人生楽ありゃ苦もあるさ

日々のつれづれや大好きなものを力いっぱい叫ぶ代わりに書き綴っています。サイト更新情報や、時々BASARA二次創作(小政、家政メイン)も。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

180.君がくれたから【戦国BASARA:三政】

「い~え~や~す~ッッ」
三成は荒れていた。
いつかこの手で懺滅してやる、と誰憚ることなく大声で罵りながら、半ば八つ当たり気味に刀を振り回し、手入れの行き届いた見事な庭をめちゃめちゃにしていた。
乱心、と疑われてもおかしくない行為である。なにしろ血走った眼で刀を振り回しながら罵倒しているのだ。これを乱心と思わない方が逆に不思議だ。
だが、三成にとっては日常茶飯のことで、別に乱心はしていない。確かに怒りに我を見失いかけているが、これもまたいつものこと。過ぎれば憑物が落ちたかのように冷静さが戻ってくる。
早い話が感情の振り幅が常人に比べて大きいのだ。
周囲の者は皆心得ているので、「ああ、またか」と思うくらいで。よほどの事態でない限りは三成の感情が過ぎるのを待つ。慣れたものだった。
三成が乱心紙一重の、こんな状態になる―――その大概の原因は「徳川家康」にあった。
家康という男は三成とは真逆の位置にいるような男で、根本的に相容れない。
向こうは三成を友と思っているらしいが、三成はあの男を一度たりとも友などと思ったことはなかった。生憎そんな許容力のある心を持ち合わせてはいない。
けれど。
見てくれお日様男に騙されて実は腹黒策士の家康とはとことん相容れない三成だったが、何故か『好み』だけは一致することが多かった。己と同様の感覚と言おうか―――言葉を借りるならセンスというヤツかもしれないが、とにかくそれだけは認めてやってもいいと思う。
尤も、『好み』が一致するということは―――それはそれで困ったことだった。つまりは己が好んだものは、相手も同じように好むということだからだ。
書画や茶器あたりならば、まだいい。たとえ好みがかち合っても、「フン、お前もか」と鼻を鳴らして受け流すだけの冷静さがある。
だが、懸想する相手までもかち合うとなれば、どうしたって心穏やかにいられなかった。『好み』が一致する、ということは究極そこまで完全に一致してしまうのだ。
何の因果で同じ相手に揃って懸想してしまったのか。今となってはどちらが先に相手に惚れたのかなど――「私が先だ」「ワシが先だ」と角突き合わしても勝敗がつかないのだから不毛なだけだ――わからない。
いっそ相手がどちらかに心を傾けてくれれば――家康に傾かれるのもやはり腸が煮えくり返るのだが――いいのに、目下どちらの想いも相手には届いていないらしい。お蔭で互いに牽制し合い、隙あらば先んじての日々が続いているという訳だ。
「家康め…っ、」
家康という男は、生来人の心を掴むことが上手かった。とにかく生き方が器用なのだ。おまけに人懐こくて押しが強いから、大概の者は絆されてしまう。
それに比べて三成はお世辞にも器用な生き方をしているとはいえないし、気難しいし、冷徹な外見から誤解されることも多い。口を開けば物騒な言葉ばかり零れるから―――それもまた誤解に拍車を掛ける。
思えば、三成が懸想した相手ともそんな出逢いで、相手に対する己の印象は最悪だったようだ。今となっては、あの負けず嫌いの性格に救われたのかもしれないが。
「家康!」
そこに家康の幻影を見て、三成は刀を薙いだ。薙いだ力を利用してそのまま刀の切っ先を返す。心底憎々しげに一点を見据えるのは、やはり家康の幻影を映しているからだろう。
憎き家康に見立てたらしい見事な庭木がまたひとつ犠牲になって、三成の前に無残な姿を晒す。
その時だった。
翻った切っ先に驚いて「うおっ?!」という声が上がった。それから追いかけるように呆れたと言わんばかりの溜息を吐かれる。
「相変わらず…テメエは物騒だな。刀なんか振り回しやがって」
「だ、伊達…?」
伊達政宗。〈独眼竜〉の二つ名を持ち、目下、家康と三成との双方から想いを向けられている――なのにそれを知ってか知らずか、な――当人である。
隻眼の竜は真っ直ぐに三成を見、それからぐるりと周囲の惨状を見渡して、やれやれと肩を竦めた。
「何があったかは知らねェが…いや、凡その察しはつくんだが………モノに当たるのはやめろよな。せっかくの庭が台無しじゃねェか」
「うるさい。貴様に言われる筋合いはない」
むしろ貴様の所為だ、とそれこそ筋違いな八つ当たりをしてしまう三成である。さすがにこれにはムッとしたらしい政宗が顔を顰めた。生来堪え性がなく、また短気な性分の彼である。三成の不器用な物言いが逆撫ですることも間々あって、決して望んでいないのにいがみ合いに発展してしまうことが多かった。
こういう時は家康の寛容さと小賢しいまでの器用さが羨ましく思える三成だ。
はあ、と露骨に溜息を吐かれ、今度ムッとしたのは三成の方だった。しかし、政宗はそんな三成になど構うことなく、三成の手討ち―――一刀のうちに斬られて辺りに散った花を丁寧に拾い集めた。
「せっかく庭師が丹精込めて育てているんだろうに…勿体ねェことをしやがる」
「………、」
「Oh,boy.作っても作っても…テメエがそんなじゃ追いつかねェな」
「何…をっ」
言っている?
表情険しく言い募ろうとした三成の額にベシッと何かが押し当てられた。
「独眼竜!貴様…っ」
ひらりと目の前に落ちてきたのは、小さな短冊だった。それには押花があしらわれている。
貼りついた険しい表情をなかなかすぐには解けなくて、つい睨みつけるように見つめてしまった三成だ。
「テメエにやるよ。毎度毎度…花木に当たり散らして、散らされた花が可哀想だからな。こんなモンでも利用してやれば、少しはマシだろ?」
「独眼竜…?」
「An?ガキの頃に小十郎に教わったんだよ。押花の作り方。こんなところで役立つとは思わなかったがな」
くつくつと喉を震わせて政宗が笑う。
「テメエが今しがた散らしたこいつらも早いトコ押花にしてやらねェとな」
さすがにこれだけ大量に押花を作ることになったらプレゼント先を探すのも大変だ…とぼやく。
「Hum…家康にでも押しつけるか。あいつなら拒まねェだろうし」
(家康、だと?)
家康という名を耳にするだけで、三成の中に再び対抗心が燃え上がった。絶対に渡してなるものか!
「独眼竜!」
「What?」
「家康にくれてやるなど許さん。それら総て私に寄越せっ」
「Ah~、それは別に構わねェが…」
「ひと欠片たりとも家康なんぞにくれてやるのは許さんからなっ。絶対に、だ!」
きょとんとする政宗に向かって吼える。

