人生楽ありゃ苦もあるさ

日々のつれづれや大好きなものを力いっぱい叫ぶ代わりに書き綴っています。サイト更新情報や、時々BASARA二次創作(小政、家政メイン)も。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

260.燈【戦国BASARA:小政】

梵天丸様、という声に小さな頭が揺れる。
振り向いてみれば、小十郎が新雪に足を取られながら此方へ駆け寄ってくるのが見えた。
「小十郎!」
此処から見る雪はとてもきれいだ。
己の傍に漸く参じた小十郎に向かって、眩しそうに梵天丸は左眼を細める。
「斯様な場所におられるとは…ああ、すっかり冷えてしまって。風邪を召されたらなんとするのです」
白い息を吐きながら小言をくれる小十郎は梵天丸の髪に積もった雪を払った後、梵天丸の両手を取って、己の大きな手で包み込んだ。
「小十郎は梵天がどこにいてもすぐに見つけるな」
「この小十郎、梵天丸様の〈右目〉を仰せつかっておりますれば」
そうだな、と言って笑う。
「右目を謀ることはできんな」
「然様にございますれば、小十郎の目を盗んで屋敷を抜け出すなど努々思われませぬよう」
畳み掛けるように小言を決められて、梵天丸は参ったと肩を竦めた。これは藪蛇だったか。
小十郎の大きな手が温みを与えようと冷たくなった梵天丸の手を撫で擦る。
それでもなかなか温かくならないため、小さな手に何度も白い息を吹きかけた。それがとても擽ったい。
「さあ、もうよろしいでしょう?本当に風邪を召されてしまいます」
うん、と元気よく頷いた梵天丸は、伸ばされた小十郎の右手に己の指を絡めた。そうしてぎゅっと握る。
小十郎の手はいつも温かい。
かつて命を賭して梵天丸の死んだ右目を抉り取ったこの手は、何よりも梵天丸を安心させる手となった。
「どうしました?」
さくさくと新雪を踏みしめながら、怪訝そうに見下ろす小十郎の優しい漆黒の瞳を見、梵天丸はほうと息を吐いた。
「小十郎の手は温かいな、」
梵天丸の言葉に一瞬瞠目した小十郎は、すぐに表情を和ませると。
「…それは小十郎がいつも梵天丸様のことを思うているからです」
「梵天のことを?」
ぱちぱちと左眼を忙しく瞬かせる梵天丸に向かって、小十郎はにこりと笑って頷いた。
「小十郎はいつなんどきも梵天丸様のことを思うておりますゆえ」
「そうか。梵天のことを思うてくれているからか」
「小十郎だけではありませぬ。我が異父姉も時宗丸様も虎哉和尚も、そして殿もみな…みな梵天丸様のことを思うております」
「うん、そうだな。父上も喜多も時宗も―――みな、温かい手をしている。梵天を思うてくれているからなのだな」
己を取り巻く者たちがみな優しい感情で以て己を想ってくれている。聡明な梵天丸は小十郎の言葉をきちんと理解していた。そして、それは間違いなく本当のことだ。
ならば、と梵天丸は考える。
「では…」
「梵天丸様?」
「母上の手は…今も温かいのだろうか。母上が梵天の手を握ってくれたのは遠い昔ゆえ…実のところもうよく覚えておらん」
今もそのたおやかな手はこの手を温かく包んでくれるのだろうか。
その手は今も温かいのだろうか。
「梵天丸様…、」
「そんな顔をするな、小十郎。梵天はわかっている。きっと―――」

