケ写はどれもかっこよくて好きだった)
インディー版は若いバンドらしく音がとんがっていて、攻撃的で、「おおっ、なんか凄いバンドがいるじゃん」と当時思ったんですけど、時を経たセルフカバー版は攻撃的なところはそのままで、且ついい塩梅に成熟して音も重みと厚みを増したというか。
さながら熟成したお酒の如く(笑)。
インディーと今回のとを比較して聴くと、20年という時間の中でどれだけ彼らが成長したかがわかります。
(なのに、同じ時間軸上に在る私はちっとも成長してないってどういうコト…orz)
たぶん暫くはずっと聴き続けていると思います。
で、ライヴに行きたくなるんだ…(苦笑)。

RYUちゃんの声。
太くなったなーと思ったのが「MOTHER」の時。
実は、私は「MOTHER」の頃のRYUちゃんの声が一番好きでした…。
今回のRYUちゃんの声は舞台を経験したこともあってか、伸びに艶がプラスされている感じ。
狂気と艶が上手いこと同居しているようです。(←こういうのを書きたいんだよなーと常々思ってる)
スポンサーサイト

家政リク更新

GARDEN:家政はじめました記念【家政まつり】リクエスト「この熱が冷めないように」アップ。


お久しぶりです。
家政まつり第10弾です。
今回のお話は「喰わせもの家康」。
前回の更新がちょうど3月の初めで、その時に「残りのリクも鋭意書いておりますので!」と言っていましたが、その1週間後にああいう事態が起ころうとは思ってもいませんでした。
ぼちぼち周囲も落ち着いてきましたので、リハビリを兼ねて創作活動を再開しています。
そんな訳で、家政まつりも再開です。
元のペースに戻すにはまだ今しばし時間がかかりそうですが、どうかお付き合いくださいませ。


こんな風に好きなことができて、普通に過ごせる。それが本当に幸せだと日々噛みしめる今日この頃です。


以下、リクエストいただいた方へお礼をば。

白い闇【戦国BASARA:家政】

流れるように走らせていた筆先が突然止まる。
諦念したような溜息が唇から転げ落ちたのは、ある程度覚悟していたことだからに過ぎない。
(Shit!きやがったか…)
政宗は左眼を頻りに瞬かせた。
隻眼の所為で狭まった視界には慣れている。しかし、狭まった視界を補うための唯一残された視覚が次第に使いものにならなくなっているのだ。
何度瞬いても霞む視界は変わりない。
左眼を使いすぎている自覚はある。
隻眼ゆえにそれは仕方がないことだった。
失った右眼の役割をも左眼ひとつで担うのだから、どうしたって使いすぎてしまう。ならば使いすぎないように、とセーブすればいいのだが、如何せん集中すると周囲が見えなくなる性質なので、気が付いたら“使いすぎていた”という具合で。
筆を置いた政宗は瞼を下ろすと、指先でゆっくりと揉んだ。ただ眼が疲れたというのならば、いい。少し眼を休ませればいいだけの話だ。
怖いのはこのまま左眼まで見えなくなっていくのではないか、ということ。
たったひとつの視覚まで失ってしまったら、政宗に残されるのは闇だけだ。そして、そのことを政宗の周囲の者達───特に自他ともに〈竜の右目〉と認める片倉小十郎は怖れていた。
ゆえに。
小十郎にだけは知られてはならない。〈右目〉は何よりもそれを怖れているのだから。
瞼を落としたまま、政宗はきゅっと口を引き結んだ。
無論、この状況が左眼の視力を奪うことに繋がると即断するのは些か急すぎる話だ。
「仕方ねェな」
左眼を酷使したための症状だ、と考えた方が今は幾分気が紛れる。無為に時間を過ごすことは性格上好まないのだが、この場合は回復のために少し休んだ方がいいのかもしれなかった。
「闇、か…」
一面が黒に──或いはこの際白でも大した違いはあるまい──塗り潰された世界に立つ己を想像してみる。
なにも、見えない。
なに、も───?
覚えずふるりと背が震えた。
戦場に立ったとて武者震いはあっても、恐怖に震えるといった覚えは一度だってなかったのに。
(Ha…捕らわれたか、恐怖ってヤツに)
独眼竜ともあろう者が情けねェ、と自嘲気味に呟くと苦く笑ってみせた。

