人生楽ありゃ苦もあるさ

日々のつれづれや大好きなものを力いっぱい叫ぶ代わりに書き綴っています。サイト更新情報や、時々BASARA二次創作(小政、家政メイン)も。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

307.鍋と釜【戦国BASARA:小政】

城内に小十郎の姿が見えない時。まず手始めにどこから探せばいいかといえば、それは畑だ。大概の場合、小十郎は畑にいる。
彼は政宗が何処にいても容易く見つけ出してしまって毎回悔しい思いをするのだが、自分だって小十郎を見つけ出せるのだと思うと「どうだ」と胸を張りたくなる。
「本当に…お前は畑が好きだよなア」
時々主君の存在を忘れてるんじゃないかと疑いたくなるほど、小十郎は農作業に没頭することがある。例えば、一心不乱に鍬を揮って土を耕している時がそうだし、丹精込めて育て上げた野菜を収穫する時の、あの恋人を見つめるような優しげな眼差しにしたってそうだ。
あれは絶対に俺のことを忘れている!と政宗は強く思う。
「この畑で育てる作物すべてが政宗様のお口に入るものだと思えばこそ…この小十郎、一層愛情込めて育てておりまする。実りの季節を迎える頃には、きっとこれらも美味しく育ちましょう」
「Ah~,そうだな」
幼少時の政宗は偏食傾向が強く、小十郎が畑で作物を作り始めたのも元々はそんな政宗の偏食を正すためだった。お蔭で偏食はなくなったが、なくなった後も〈竜の右目〉の傍ら、畑仕事は続けられている。
それこそ政宗がまだ幼名で呼ばれていた当時は小さな畑だったが、趣味に実益が伴い出して今ではだいぶ広くなった。さすがに常時面倒をみていられるような身分ではないので、村の者達に管理を任せているというが、手の空いた時などはこうして畑に出ていた。
なににせよ、小十郎の畑の原点は政宗である。小十郎の行動はすべてその先政宗へと繋がっていて、だからこそあまり強くは言えないのだ。
「なあ、小十郎」
声をかけると「はい?」と言って、鍬を揮う手を止めて小十郎が政宗の方へふり返った。
額には大粒の汗がいくつも浮かんでいる。今すぐ走り寄って手拭いで拭いてあげたい―――そんな衝動に駆られる。きっと驚いて、次に慌てて、それから恐縮するだろう。
小十郎の変化を容易に想像できて、政宗は小さく笑った。
「どうかしましたか、政宗様?」
「いや…。なあ、小十郎は本当のところ俺と畑とどっちが好きなんだ?」
「――――――っ?!」
何気なく発した問いに、小十郎が息を飲んだ。正直なところ政宗は彼がそんなに驚くとは思わなかった。そもそも比べる次元が違うだろうと思うが―――いや、小十郎の中では一緒なのだろうか。
「そこで万が一畑と言われると…俺としては立つ瀬がねェんだがなァ」
少しばかり困ったように続けると、小十郎は慌てたように「そのようなことは…っ」と言って否定してきた。その慌てぶりが可笑しい。
「Ha!Jokeだ。お前が“誰を”好きか、なんて俺が一番良く知っているからなァ」
「政宗様…なんとお人の悪い」
決まり悪げな表情を浮かべる小十郎を見つめ、政宗は少しばかり意地悪く笑ってみせた。滅多に彼から一本を取ることは敵わないから、これは貴重だ。
「お前の眼が畑ばかりに向いてるから、軽く拗ねてみただけだ。それに―――」