彼がくれるものは、総て自分のものにしたいのだ。


スポンサーサイト

とり急ぎ

6月12日開催の恐惶謹言のスペースが取れていました。
F36です。
新刊は小政が「光環」シリーズ(「貴方に永遠の~」以降)の再録集。家政が「堕ちる」をテーマにした小話集です。(入稿済)
なお、どちらもR18なのでご注意(苦笑)。


販売物などなどの詳細は来週くらいにお知らせする予定ですので、今しばしお待ちくださいませ。

夢を叶える条件は 強い覚悟と 熱い気持ちだけ


…うん、そうだよな。


暇潰しに。
座右の銘メーカーに「政宗」と入れてみたら、意外にもカッコよくまとまった…(苦笑)。
ちなみに。
「奥州筆頭」で入れてみたら、

『幸せを強く願う者ほど 幸せに近づく』

…あ、やっぱり綺麗な着地点。

家政まつり更新

GARDEN:家政はじめました記念【家政まつり】「喉許過ぎれば…?」アップ。


家政まつり第12弾です。
今回は「19歳天下様家康×推定33歳魔性政宗」のお話。例の佐助の秘薬の登場です。
今更ですが、家政は4歳差(家康→19歳、政宗→23歳)が我が家のデフォルト設定です。
伊達の人間はすっかり魔性耐性ができあがってますけど、家康は初体験なので………(苦笑)。
この際もっと狼狽えさせても良かったのかなあと思います。
これを書いている間に、意趣返しじゃないけど「推定29歳家康」になってみる話もいいかもねと思いました。
とんでもなく男前になった家康に内心「どうしよう???」とか心をときめかせる政宗のお話、とか。
いろいろ伏線が広げられる楽しいお話(なのは私だけかもしれませんが/苦笑)を書かせていただきました。
リクエストどうもありがとうございました。