「独眼竜、」

例えるならば。
なにも見えない世界に突然光が射し込んだかのような心地だった。
閉じた瞼をゆっくりと引き上げるが、ぼやけた視界はしかとその姿を結ぶことができなかった。けれど、それでもこのタイミングで己の前に現れてくれたことに安堵する。
いえやす、と頑是ない子供のように政宗はその名を口にした。
「お前………さては根を詰めすぎたな?」
「An?」
瞬き返す──のはその姿をよく捉えようとしてでもあるのだが──政宗を見つめ、やれやれと肩を竦めた家康は、ずんずんと大股で政宗の傍までやってくると、ストンと腰を下ろした。
ぬっと腕が伸びる気配がするや、その手が政宗の後頭部に回り、引き寄せられる。その流れるような行為に政宗は一瞬居を衝かれたため、抗議の声を発するのが一拍遅れてしまった。そこへ畳み掛けるように、だ。
「眼、」
見えにくくなっているのだろう?
「竜の性格はワシもよく知っているからな。気取らせぬつもりだったかもしれんが、そうはいかんよ」
「───ッッッ」
「図星か」
ふふ、と笑う気配がする。
頭を撫でているのは機嫌をとるためだろうか。そういう動作も子供扱いされているみたいで心底面白くない。そもそも政宗の方が家康よりも年上なのだ。
尤も、今更そんなところに拘っても詮無いのだが。
「独眼竜?」
「………Shit!」
忌々しげに舌を打ち、もういいと低く唸ってみせる。
どうせここで喚いてみたとて、家康のことだ。にこりと笑うばかりでちっとも堪えはしないだろう。だったら、やるだけ無駄なことだ。
とはいえ腹の裡がどうにも収まりそうにないので、せめてもの反抗にどんと背中を叩いてやった。
「おいおい、痛いぞ」
「Shut up!」
痛い、と言っているくせに笑っている。その余裕が憎たらしい。
「…なあ、機嫌を直してくれんか」
「………」
不思議だった。
家康がこの場に現れるまで、確かに捕らわれた筈の恐怖。それが今では微塵もないのだ。
いっそ清々しいほどに。
やはりこの男には闇を払拭する陽の力が宿っているのかもしれない。不安も恐怖も───諸共に消し去る陽光の如き力が。
顔を上げる。
間近に家康の顔を捉えた。今度はぼやけることなく、ちゃんと輪郭を結んでいる。
「……そういう力を備えてるってコトか」
「うん?」
「Ha!俺にはお前が必要だってことさ」
それは、家康にとって思ってもみない告白だったのだろう。
驚いて大きく見開いた瞳を白黒させている家康を見上げ、政宗は左眼を撓めて綺麗な笑みを浮かべた。


やっぱカッコイイぜ



LUNA SEA…10年ぶりに新曲配信するんですね。
待ってましたっ!というカンジ。
しかも収益金全額寄付って、やることがカッコイイじゃない。
もちろん、金額の大小で支援が素晴らしいかどうか決まるものではないと思っているけど、
被災地の支援にもなって、景気、ファン、バンド、みんなが嬉しくなる。
それってとても理想的で、いい支援策だと思うのです。


