人生楽ありゃ苦もあるさ

日々のつれづれや大好きなものを力いっぱい叫ぶ代わりに書き綴っています。サイト更新情報や、時々BASARA二次創作(小政、家政メイン)も。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ありがとうございます

拍手どうもありがとうございます!
メッセージくださる方はもちろん、空ぱちの方も本当に感謝しております。
どうもありがとうございます。
特に「無邪気~」の反応がいいみたいで嬉しいです。(あんな家康とあんな小十郎ですが…/苦笑)

以下、拍手レスになります。

スポンサーサイト

佳境、です。

家政まつり最後の一本が佳境に入っています。
今週末にはなんとかアップできるかなーという状況。
毎年お誕生日月間企画をやっていますが、それとは別にこういう企画もまたやってみたいなと思います。
シチュ限定みたいなのとか。
現パロ限定、とか。
いっそにょただらけ…(苦笑)。←いろんな意味で限定だなあ。
自分で考えるネタってどうしても自分が書きやすいものになってしまうので、リクエストって本当に勉強になりますね。
(考えてみれば、にょたも読めるけど書けない人でした…/苦笑)
また機会があればやってみようと思います。


347.無邪気と言う罪があるなら【戦国BASARA:家政+小十郎】

お誕生日月間企画で書かせていただいた「何度でも、恋をしよう」の後日談です。
家康が政宗の家族(=主に小十郎)の許へ挨拶に行きますが、見事返り討ちに遭ってしまいます(苦笑)。
未来の小舅殿は…やはり此処でも睨みを利かせるのでした、というお話。
にょた仕様なので、一応折り畳んでいます。
OKな方のみどうぞ。


100題更新

GARDEN:TEXT 題名&台詞100題「099:あなたがくれたもの」(小政)アップ。


久しぶりに100題の更新です。
コンプリートまであと数題なんですが…なかなか思うように進みませんね。
この100題が一番年数かかっているんじゃないかな。なにしろ過去やっていたジャンルがごった煮状態…(苦笑)。

今回のお話はずっと書きたかったものです。
みんな書いていそうな話なのでどうしようかと思ったのですが…私的な解釈はこんな感じで。
大好きな人が育てたものが自分の血となり肉となるって…究極でいいなあと思います。

お誕生日月間リク更新

GARDEN:お誕生日月間リクエスト「何度でも、恋をしよう」(家康×女政宗)アップ。


お誕生日月間リク第5弾。
今回のリクエストは「家政で戦国時代の記憶のある転生もの」でした。できればにょた宗さまでということでしたので、にょた宗さま仕様でお届けです。(ので苦手な方はご注意くださいね。)

一応設定としては、前世の記憶があるのは家康と政宗のみ。あとは全員記憶がありません。
そして、二人は同い年です。
更に小十郎と政宗は兄妹です(苦笑)。

我ながら冒険的な設定をしてしまいました。書いていて楽しかったです!
あまりに楽しくて、というか兄小十郎を書ききれなくて、家康視点でもう一本後日談みたいなのも書いちゃいました。家康vs小十郎みたいな話ですが…。
こちらは後日アップします。
リクエストありがとうございました。

以下、リクエストいただいた方へお礼をば。


ありがとうございます

拍手、コメントどうもありがとうございます。
以下レスとなります。
お心当たりの方はどうぞ。

山手線一周の旅になるかと思いきや

2泊3日の研修という名の出張。
最終日の金曜日はお昼で終了だったので…まあ、当然のことながら山手線一周の旅に突入か?!ということになる訳です(苦笑)。この機会を逃してなるものか、と。
とりあえず、最終日の午前の時点までで見つけたのは、
前田利家、徳川家康、黒田官兵衛、雑賀孫市、かすが、小太郎、前田慶次、最上義光、武田信玄。
行きも帰りも目を凝らしてホームを見てたんですが、これがなかなかムズカシイ。(特に朝は途中から混雑してくるので/汗)
しかも研修自体もの凄く濃度が濃くて頭を使うので、終わった後はかなりへろへろします。
それを×3日なので、研修終了後(それも最終日)に一周の旅に出られるのかという体力的な問題がありまして…(苦笑)。

…心の中での鬩ぎ合い(笑)。

暫し鬩ぎ合った結果、

うん、政宗か小十郎どちらか…或いはどちらか見つけた時点で体力があれば主従揃えるということに決定!
そういうことで、改めて新宿から外回り山手線乗車。
佐助を見つけます。確かおばあちゃんの原宿、巣鴨(苦笑)。
小十郎、小十郎は何処だ…とホームに滑り込むたびに凝視します。
で、目の端を通り過ぎるものが…。

いた、駒込駅っ!