以下、リクエストいただいた方へお礼をば。


お久しぶりです

政宗さまの命日(旧暦)は何か書こうと思っていたのに、案の定というか…原稿の手直しに精を出していてサラッとスルーしていましたorz。
記念日系は、なんかいつもそんな感じで(苦笑)。


そのお蔭ではありませんが、小政と家政の入稿を済ませました。
家政はコピー本にするつもりだったんですが、コピーしている暇がこの先どうもなさそうなので…オンデマンドに変更。
何事もなければ謹言には机上に並ぶと思われます。

余裕があるってスバラシイ

スパコミの時はあまりにギリギリの入稿だったので。←「今日中の入稿だったら間に合わせますよ」と言われた(苦笑)。
さすがに次はそんな綱渡りみたいなことはやめよう!と早めに準備をし始めたので、少しばかり余裕をもって入稿できそうな気配です。
とりあえず小政の本文が終わったので、文字チェックをして、あと表紙を作れば、今月中には入稿まで漕ぎ着けられるかなー。


とんだ節電計画

今年の夏は節電ということで………
暑い夏を凌ぐために扇風機を●年ぶりに新調しちゃったよ(苦笑)。
これでなんとか乗り切れればいいなーと思います。
極力クーラーは使わない方向で。


職場は当然ながら15%節電なんですが。
というか、「15%節電にちゃんと協力するかわかんないから、はじめっから25%節電設定で」とか言い出して、どこをどうやって何%節電するかって細かいこと考えずに、

「切れるものは全部切るからっ」

って言いやがった(苦笑)。>すごい乱暴な。
おまけに真夏だってのに、冷蔵庫のコンセント抜け!なんて……。←つまり冷蔵庫は使うなということ。


うちの管理部門もとうとうヤキが回ったのかもしれない…。


ありがとうございます!!!

今、サイトを覗いてみたらカウンターが30万を超えていました。
はじめましての方も日頃よりお世話になっておりますな方も…お越しいただいているみなさま、本当にありがとうございます!!!
30万はキリ番指定ですので、うっかり踏まれた方のリクエストお受けします。(もちろん任意です。)
また、来月に入ったら修行がてら恒例の『お誕生日月間』をやろうと考えていますので、その際はぜひ。
(家政まつりが終わらないので、並行して行うことに…。)

210.優しくさせて【戦国BASARA:小政】

背後からどんっと勢い良く抱きつかれた小十郎は、抱きつかれたその勢いで手にしていた盆を落としそうになった。
「ま、政宗さまっ?!」
首を捻ると眼下に政宗の旋毛が見える。
政宗の行動はいつもいきなりで、そのたびに小十郎は驚かされるが―――驚きが過ぎ去ると次に小十郎を支配するのは“呆れ”で。
「小十郎っ」
「小十郎、ではありませぬ」
戦が落ち着いている今、腰を据えて内政に目を向けている政宗は書院に籠って周辺の領地から届く書状に目を通している筈だった。小十郎が持つ盆の上にも各領地に散らばる伊達の諸将からの書状が積まれていて、政宗に目を通してもらうために書院へ向かっている途上だったのだ。
断じて此処は書院ではない。書院へと続く廊下、である。
その廊下で政宗の急襲に遭ったということは、書院から抜け出していたということに他ならないだろう。存外飽きっぽい性質の主であるので、またぞろ退屈の虫が騒ぎ始めたのかもしれない。
ともすれば口から吐き出そうになる嘆息を呑み込み、「斯様な場所で何をしているのです?」と窘める口調で背後の政宗に向かって言った。返答次第ではこのまま小言モードに突入である。
「書院においでではなかったのですか?」
「おいでだったさ。たまたま厠に行っていただけだ。戻ってくる途中でお前の背中が見えたから抱きついてみただけだろう?」
文句あるか、と口を尖らせて此方を見上げてくる。
常は施政者として凛とした硬質の気を漂わせる政宗だが、こういう仕種をすると途端に幼さが表に滲み出てくる。どちらも小十郎には愛おしいものだ。
小十郎、と政宗は安心したように己の背に頬をすり寄せている。彼が幼い時分、よくこんな風にして抱きつかれたことを思い出した。
「政宗様、どうなさったのです?」
「An?別にどうもしねェよ。お前の背中があったから、抱きついてみたくなっただけだ」
「…はあ、」
飄々とした答え。
「ですが………幼きお子でもあるまいし」
「ガキじゃなくても甘えたいんだよ。―――少しは察しろっ!この阿呆!!!」
背後から腰に回された政宗の両腕に力任せにぎゅうっと締め上げられた。これにはさしもの小十郎も顔を歪ませる。痩身の見かけに騙されそうになるが、なにしろ六爪と呼ばれる六振りの刀を自在に操る政宗である。その腕力は強い。その腕力で容赦なくぎゅうぎゅう締められるのだから敵わない。
今度こそ小十郎の口から呆れたような溜息が転がり落ちた。
呆れたのは政宗の振舞いか、それとも最後まで厳しく接しきれない己の甘さか。おそらく後者の方だろう。大概政宗に甘いという自覚はあるのだから。
「政宗様、」
盆を右手で支え直し、前で組まれた政宗の手を左手で撫でてやる。
「甘えるにしても斯様な場では些か具合が悪いでしょう?少し我慢なさい」
甘さを滲ませた声音で小十郎が優しく諭せば、見上げていた政宗の左眼が期待に満ちて嬉しそうに細められた。