何年経っても…やっぱりLUNA SEAはカッコイイや。

291.必ず【戦国BASARA:小政】

目の前には戦禍に飲まれ、荒廃した大地しかなかった。
「Jesus…」
奥州は未だ統一されていない。
細々と分かれた国が領土拡大を目論んで戦を続けている。伊達もそのひとつだ。
休戦をしてはまた戦を繰り返す。中途半端に戦を繰り返すばかりでどこの一族も決定打を出せないのは奥州の均衡を崩したくないという思惑も確かにあるのかもしれないが、突き詰めれば血縁同士で争っているためだ。所謂〈身喰い〉である。それゆえに刃が鈍るのだ。
伊達も同様である。
遡ること政宗の曽祖父、祖父の代までは己が子供達を続々と他家へ嫁や養子に送り出していた。周囲の豪族と婚姻を結ぶことで伊達の血を送り込み、勢力を拡げていくという典型である。そのため伊達の周りを見渡せば、必ずや伊達の血が喰い込んでいた。
父にすれば兄弟姉妹、政宗にすれば伯父伯母、或いは叔父叔母である。情に流される訳にはいかぬと頭では理解していても、血の繋がった者達と戦をするのは複雑なものがあることは事実。
それが負の要因になって、奥州では漫然と戦が繰り返されているのだ。
戦が頻繁に起これば土地は荒廃していく。その土地を耕す民草もまた同じ。漫然とした戦を引き起こせば引き起こすほど───それは広がってゆく。
非情と謗られようと身喰いと忌避されようと、どこかで断ち切らねば永劫に続くであろう負の連鎖。
唯一視覚が通ずる左の眼に広がる光景を焼き付けながら、政宗は一文字に口を引き結び、両手をぎゅっと握りしめて拳を作った。
「政宗様、」
耳に馴染んだ低い声に呼応して、ゆっくりと自身の死角となる右側へ首を巡らす。
〈竜の右目〉と自負しているこの男のことだ。政宗の心中などとうに察しているに違いない。だから政宗も初めから取り繕うことはしなかった。
逆に言えば、それだけ心を許している証拠でもあるのだが。
小さく息を吐いてから、神妙な面持ちで控える己が右目───片倉小十郎に向かって声をかける。
「なァ、小十郎…」
「はい、」
「俺たちが此処に在るのは、地を耕す民があってこそだ……」
小十郎は黙って耳を傾けている。
「………なのに俺たちは中途半端に休戦しては戦を繰り返し、俺たちを生かしてくれる民草から全てを奪い、田畑を踏み躙ってばかりだ」
「政宗様…」
侍が嫌われる筈だよなァと自嘲気味に笑うその脳裏には、最北端の農村で戦人ではないのに民を守ろうとする少女の幼い面差しが浮かんでいる。
『民草を守るため』と口にしながら自分たちの都合で戦を引き起こす戦人に比すれば、よほど彼女の方が『民草を守る』という気概に溢れていた。
そこまで一旦告げて、政宗は口を閉じた。左眼の瞼を下ろし、再びゆっくりと見開いて、強い声音で「小十郎、」と彼の名を呼ぶ。
「温い真似はやめだ。俺は奥州を喰らうぜ?」
「政宗様!?今なんと…、」
「俺は奥州を喰らう。最上、南部、葦名、相馬…奴らを全部平らげて、先ずは奥州を統一する。その後は天下、だ」
奥州を喰らう。
それはたとえ血縁であっても容赦なく刃を向ける、ということだ。戦を起こしながらも奥州の者たちが長く躊躇っていた『情』を断ち切る、と。
そんな政宗の決意にさしもの小十郎も驚いたのだろう。
珍しく驚きに表情を崩した小十郎を見、こんな時ではあったが『してやったり』という思いが湧き起こる。
「Hey,どうした?そんなに驚くことか?」
問われて我に返った小十郎は慌てて──とてもそんな風には見えないだろうが──常の表情に戻した。そんな彼に思わず苦笑を洩らす。
「何も奪われない。誰もが笑って暮らせる平和な世を創る。そのためにはこの手で天下を獲るしかねェ。奥州統一はその第一歩だ」
「政宗様…」
「大それたことを言っているとお前は思うか、小十郎?」
いいえ、と小十郎は首を振る。
「それが政宗様の決意というならばこの小十郎、政宗様のお心に従うのみ。たとえ万人が異を唱えたとしても、この小十郎は最後まで政宗様に従いましょう」
「Ha!いい心意気だ。さすがは俺の〈右目〉」
ふ、と口許を緩める。
「小十郎、忙しくなるぜ?」
「元より承知。政宗様の背は小十郎がお護りいたしますゆえ、どうぞご存分にお駆けください」
「Good.どこまでもついてこいよ?」
「───はっ」
いつか、必ず。
目の前の光景を変えてみせよう。



奥州の〈竜〉が───目覚める。

がんばれ、日本!