―――母上のお手も温かい。

そう告げて、梵天丸は繋いだ小十郎の手を殊更強く握ったのだった。



政宗様、と背後からする声に反射的に首を竦めた。
諌められた訳でもないのだが、つい反射的にそういう仕種をしてしまうのは―――幼少時からの習性みたいなものかもしれない。早い話が条件反射、みたいなものだ。
「よう、小十郎」
ゆるりと振り向いて笑いかければ、小十郎は渋い表情を貼りつけて此方へ近付いてきた。大概そういう表情をしている時に続くのは『小言』だ。
「よう、ではありませぬ!」
(ほォら、当たった)
そんな政宗の心中など知らず、懐手で待つ政宗の前に立った小十郎は盛大に顔を顰めてみせる。次にその口から零れるのは、おそらく『斯様な場所で…』だろう。
「斯様な場所で―――、」
「Ha!やっぱり当たりやがった」
「政宗様…一体何が当たったのです?」
「An?お前の行動だよ」
クスクスと笑ってみせれば、小十郎の眉間にますます皺が寄った。政宗がまだ『梵天丸』と呼ばれていた――そして、小十郎はそんな己の傅役だった――時分から厭きることなく繰り返されてきたことだ。どうしたって予測できてしまう。
裏を返せば、それは小十郎にも言えることなのだが。
「本当にお前は俺を見つけるのが上手いなァ。隠れ鬼をやったら、完全に俺が負けるだろうよ」
「この小十郎、畏れながら〈竜の右目〉の名を頂戴しておりますれば」
「ハハ、右目を謀ることはできねェって?」
「それを一番ご存じなのは政宗様にございましょう?ついでに申し上げれば、小十郎は隠れ鬼も得意ですぞ」
暗に『何処に隠れても必ず見つけ出す』という意図を潜ませて。
確かに、政宗の〈右目〉は何処に在ろうと必ずや政宗を見つけ出した。
「Ha!ちがいねェ。お前に隠し事をできた試しもねェしな。見つかっちまったらしょうがねェ。戻るとするか」
ふふ、と口許を綻ばせた政宗は、おもむろに己の手を小十郎の面前に差し出した。当然、小十郎は怪訝そうな表情を浮かべる。
「政宗さま?」
「手ェ繋いで帰ろうぜ、小十郎。ガキの頃、よくそうしただろ?」
ほら、手ェ出せ。
催促するが、小十郎はなかなか言うことをきかない。挙句に「政宗様はもはや和子さまではないでしょう?」と窘められる始末だ。
「なあ、小十郎。すげェ手が冷てェんだよ、ほら」
「斯様なところにいるからです」
ぴしゃりと小十郎に言われたが、手が冷たいというのは意外に響いたらしく、今度は躊躇うことなく政宗の手を取った。自身の手で政宗の手が冷たいことを確かめた小十郎は一層眉間の皺を深く刻ませたのだが、すぐに息を吹きかけて政宗の手を温めようとする。
あの頃と少しも変わらない。
そう思えば、やはりどこか擽ったい感情が胸の裡を満たす。
あの頃に比べればずっと武骨になった小十郎の大きな手が政宗の手を包んだ。その変わらない温もりに、うっとりと息をつく。
「政宗様?」
「……やっぱりお前の手はあったけェなァ」
「貴方様のことを想うておりますれば」
「うん、そうだな」
手を繋ぐ。
何よりも―――誰よりも己を安心させてくれる、温もり。
「なあ、小十郎」
繋いだ手に眼をやって、それからゆっくりと小十郎を見た。
「温かい手は他にも知っているが…やっぱりお前の手が一番あったかいな」
「政宗様…」

誰のものよりも小十郎の手の温もりが政宗は好きなのだ。


スポンサーサイト

そんな訳で

3日の発行物についてアップしました。
当日の新刊は小政のみになります。(家政は間に合わなかっ、た…(泣))
嬉し恥ずかし、な初オフ本です(苦笑)。
戦煌発行の小政と家政も少部数ですが持参します。
あとは小政新刊お買い上げの方に小政ペーパーをお付けします。
(枚数に限りがあるので、なくなったらごめんなさい)