家政万歳!!!

サイトのトップページにリンクを張りましたが、夏コミ発行の家政アンソロジーに参加させていただくことになりました。
右見ても左見ても…目くるめく家政ワールドという垂涎の一冊でございます!!!
執筆陣もとても豪華なので、そんな中に場違いにも紛れ込んでしまった感がものすごく強いのですが…(苦笑)。
(お話をいただいたとき、一人あわあわしておりました。)

来月の謹言合わせの家政原稿は上がっているので、これからこちらの原稿にとり掛かります。
なににせよ楽しみですねー。

告知サイトはコチラ↓。

権現様独眼竜攻略法

本日の残念賞

以前お土産にもらった中国茶を飲んでみようと思い立って職場に持って行ったのですが。
個別包装真空パックなので、てっきり工芸茶だと思って全く気にも留めずにカップへ抛り込んだら…

…工芸茶ではなくてフツーの茶葉だった…という事実orz

今更戻す訳にもいかず、手近に急須もなかったので、そのままお湯を入れて飲んでます(汗)。
現在…増えるワカメよろしく、カップの中でおそろしいほど膨張しております。
茶葉が邪魔してうまく飲めない…(苦笑)。

修正しまし、た…

ごめんなさい!ごめんなさい!!!
家政「スイートメルトダウン」のリンク修正しましたっ。
教えてくださった方々、本当にどうもありがとうございます。
そしてお手間をとらせて申し訳なく…(汗)。

従っていられるかっ!

今年のGWはスパコミと家じゅうの整理で終わっちゃうかなーと思いつつ、でもせっかくの連休なのにそれだけじゃあ可哀想だよね(主に自分が、)と思って、「そうだ!那須に行こう!!!」といきなり那須に出かけてみました。
愛車の小十郎さんにはナビがついているんですが、元々ナビより地図派の人間なので、普段からナビはあまり使わないんですね。どうせ地元で道もわかるし。
なのに、この日はナビを使ったんです。


…かえって迷ってタイヘンだったんです、が(汗)。>何処走らされてんのかわかんない。


絶対にナビに逆らわないで行くというどうでもいい目標を出かける前に立ててみたんですけど。
あまりに遠回り遠回りで誘導してくれるので、

キレた。>途中で。

………最初から記憶に頼ればよかったと思います。

家政まつり更新

GARDEN:家政はじめました記念【家政まつり】「スイートメルトダウン」アップ。


お久しぶりの家政まつりになります。前回の更新が3月下旬ぐらいだったので…1か月ちょいのご無沙汰でした。
第11弾の今回は「イチャつくふたりに周囲がドン引く」お話(苦笑)。
もともと筆頭は奔放だし、家康は(たぶん)気にしない性格なので、公然とベタベタしていてもOKなんだと思います。その分可哀想なのは、それぞれの家臣団でしょうか。なんて傍迷惑。
(微笑ましく見守るってカンジじゃなさそう…。)
伊達家臣団に犠牲になってもらいましたが、その中で小十郎がひとり果敢に立ち向かっております(苦笑)。
リクエストどうもありがとうございました。
以下、リクいただいた方へお礼をば。