お気遣いのコメントなどなどいろいろありがとうございます。
先日の地震の傷痕はこちらでも思った以上に大きいものでしたが、元気に頑張っています。
(東北地方で被災された方のことを思ったら、この程度で泣き言なんか言えない)
個人が力になれることなんて微々たるものだけれど、
ほんの少しでもいいから、
できることをしたいと思います。

日本は強い国です。
今までいろいろ大変なことが起こったけれど、
そのたびに立ち直ってきました。
大丈夫、
きっと再建できます。
我々は強い。
希望を失わず、頑張りましょう。

がんばれ、日本!
がんばろう、日本!

心に残るつぶやき
海外からの応援メッセージ

世界中の人が応援してくれてる、と思ったらすごく泣けた。
日本人、すてたもんじゃないよ。

とりあえず、現況

昨日起こった東北地方・太平洋沖地震。
私の住んでいる地域は震度6強でしたが、なんとか無事です。
家の中は散乱状態なので、今日一日かけて掃除をしていました。石塀も崩れてまして…本当に大きな地震だった、と改めて実感。
停電は午前中には復旧。
電気の有り難さも実感です。
生まれて初めてあんなデカい地震を経験しました…。(せいぜい震度4くらいまでで震度6強は未知との遭遇)
帰宅するのもひと苦労でした。
今も頻繁に余震があります。
気持ち悪い揺れ。


ずっとずっと被害の大きい東北地方の皆様、大丈夫でしょうか…。
大好きな宮城が大変なことになっていて、漸く見られるようになったテレビで流れるニュースを目にするにつけ、心を痛めています。
被災された方へ心からお見舞い申し上げます。

花粉

さすがに体内花粉センサーが過剰反応ぎみで外に出るのがしんどくなってきた…(苦笑)。
なので、今日はおとなしく室内にいます。
イヤ、本当にツライ。
薬を飲んでいてもツライ(苦笑)。
集中力さえ奪われていくよ…orz

あくまでも目標ですが。

5月~6月の目標。

小政本2冊。
1冊はオフで出したいなーという野望。
でも、書きたいネタは3本あるんだ…。

家政本1冊。
こっちはとりあえずコピーかな。


という訳で、オフ本に挑戦すべくいろいろ勉強中です。

3号まで途中経過

甲冑をつくろう!プロジェクト、ということでカテゴリ独立してみました(笑)。
一応、「頑張って作っているよ!」の報告は随時こちらで。←今のところ、少なくとも頑張ってる(苦笑)。


そんな訳で。
現在第6号まで発売されていますが、組立ては第3号付近。
ちょうど↓こんなカンジ。

甲冑をつくろう!その3

第1号→目の下頬と草摺(一の板)
第2号→兜鉢と草摺(二~三の板)
第3号→兜鉢の腰巻と草摺(四~六の板)

草摺は一の板から六の板まで威糸で繋ぎ合わせてちょうど一枚完成という形…なのですが、威糸を一の板の穴に通した時点で中断中(苦笑)。
何故なら。
安曇さんは一本の長い威糸を三等分して縒っていくという作業工程が大層苦手なのであった(苦笑)。
そういう訳で、威糸は後回しなのです。
毎号威糸は付いてくるので(避けて通れない…)、いい加減どうにかしなきゃなりません。
というかどんどん難しい工程になっていく…よ、これ(汗)。

ちなみに。
威糸(青糸)を通したものが一の板なんですが、これが素敵に裏表間違っています。
パーツに表と裏があることにまったく気づかず、裏貼革をパーツの表面へつけてました…。2号で同じ作業をしている時に気がついた!
なので、一の板だけ裏面が表面にきているという…orz

KEEP ON FIGHTING!!!