――――――そんな畑バカのお前も俺は好きだからな。

「ま、政宗さまっ!?」

はっきりと目許に朱が散った小十郎の顔。
そんな自分も大概〈小十郎バカ〉の自覚があるから、ちょうどいいのかもしれなかった。


スポンサーサイト

ひとりで行っちゃおうかなあ

今週末は小十郎まつりじゃありませんか!
白石…日帰り片道1時間圏内(=東北上官使用)。
行くべきか、
行かざるべきか…。


以下、コメントレスです。
どうもありがとうございます。

絶賛原稿中

来月末の謹言に向けて、絶賛原稿中です。
小政は「勿忘草」のオフ版になります。
かなりエピソードを追加してみたり、削除してみたりしている最中です。(大本は弄っていませんが)
現時点で書くと、こういう話になるのねーという感じです。
少なくとも絡みが追加されたので、大きいお姉さん向け仕様になります(苦笑)。
来月からまた仕事が忙しくなりそうなので、今月中に何とかしたいと思うんですが…。
今月中って…あと3日(汗)。

改装…中

GARDEN:THANKSにいただきものを1点。


お誕生日月間企画2011で書かせていただいた「アダユメ。」のお礼ということで、素敵なイラストをいただいてしまいました!!!
どうもありがとうございますっっ!


ちょっとサイトを改装してみようかなーと思って、いろいろ弄っているんですけど。
そもそも10年越えでサイトなんかやっていると当然アップしている話も多く、テンプレを変更するとなると丸ごとなので(着せ替えテンプレではないので)…いやはや面倒(苦笑)。
過去それがネックになってテンプレ変更が頓挫したのでした。
いっそのことスリム化しようか…。

以下、拍手等レスになります。

せっかく休みなのに…、

遅めの夏休みを取って、今週は個人的シルバーウィークだったんですけど。
台風がまともに頭上を駆け抜けていったりで、休みの3日間は見事な雨っぷり。
殆ど動けませんデシタ(苦笑)。
21日は友人と権現様の地(=日光)へドライヴに行こう!って随分前から予定に入れてたんですが、台風直撃の日にそれどころじゃないよな、と。←さすがにお互いそこまで無謀でなく。
お蔭で、のんびりはできましたが。


今回の台風、またもや東北がひどい被害でした。
今年は日本中が災害続きで、もういい加減にしてくれ!な心境です。

お誕生日月間企画2011更新

GARDEN:お誕生日月間企画2011「Sugar baby blue」(小政+元親)更新。


連日の更新になります。
今日はお誕生日月間企画第3弾。
リクは「准教授小十郎×司書政宗で元親登場」です。
なんだろう?
私の中のチカは大概こんな役回りでスイマセン…という(苦笑)。
いつも嵐を呼ぶ役回りばっかりですよね、この人。
この後、ちょっかいを出して馬に蹴られてしまうんです…。
でも、大変楽しく書かせていただきました。
リクエストどうもありがとうございました。

以下、リクエストいただいた方へお礼をば。

家政まつり更新

GARDEN:家政はじめました記念【家政まつり】「Crimson Lotus」アップ。


お久しぶりの更新です。
家政まつり第16弾となるリクエストですが、テーマは「政宗を救助するお話」。
救助というか…囚われのお姫様を颯爽と(?)助けに向かう王子っぽくまとめてみまし、た(苦笑)。
幸村が登場していますが、少々黒寄りです。
そして、家康もどちらかといえばやや黒権現寄りです。(当社比)
黒を書くのも案外楽しいよね、という開眼。