予定ではもう少し余裕があったんですけど、ね。


最後の砦的な

震災後、長いことお休みしていたご近所の大手本屋さんが、改装を終えて再びオープンした模様。
仕事帰りに寄り道できなくて、ずっと淋しかったのデシタ。>本屋LOVER
更に。
かつて…ここには甲冑本が置いてあったんだ。
ユーザーが少ないのか、はたまた定期購読しているからか…近頃なかなか店頭で見かけないので、私にとってはここが最後の砦なのです。
とりあえず、今日の帰りに覗いてこよう。

本日のおしながき

GARDEN:TEXT 365題ログ(小政、家政)格納。


今回格納した365題は以下の4本。
今年1月から2月の中旬あたりに書いたものになります。


「248.甘い空気」、「28.それで満足しましたか?」⇒小政
「118.ごめんねの甘い声」、「158.安眠の秘訣」⇒家政



早いもので今週末からGWに突入です。
オフ小政本はなんとかなったので…あと1週間で家政の方を足掻いてみようかと思います(苦笑)。
それから。
拍手コメありがとうございました!
(レス不要とのことでしたのでお言葉に甘えさせていただきますね。)


入稿

相変わらずタイムトライアルな日々でしたが、滑り込みで入稿を済ませました(苦笑)。
初オフ本でナニこのギリギリ感。



…何事もなければ、3日は新刊が出ると思います。
小政です。
あとは余震などなどで上官が不通にならないことを祈るのみです…。
発行物等のお知らせはまた後日。

追い込み…

いよいよ自分を追い込むために、スパコミのスペNo.など(苦笑)。



5月3日 「SUPER COMIC CITY 20」
東5ホール お15a THE GARDEN OF SINNERS



です。
漸く気分が上向き調子になってきたので(私事では相変わらず地震の余波でバタついていますけど)、せめてぺらい小政くらい出せたらなーと思っています。
(今、原稿と格闘中…。)
2月の後は5月だからもうちょっと余裕が持てると思ったのに、結局タイムトライアル的な現状…(汗)。


以下、遅れ馳せながら拍手等レスになります。
どうもありがとうございます。

142.乱吹【戦国BASARA:家政+小十郎】

闇に紛れて静かに抜け出そうとしていた。油断なく周囲に注意を払うが、幸いなことに人の気配はない。
ふっと息をついて後ろ手で障子戸を閉め、暗い廊下へひたり、と足を一歩踏み出そうとした。
「政宗様」
「Oh………」
竜にとっての最大の関門。
出し抜くことは叶わなかったか、と政宗は思わず天を仰いだ。それからゆっくりとした動作で自身の死角となる右側に首を巡らせた。
いつから其処にいたのだろう。
「小十郎…本当にお前は気配を消すのが上手いな」
「…恐れ入ります。この小十郎、〈竜の右目〉でありますゆえ」
もちろん厭味で言ったのであって、褒めてはいない。それは小十郎も端から理解しているだろう。
肩を竦めて嘆息した政宗は、居住まいを正して座している小十郎に向き直った。闇が濃いためその表情までは窺い知れないが、おそらく眉間に皺を寄せ、大層渋い顔をしているのだろう。己の半身とも言える男だ。それくらい目にせずとも容易に想像できる。
「奥州筆頭ともあろうお方が闇に紛れてどちらへ?」
「散歩…って言っても、その分じゃ信じねェだろうなァ」
のんびりとした口調で告げると、反応するかのように空気が揺れた。「当然だろう」と言っているようだ。やはり己が〈右目〉を欺くのは難しい。
小十郎のことだ。間違いなく己が闇に紛れて何処へ出向こうとしているのか、誰の許にそして何を目的に行こうとしているのか、とうに察しているに違いない。察していて、あえて問うあたり人が悪いと思った。或いは、遠回しに咎めているのかもしれない。
「政宗様。この小十郎、貴方様のご気性は誰よりもよく存じておるつもりです」
「Ha!やっぱり俺の行動はお見通しってことか」
「───………」
「No problem.心配すんな、ただの火遊びだ」
「火遊びとはまた…。貴方様は然様に思われていても……あちらもまた同じとは限りませぬ」
「俺さえ堕ちなきゃいいことだ───そうだろう?生憎竜が本気になるには、ケツの青いガキじゃまだまだ足りねェんだよ。竜を満足させるなんざ十年早ェ」
「政宗様…」
「大丈夫だ。そう深刻に考えるなよ、小十郎。眉間の皺が消えなくなるぜ?」
ふふと笑ってそんな軽口を叩いてみせる。それでも小十郎は渋面を崩しはしないだろうが。
「幼き日よりひたすら愛しんできた宝が…それがたとえ貴方の意思であろうと、他者に肌を許すような行為を小十郎が快く思うとでも?」
「小十郎…、」
「よろしいか、政宗様。相手が子供だと思って侮っていては、いつか足許を掬われますぞ?」
「…I see.」
わかっている。
子供のまっすぐさほど怖いものはない。
小十郎に指摘されずともそれは肌を重ねる行為の合間に見え隠れしていて、時々政宗でさえ翻弄されそうになるのだ。
迸る情熱に、衒いもなく告げる純真さに絆されそうになったことも、実を言えば一度や二度ではない。そのたびに「堕ちるものか」と強がるのだけれど。
危うい均衡であることは重々承知している。
「見誤るつもりはねェ。アイツとは…家康とはただの“遊び”だ。そう断言できる」
本気にはならない。
「政宗様っ」
「………だったら、小十郎。お前が俺を抱くか?」
「───っっ、」
闇の中で小十郎が息を呑んだのがわかった。
二人の間に横たわる重い沈黙に気まずくなる。
「…Sorry,言い過ぎた」
気まずさに居た堪れなくなった政宗は、ふいと横を向いてぼそりと言った。
「政宗様、」
逃げるように背を向けた政宗に小十郎が声をかける。
「火遊びならば政宗様のご器量でいくらでも御せましょう。なれど───」