お疲れさまでした

スパコミ1日め参加してきました。
当日スペースにて拙本をお買い上げくださった方、どうもありがとうございました。
相変わらず開始直後~1時間は狩りに出掛けてまして、毎度ながらその間スペースの面倒を見ていただいているお友達には感謝でございます。(いつも本当にどうもありがとうゴザイマス…)
また、その間にお越しいただきお声掛けいただいている方々へは…不在にしていまして本当に申し訳なくorz

今回パンフの前売りがなかったので、買い逃しとかあったらどうしよう!?と思っていたのですが、狙ったご本はとり零しなく買うことができました。
今、素敵に小政にまみれてウホウホしています。
あ~幸せvvストレスも吹っ飛びました(苦笑)。
GW万歳!

さて。
次回は来月の謹言に参加できたらいいなーと考えています。>会計検査院の直後だけど…orz
今度はタイムトライアルで本を作らないように早め早めに原稿を(苦笑)。
光環シリーズあたりで出そうかなあと考え中。

スパコミ発行物

スパコミが終わるまでこの記事がトップです。


5月3日 「SUPER COMIC CITY20」
東4ホール お15a THE GARDEN OF SINNERS


5月3日開催「SUPER COMIC CITY20」の新刊は小政です。家政はありません。
開場後1時間程度、買い物等で本人は留守にする予定です。(毎度のことで申し訳なく…)
なお、お手数でも小銭をご用意いただけると大変助かります。
また、当サークル発行物(無料配布物は除く)はR18となっておりますので、18歳(高校生含む)以下の方は閲覧、ご購入をご遠慮ください。
よろしくお願いします。

【発行物】
●新刊
朽無の華 (R18)
40P/A5/400円
平成23年5月3日発行

奥州平定後、天下を目指し南進しようとする政宗の許に母、義姫から「小十郎を一度館に寄越せ」との報せが届く。
義姫の思惑が読めず、かといって背後に憂いを残したまま出陣もできないため、政宗は小十郎を義姫の住む館へ向かわせた。だが、小十郎は義姫に引き留められてしまい…。


サンプルは折り畳んでいます。

●小政ペーパー 
新刊お買い上げの方にお付けします。

●既刊(2月戦煌発行)
龍は眠る (R18) 【小政】     32P/A5コピー/300円
ぼくのすきなひと (R18)【家政】  24P/A5コピー/200円

【5/2追記】
●無料配布【「彼烈火」名義;成政】
戦国ver.の成政になります。


以下、『朽無の華』のサンプルです。

明日

いよいよ明日はスパコミです!
新刊、既刊持参してお迎えいたします!!
参加される方、どうぞよろしくお願いします!!!
なお、明日は若干早めに撤収するかもしれません。>新幹線の都合…。

今、タイムトライアルで無配をもうひとつ頑張ってます。
小政でもなく、家政でもなく、成政なのであまり需要はないと思われますが(苦笑)。


【14:20追記】
彼烈火名義ですが、成政無配ペーパーできました。戦国ver.になります。

…双竜ぱへ

そういえば池袋ジャックが始まってんだよなァ…と思いつつ。
双竜ぱへは14日からだから…明後日寄っても食べられないんだよなあ。
双竜ぱへが食べたいなら『池袋へいらっしゃい』だなんて(「べルサイユへいらっしゃい」じゃあるまいし)…どこまで人の財布の中身を試す気なんだろうあの人たち(苦笑)。
ああこれが大学時代だったら、池袋がすぐの場所だったから、労せずして行くことができたのに!!!
というか、毎日だって通うこともできたのに(苦笑)。
(時の神様はなんて意地悪を…っ)


そしてもうひとつ。
家康餃子、来らっせなら………いっそ地元でも売ってくれんだろうか。
プロフィール

安曇

  • Author:安曇
  • 今日も元気に生きてます。
カレンダー(月別)
04 ≪│2011/05│≫ 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ちびギャラリー
 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。