リクエストどうもありがとうございました。
以下、リクエストしてくださった方へお礼をば。




280.毒【戦国BASARA:三政】

―――天下分け目の関ヶ原。
日ノ本を二分した大戦は徳川家康率いる東軍が勝利を収め、力の豊臣から絆の徳川へと世は移り変わった。
家康が望んだ泰平の世は、〈覇王〉豊臣秀吉の右腕たる石田三成の敗北によって具現化されることとなった。
敗残の将は表舞台から姿を消すのみである。
今の世に秀吉の名残はない。秀吉の名を口にする者もいなければ―――彼の人を惜しむ者もいない。否、前田慶次は彼の人との思い出を大事に抱えているだろうが、それは彼の人に最も近しい人間の一人だった――認めたくはないけれど――からで、大多数の者はきっとその存在すらも忘れかけている。
(どうせならひと思いに止めをさせば良かったのだ。そうしたら私も秀吉様の御許へ逝けたものを…)
死を選べずに敗残の将として生き長らえるのは、誇り高い三成にとって何にも勝る屈辱だった。
家康は友を死なせたくなかったのだと――どういう訳かあの男は三成を“友”と思っているようだ――言うが、それは違う。
あの男は、こうすることで己を〈殺した〉のだ。そして、この先も殺し続ける。
寛容な笑みが似合う太陽のような男だと人は言うが、あの男はとんでもなく狡猾だ。人懐こいあの笑みを剥がせば、黒い人格が現れることだろう。
(そんなに私が憎いか――――――家康…っ、)
秀吉が道半ばで斃れ、その後を引き継ぐ形で成した世を、秀吉の懐刀たる三成に見せつけることによって家康は。
「………何故私の命を奪わない」
「An?」
日ノ本の頂に立つ家康に刃を向けた人間として、或いは大戦を引き起こした一方の大将として、三成は断罪に処されるべきだった。拠りどころとなる秀吉を喪い、虜囚の身となって生き恥を晒すくらいならば戦場に死に花を咲かせる―――その覚悟を以て三成は関ヶ原に立ったのに。
何故命を奪わない、と三成が問うた相手は隻眼の竜。
かつて秀吉が誅される以前、小田原合戦において相対したことがあった。あの折はその名も知らず、また覚える気もなく、三成はただ路傍の石を斬って捨てた程度にしか思っていなかった。
竜と三成。
当時の三成にとって秀吉の障害となる者は総て斬滅の対象だった。その力強い意志と圧倒的な力の前に竜は屈し、一度は地を這う竜となった。
「得物もねェヤツの命を獲っても意味がねェだろう。それに…あの時、俺は俺のケジメってヤツをつけたんだ。今の俺にアンタの生殺与奪権はねェよ」
関ヶ原で再び翔竜となった眼前の男。憐れむでもなく、淡々とその左眼が三成の姿を映している。
「あるとするならそれは―――家康だけだ。You see?」
「…………、」
「家康がgoと言えば、いくらでもアンタに竜の爪を揮ってやるがな。たぶん、アイツはgoとは言わねェだろうよ」
だからアンタもいい加減諦めろ。と、竜は笑った。
(家康、家康、家康―――っ!)
お前はどこまでも私を―――。
固く結んだ拳が震える。
「………石田?」
家康は眼前の竜に執着していた。それはあの男が豊臣軍にいた頃からだ。三成が秀吉に抱く想いとはまた異なった執着の名、おそらくそれは恋情だろう。
力弱き竜に何を執着するのかと思ったものだ。それよりも秀吉様の御世のために為すべきことがいくらでもあるだろう、と。
だが。今三成が改めて見る竜は、綺麗な顔立ちをしていた。〈独眼竜〉の二つ名の所以たる右目が欠けていても尚、その気性が滲み出た美しい貌だった。
あの男は〈これ〉に惚れたのか。
家康は竜を憚ることなく「ワシの竜」と呼び、片時も離そうとはせず手許に置いている。明国では竜は皇帝の象徴とされているそうで、だとすれば家康もそれに則っているのかもしれない。
(あの男の〈竜〉、か)
「石田、どうした?」
突然黙り込んだ三成に、どうしたのかと竜が手を伸ばしてきた。全くの警戒心もなく。
六本の刀を自在に操る手のくせに、なんとも整った――さすがに白魚のようなとまでは言わないが――手だと思った。
「石田?」
この竜を得たら―――この竜をあの男から引き剥がしたらどうだろう。あの男が執着し、なによりも大切に想っているという竜だ。
三成は警戒心の欠片もなく伸ばされた竜の手を掴んだ。
不思議そうに竜の左眼が瞬きを繰り返す。
「―――?」
友であるお前を死なせたくないと言った綺麗事の裏には、お前の望みどおりにはさせぬという意味が込められている。おそらく、小田原合戦で己が竜に深手を負わせたことが起因だ。
己から秀吉を奪ったあの男を己が恨むように。あの男もまた大切に想う竜が己に傷つけられたことを恨んでいるのだ。
恨み、と恨み。
「伊達、政宗」
掴んだ手をぐいっと引っ張る。予期せぬ行動だったのだろう。竜の眼が大きく見開かれた。構えてもいなかったから、存外呆気なく引き寄せられる。
「な―――っ、テメ…何、を―――っ」
そのまま頤を掴んで仰向かせ、朱唇を貪った。
人の唇がこんなに甘いものだとは思わなかった。柔らかく温いものだとは。
どん、ともの凄い力で竜に突き飛ばされた。三成自身、口吸いに酔っていた所為もあってか、よろめいてその場に尻もちをついてしまう。茫然と見上げれば、手の甲で口許を拭い、潤ませた眼で竜が己を睨みつけていた。
「テメ…エっ」
「家康に言うがいい…私はお前を奪う」
「あア?」
「家康が私から秀吉様を奪ったように………家康からお前を奪ってやる。伊達、政宗」
竜の睨みを真正面から受け止め、三成はそう宣した。
胸の裡に火が燈る。