───くれぐれも火傷をなさいませぬよう。


そんな〈右目〉の忠告が現実となってずしりと重みを持つことなど、この時の政宗は知る由もなかった。


いけそうな、いけなさそうな

原稿(小政)がもうすぐ終わりそうな気配…。
5月のオフ、もしかして間に合うかも???←という希望的観測。


…揺れすぎデス

昨日の17時。
宇都宮は雷雨真っ只中でした。
「こんな時に地震がきたら大変だよねー」とか言った途端…


…デカイのがきた!!!>震度5弱。


言わなきゃヨカッタ…orz

東日本大震災からちょうど1ヶ月。
だからって、昨日はちょっと揺れすぎ。

目下の大問題

伊達甲冑本は現在11号です。明日は火曜日なので、12号が発売されます。
で、安曇さんの制作状況はというと…


…現在第5号付近をウロウロしていま、す(苦笑)。>相変わらず威糸を縒る作業を避けつつ…。


威糸の作業は毎号避けて通れないんですが、基本後回しにしているため草摺パーツが全く進みませんで。その代わり頭部がガンガン進んでいる始末(苦笑)。
いい加減、威糸と向き合わなきゃならんなーとは思うのです。
苦手なものを後回しにしていると、いずれ苦手なものばかり集中的にやる羽目になるので、是非ともそれは避けたい。
というか、そもそも甲冑制作に威糸は避けられんだろうと(苦笑)。
そう思いつつ、毎回威糸を手に取り…「うん、次回。次回、ね」とそっと戻しています(苦笑)。←まだ向き合えない模様。

それよりなにより。
問題は、最近甲冑本が本屋に置いていないという現実…orz←威糸以前の問題。

本日のおしながき

GARDEN:TEXT UNDER戦国BASARA「硝子の裏の恋 #04」(小十郎×女政宗)アップ。


思い出したように現パロ『にょた宗』連載の更新となりました。
次回はたぶんクラスメイト達が登場します。
教師小十郎の心配の種がまたひとつ増えていく…(苦笑)。






明日

明日は謹言に行く予定でしたが、新幹線がいまだ1時間に2本運行状態のため時間調整が難しく、行くのを断念することにしました。余震もいまだ侮れないことが身に染みてわかったし。>7日の余震。
6月までほぼ毎月イベントがあって、毎月東京へ行くんだぜーとか豪語してたあのころが本当に懐かしい…(苦笑)。

5月のスパコミにはサークル参加の予定なので、そのころまでには落ち着いてくれていることを願います。
というか、スパコミが開催できればいいな。
それまでに一旦落ち込んだ気分を上昇させてきます!