重い荷物を抱えて、衝動的に降りました。駒込駅(苦笑)。
結構同じ目的で降りてる人がいました。良かった…仲間がいる(笑)。
駒込駅にいました!

で、駒込駅にいた小十郎。
携帯だと上手く撮れない。単に私のスキルかもしれませんが…。
しかも、背後の海賊福山の看板が反射してるじゃないか…orz
ちなみに。
体力の限界を感じ、政宗は断念しまし、たorz
(事前に大塚駅情報をいただいていたのですが、新宿→大塚あたりは実は一番ぐったりしてました。内回りで戻るのも体力的にムリだったという/苦笑。でも、情報感謝です。ありがとうございました!)
東京駅で幸村に逢いました。
上野は慶次と羽州の伯父上だったので、ターミナル駅はもしや2人いるんかと思ったんですけど…Jr.(=東海道線)のホームにもあるらしい所為か幸村のみしか見つけられませんでした。
で、つい降りるの忘れて「まあ、いいや新橋辺りまで行って戻ろう」ということで。
新橋…家康がいました。
あのひと、田端にもいたよなあ。


拍手ありがとうございます。併せてコメもありがとうございます。
レスのお返事は後日まとめてさせてください。
出張明けの今日は書類の山と絶賛格闘中です…(苦笑)。

小十郎×女政宗連載更新

GARDEN:TEXT UNDER戦国BASARA「硝子の裏の恋 #05」(小十郎×女政宗)アップ。


久しぶりに硝子~の続きを更新です。
性別を偽ってまで追いかけてきた政宗の悩みも相当だと思いますが、たぶん小十郎はもっと悩むんだろうなあ…と思いながら今回続きを書きました。
どこまでも立場が邪魔するふたりの道行き、です。

ただいま出張中

出張先からコンバンハ。
昨日から2泊3日の日程で東京に研修という名の出張にきております。
どう見ても出張の荷物が仕事用ではなく、PCだの本だのネタ帳だの…そういうものでいっぱいです(苦笑)。
お蔭で充実した夜(笑)。部屋もちょうどいい広さだし。

研修先が新宿なので山手線を使っているんですけど、外回りの方、ホームに一駅ずつ宴ポスターが貼ってあるんですね。
昨日大崎駅で利を見つけて「おおっ?!」と思ったんですけど、研修初日を終えてホテルに戻るときはちょうど背になる側に座っていたんで気がつかなくて。
今日の帰りに改めて家康と官兵衛と孫市と慶次と最上とお館様を見つけて再び「おおっ?!」。
ということは筆頭とか小十郎とかもどこかの駅にいるんですかね。
いっそ見つけるまで山手線に乗っていたい(苦笑)。
明日が研修最終日なので…どこまで時間が許されるか。←本気で山手線一周の旅!?
とりあえず、明日の帰りは真田弁当を買って帰ろうと思います。
(伊達弁はあったんだけど、昨日は食べる機会がどう考えてもなかったので買うこと自体諦めたのでした。最終日だったのに!)