(竜を―――奪う)

忘れていた呼吸を思い出した気がした。



トラックバックテーマ 第1277回「好きな目の形は?」


…つり目だな。スッとした切れ長の。


好きな目の形って…人の目のことだろうなと思いますが。←フツーに考えなくてもそうだろうよ。
私はあえて、車のヘッドランプで(苦笑)。
昔はつり目のランプが多かったんですけど、今は丸いのばっかりでちょっと残念。


…………長年連れ添った先代様は私好みのつり目で、ホントイイ貌してたんだよなあ。←だから車のハナシ。

原稿中

来月の謹言に向けて、原稿をやっています。
現在小政を2本同時進行で書いているんですが、1本の進みが悪くて、せっかく早く始めたのにこの分だと意味ないじゃんねぇ…な事態に陥りそう(苦笑)。
切羽詰まってから何十ページも書く!というタイプではないので、このまま進みが悪いと謹言は見送らなきゃなりませんね。(切り替え早ッ)

もう1本は、サイトにも載せている「勿忘草」に手を入れ始めています。
本筋いっしょですが、「今書くとどうなるか」的にかなり話が追加されるカンジです。
(転生前の部分が無駄に長くなっている気も…)

今年の逃避行

今年の逃避行の行き先は、珍しく「ひ・ろ・し・ま!」と友人が自己主張したので、そんな友人の意を汲んで広島にしようと予定を立てて、宿を押さえるために旅行会社へ出掛けたものの…宿が取れず(泣)。
うーん、予定では一日目は宮島に泊まって、四度目の正直「満潮時の大鳥居」を堪能し、二日目に江田島海軍学校へ行って三日目に広島城だったんだけど…。←行先は友人の主張のわりに、旅行の行程は完全に私の趣味っぽく(苦笑)。
宿が取れないんじゃあ、そもそも広島には行けんな…ということで、急遽行先を京都に変更。
(でも、正直京都も宿を押さえるのがぎりぎりだった)
京都かあ…。

友人、友人、ちょっと足伸ばして(せめて)彦根まで行っていい?彦根城はもちろん、佐和山も行けるかな???(本当は小谷城址まで行って「長政さまー」ってやりたいけど)
それでそれで帰りに安土に寄って、安土城址で「上総介さまー」ってやっていい?
友人「………、」