Jリーグが開幕しました。
今日は近所のスタジアムで栃木SCの開幕戦です。
この時期、天敵である花粉のお蔭で観に行けないんですが、その代わりに公式サイトの速報を見ながら応援中。
トレーニングマッチでもJ1チーム相手にいい試合をしていたし、先週のレッズ戦に至っては惜敗したけど、レッズ相手に全く引けをとらない試合運び。
今年はなにやらやってくれそうな予感です。
KEEP ON FIGHTING!!!


以下、毎日拍手をありがとうございます。
遅ればせながら、いただいた拍手等コメに関してまとめてお返事です。お心当たりの方はどうぞ。

家政リク更新

GARDEN:家政はじめました記念【家政まつり】リクエスト「小手鞠」アップ。


家政まつり第9弾です。
いただいているリクエストのちょうど半分を消化した恰好になりますね。控えているリクはあと9本。
お待たせしている方には申し訳なく…。残りのリクエストについても鋭意書いておりますので!
ということで、9本目の今回は女政宗+孫市、鶴姫です。
この3人、仲良さそうですよね。で、ツルんだら最後、家康は全く相手にしてもらえなさそう(苦笑)。
孫市と鶴姫のコンボは、小十郎とは別の意味で最強の防御壁になりそうです。
頑張れ、家康…。
リクエスト、どうもありがとうございました!
以下、リクエストいただいた方へお礼をば。
溜めています拍手等のレスはまた改めてさせてください。

花粉センサー反応中

すっかり春らしくなりました!
日課のウォーキングをしていても道端にたんぽぽが咲いているのを発見したりして、季節は春に向かっているんだなーと目でも感じられるんですが…。
この時期、たいへん悩ましいのが花粉
暖かくなったので、案の定体内花粉センサーが反応するようになりました(汗)。
今年は例年の5倍~10倍とかいう前触れなので、怖れ慄いて早いうちに耳鼻科へ行って薬を処方してもらっているので症状は軽いんですが…。
薬のお蔭で症状が抑えられているなら、昨年までの私状態だったら今年はどんなことになっていたのやら(苦笑)。
何はともあれ、GW近くまではツライ季節です。

今らしい問題と言えばそうかもしれないけれど

京大をはじめとする例の入試問題ネット流失で大騒ぎですけど。
一応関係者としては笑い事じゃないよなあ…という感想。(たぶん、学内は上よ下よの大騒ぎだろうなあ。大変だよなあ)
あそこまでやられてしまうと、もうどうしようもないですよね。
携帯電話を持ち込み禁止にするにしても、センター試験はともかく個別(=二次試験)は全国区で受験生が集まるので、特に遠方から来る学生さんにとっては必要不可欠な連絡手段でしょうし。電車が止まったとか、雪で試験開始時間が遅れるとかそういう不意のアクシデントに対する問合せとかもありますし。
携帯含めて荷物丸ごと別室に預けるという方法を取っている大学もあるそうですが、これまたそちらにも人を割かなきゃいけないので大変。
それこそ、試験室に電波を張るしかないんですかね。大きなホールなどではそういう装置を設置しているみたいですが。
疑いだしたらキリがないですけど(それこそ試験なんかやってられないと思う)…入試も性善説ではやってられないようなご時世なんでしょうか。
せっかくこの日のために頑張ってきて、試験に臨んだ大半の受験生達が可哀想。



以下、いつもどうもありがとうございます。
遅くなりましたが、拍手等レスになります。お心あたりの方はどうぞ。
プロフィール

安曇

  • Author:安曇
  • 今日も元気に生きてます。
カレンダー(月別)
02 ≪│2011/03│≫ 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ちびギャラリー
 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。