宴。

宴…とりあえずさらりと小十郎をやってみました。
(さらり、の前にかなり操作で悪戦苦闘しましたケド)
さらりとやったまんまで………明日から三日間出張になりますorz
いくらやり足りないからといってさすがにね、ハードごと出張先に持っていく訳にはいかないもんなあ(苦笑)。

清盛めぐり改め―――秀吉さまと凶王三成の旅(そうだ、京都へ行こう!その6)

京都観光最終日です。
同じホテルに泊まりながら、1日目の部屋と2日目の部屋が違います。2日めの方がちょっとリッチ。

友「いいじゃん。部屋なんか別に」

いやいや、リッチな部屋の方がベッドもいいから安らかな眠りが得られるんだよっ。
眠り、大切!
という私の主張に基づき、ルームチェンジでございます。
お蔭で快眠。目覚めもぱっちり。
友人、今日もお外は快晴だよ。

友「あ゛ー…、」

…友人は朝が弱いのでありました(苦笑)。←起動までに1時間ぐらい必要。


さて、朝食後。
今日は何処を攻めようかと申しますと…昨日行けなかった五条方面。三十三間堂とかー。
友「ちどりやさんに行きたい」
ハイハイ、いいですよ。
帰りの新幹線が3時くらいなので比較的ゆっくり過ごせるし、じゃあ欲張って二条城と晴明神社にも行っていいかな?
ということで、本日のルートは

晴明神社→二条城→五条方面で。

晴明神社、前来た時はもっとこう…目立たなかったのにねえ。あ、こんなところにあった!的な。
友「陰陽師ブームもあったしねえ」←我々が来た時はその前。
社務所もこう狭くて、お守り買うのも宮司さんが行っている相談を中断して対応してもらったりね、そんなカンジだったのに…。
社務所…立派なのができてるし。
時の流れって………侮れないよね。
とりあえず、交通安全のお守りと向上守を買うよ。向上守って営業の人にご利益があるんだって。
友「雅ちゃん営業じゃないじゃん」
でも仕事にご利益ありそうでしょ。←縁結びにはどちらも食指を動かさないひと達(笑)。
晴明井

晴明井も前はなかったような気がする。
とりあえず、パワーを浴びよう。

さて。めいっぱいパワーを浴びたところで、お次は二条城へ。
二条城は京都に遊びに来ると、必ず最終日に行く場所です。
友「なんでだろうねえ。何故かいつも最終日が二条城…、」
なんでだろうねえ。
その二条城ですが。
家康が御所の守護と将軍上洛のための宿泊所として造営したお城です。大政奉還の舞台でも有名ですけど。
むしろ家康が、というところが今回のポイント(苦笑)。
今回は襖絵が一部修復中で見られない部屋とかあったんですが…とはいえ、まあ何度見ても広いところですね。
そして間取りとか勉強になりますね。
友「また違う方向に行く」
以前来た時は十五夜の日で月見の宴とかあったんですけど、さすがに今の時期はイベントがありませんで。もう少し遅いと紅葉でライトアップとかあるんだけどなあ。
さあ、次に行こう。
友人、五条方面…なんだけどさー、豊国神社と方広寺にこの際行こうかなと思うんだよ。
友「三十三間堂ではなくて?」
うん。
もういっそ最終日だけど今年の旅のテーマを『清盛めぐり』から『秀吉様と凶王三成』の旅に変えるから(苦笑)。
←どう考えても初日の三成ごっこといい、豊臣関連が多すぎた(笑)。
ということで最終日だけど『清盛めぐり』改め『秀吉様と凶王三成』の旅、お次は豊国神社と方広寺でございます。

来ましたーっっ

宴、届きましたー!!>漸く。
いったいどんな焦らしぷれいだったんだか(苦笑)。
悶々とした2日間を晴らすべく、これからじっくり腰を据えてやろうと思います。
(せっかく更新モードになったんだけどなあ…(笑)。)

これから小説が出たり、原画集やらイラスト集やら劇場版DVDやらいろいろ出て…しばらくはレッツパーリィ状態なんですけど。
どれだけ人の財布の中身を試すつもりなんだか(苦笑)。
…ちなみに、昨日発売の伊達政宗の章ですが…またもや大好き密林ゆうメールにてお届けの模様です。14日だってよ。
まあ、出張行くまでには届くから出張先には持って行けるな。
出張と言えば、駅弁の第2弾最終日から第3弾のあたりにちょうど出張がぶつかっているので伊達弁当と真田弁当が買えればいいなーと思ってます。夕食、それでいいよもう。