まあ、とりあえず(あくまでも当初の)行き先は京都ということで(苦笑)。

小政更新、拍手小噺入替

GARDEN:TEXT 戦国BASARA「君と休日三題」(小政)アップ。


拍手小噺入れ替えにつき、長いこと拍手用小噺として頑張ってもらいました准教授×司書の3本を移動しました。
現在、入れ替え済の小噺は小政と家政の計3本。
今回も全部パロディです。パロディで統一。
お楽しみくださいね。

とり急ぎ3本を入れ替えましたが、まだ何本か追加したい勢いです。
三政とかも入れられたらいいなーと思っています。

そんな訳で、

10月の謹言を申し込みました。
どうなんだろ、小政と家政…新刊だせるかな。

なにやっとんねん(苦笑)

今、ちょっと長めの小政を書いてるんですが。
…かいつまんで言うと、政宗の左眼を塞いで冬の湯治場に小十郎と引きこもる話(苦笑)。
躓くことなく書けてるぞーと思って小休止がてら読み返してみたら、最初は「塞いでいる筈の左眼」がいつのまにか「ぱっちり開いている」設定に。

ええええええっ?!

どこから、どこから話の設定が違ってんのっ!?と遡ってみること暫し。
かなり前から左眼が開眼していまし、た(汗)。
途中途中きちんと読み返してみるべきですね。←今まで書いたところまで全部ボツじゃん…。

小政更新

GARDEN:TEXT 戦国BASARA「seven」(小政)アップ。


昨年の12月にブログでアップした「鎮魂と再生」の3話めになります。
(少しばかり手を加えていますが、ほんの2~3行程度です)
「seven」は大好きな曲のひとつです。
そういえば、カテゴリーまで独立して作ってるのに、また随分長いこと更新していないよなあ…と今更ながらに思いました(苦笑)。
そういう話がいくつもあります、ね。←無駄に風呂敷広げすぎて、きちんと畳みきれていない的、な(汗)。




台風が、

台風の現在位置が朝起きた時とさほど変わっていないように見受けられるんですが……どんだけのんびりなんだろう。(予想進路どおりに行ったら、父方の実家のある瀬戸内の島の上空通過だわ。)
時速10kmって…自転車くらい?
今は雨も止んで、それどころか太陽まで出てきて晴れているんですけど、これも台風の影響ですかね。突然曇って、バケツひっくり返したような豪雨になったりと忙しい天気です。風は強くなってきてるかな。
仕事が終わるまで道路が冠水しかねないような大雨が降らないことを祈ります。


道路冠水といえば。
先日終業直後にゲリラ雷雨に遭ったんですけど。
うちの課の某社の車高の低いスポーツセダンに乗っている(しかもイジってるので更に低い)後輩君が小降りになるまで待てずに帰って、案の定というか途中で冠水スポットにハマってパーツを流されたーっっ!と翌日泣いてました(苦笑)。
私も先代の車が似たようなタイプでエラク車高が低かったので、豪雨は天敵です。
ほんのちょっとの高さでも、ほんのちょっとの深さでも大変でした…(苦笑)。

トラックバックテーマ 第1268回「カラオケでは真っ先に歌う?あとからこっそり歌う?」

久しぶりにトラックバックテーマ参戦です。



学生の時はよくカラオケへ行ってましたけど、最近はとんと足を向けなくなりましたねえ(苦笑)。
基本的に好きなんですけど。
直近で先月行ったかなあ。ホント久しぶりに。
…そして、T.M.RevolutionとAlice nineとLUNAを歌いまくったんだったわ。
カラオケに行く面子は大概気心知れた連中ばかりなので、遠慮なく予約していきますね。
(だって時間が勿体ない!と考える連中ばかりだから…/苦笑)
なので、私も一切遠慮なし。
さっさと入れてしまいます。大概真っ先に入れる人かな。

プロフィール

安曇

  • Author:安曇
  • 今日も元気に生きてます。
カレンダー(月別)
08 ≪│2011/09│≫ 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ちびギャラリー
 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。