いい加減に、

忘れた頃にやってくる余震というヤツは、なかなかに怖いものです。
震災の直後はそれこそ頻繁に余震があって、緊急地震速報のアラームが鳴るたびに飛び起きたりしたんですが(あれは本当に心臓に悪い…)、最近はそういう感覚も薄らいでいて。
(きっと東北の方たちは、今もずっと緊張しっぱなしなんでしょうが…)
そんな中、昨夜の余震は久々の怖さを味わいました。
なにしろ本震の時とは違って、夜。すぐさま行動を起こせる昼間とは違い、寝入りばなの時間帯。
地元は震度4だったんですが、長い時間揺れてました。
本震で傷んだ家なので、さすがに屋内でどっしりと構えてはいられません。


今回の余震はM7.4でしたが、余震で既に阪神・淡路の時よりも大きいんですよね。
本当にいつまで続くのかって思います。
せっかく復興に向けて少しずつ動きだしているのに、また押し留めるのかって。
いつになったら落ち着けるんだろうな。



そんな年度初め

まあ、年度初めの4月なんて毎年そんなモンなんですけど…とんでもなく忙しいワケで。
仕事も次から次へと流れてきて、順番にそれを処理していると、当然帰りも遅くなるワケで。
お蔭でいろいろ滞っています(苦笑)。
大好き密林からお荷物が届くんですが、封を切るどころか箱から出すことも叶わず、届いた状態のまま机の上に積み重なっていきます(苦笑)。

エエ、

天狗もいまだ見ることができない状態ですともorz

こんなハズじゃなかったのに

スパコミにはオフ本出すぞー!と意気込んでおりますが、進度的にどうだろうな現状です(苦笑)。
予定では一冊は原稿が終わっている筈なんですけど、現実はラストのところで止まっていて。
加えて、私的に忙しくなったものだからタイヘン!
どんどん予定が狂っています…orz


…スパコミはいいとこまたコピ本かなあ。←軽く弱音(苦笑)。

本日のおしながき

GARDEN:TEXT 戦国BASARA「Sweet liar」(小政)アップ。


エイプリルフールには間に合いませんでしたが、一応4月1日仕様のお話になります。
2年前のエイプリルフールにアップした「嘘も痛みも」にリンクしています。時間軸的には1年後のお話。
まあ、この二人は年がら年中お互いの想いを確かめ合っているんでしょうが、いざ口にしようとすると躊躇う部分もあるのではないでしょうか。
なので、1年に1度は立場とかそういうものを忘れて素直に…という、そんなお話です。

もう4月なんですってよ

今日から4月。新年度です。
先月はいろいろな意味で怒濤のようだったので、今日から新年度っていう感じがあまりないんですね。
昨日になって、「うわっ、明日から4月っ?!」と驚くような有様(苦笑)。
幸い今年は異動がなかったので、それに付随する煩わしさはないんですけど。


今日はエイプリルフールでもあるのでそれ仕様の話でも書こうと思ったんですが…そんな訳で、今日はちょっと書ける時間がなさそうです。
昨年(うつたか)も一昨年(小政)も書いたのにね。
落ち着いたらまとめてアップみたいな感じになりそうかな。
プロフィール

安曇

  • Author:安曇
  • 今日も元気に生きてます。
カレンダー(月別)
03 ≪│2011/04│≫ 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ちびギャラリー
 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。