以下、どうもありがとうございます。
拍手レスになります。

心の叫び

きっとみんな宴をやり込んでいるんだろうなーと思いつつ…。

どうしてお届けが明日なんだよーっっっ


と力いっぱい叫びたい(泣)。

発送日は昨日。
なのにこんな時に限ってゆうメール発送なんだね、密林…orz

…あ、

舞台花咲ける~のVol.3と4のプレオーダーのメールがきて、「どうするかなー。また友人誘って行こうかなー。今回ファイナルだしなー」と思ったんですけど。
友人、たぶん誘えば「行く」言うだろうし(笑)。
久保田立人と広瀬ユージィンだし。←注目はココです(笑)。

ところが。

公演日がセンター試験に引っ掛かりやがるorz

…ダメだ。もう誘う以前の問題。


ちなみに、銀英伝の自由惑星同盟編の舞台も4月にあるんだよなー。
友人も私も銀英伝好き。
友人、友人。この間までは帝国編だとかロイエンタールとミッターマイヤー編だとかオーベルシュタイン編だったけど、今度はヤンだよー。
友「ヤンの配役は???」


………RYUちゃんでし、た(汗)。

あ、でもキャストの中に中村誠治郎君がいる。
誰の役をやるんだろ???

お誕生日月間リク更新

Garden:お誕生日月間企画2011「恋はくせもの」アップ。


お誕生日月間リク第4弾。
今回のテーマは“政宗と東軍キャラsの仲の良さにあわてる真田主従”です。
(久しぶりに幸村を書きました/苦笑)
真田主従→政宗はlove感情、東軍キャラsと政宗はloveでもlikeでも…ということでしたが、政宗はみんなに愛でられればいいじゃん!ということで、全方位love設定です。
尤も、本人のベクトルが何処を向いているかはわかりませんが(苦笑)。
今回はいろんなキャラが書けて楽しかったです。
どうもありがとうございました!


以下、リクエストくださった方へお礼をば。


そしてカオスに…(秀吉、一ちゃん、清盛…)(そうだ、京都へ行こう!その5)

そんな訳で高台寺に寄り道です。

友人。高台寺はねー、ねねが秀吉様の菩提を弔うために建てた寺なのだよ。

友「ふーん。でも雅ちゃん、どうして“秀吉様”呼ばわり?」

…うっ。
それは、アレだ。昨日の三成ごっこが抜けてないんだ(笑)。

友「なんで、三成?」

それは舞台BSRを観れば自ずとわかるよ。ついでに昨日家康家康言ってた訳も(苦笑)。←その後舞台を観て納得した模様。

高台寺は…実は何度か訪れています。
友「確か…霊屋とか(結構)階段上がってくんじゃなかったっけ」
然様ですね。傘亭とか時雨亭とか、かなり階段を上がった記憶があります。
友「制覇する気?」
さすがにねー、今日はそこまで気力がなくてねー。この後も歩くし。
せめてお霊屋まで。
ということで、お霊屋までで断念。
日頃の運動不足がこういう時に祟ってくるのです(苦笑)。
日曜日ということもあってこの日は人も多く、なかなか長い時間方丈でぼーっとすることができませんでした。
(方丈でぼーっと庭を眺めながら足を伸ばすのが常)
というか、一度腰を下ろしちゃうと動きたくなくなるんだよねー。
動きたくなくなる誘惑と戦いながら、ぐるりと巡って出口。
友「喉かわいたー。休むー」
ふむ。ならば、私の記憶が確かならば、確か高台寺の近くに………
あった!都路里高台寺店!
アイスグリーンティでひと息。
…が、甘い(汗)。私はこう渋~い冷茶を求めてたんだけどなー。
そういやさっき本店で買ったグリーンティは砂糖入りだったから、たぶんこういう甘さになるんだな。
ちなみに、ここで観光客のお姉さんが持っていた新撰組ver.のサンジとゾロのバックが気になった(苦笑)。
はー、ワンピもいろんなところであるなあ。
さて、ひと息ついたことだし、次へ行こうではないか。
と、その前に。
高台寺のお隣には月真院があります。
友「月真院?」
私の好きな新撰組三番隊隊長齋藤一氏が新撰組を離れて御陵衛士だった時に屯所として使われていたところだよ。
ついでに言えば、高台寺を出て左に折れて坂を上っていくと霊山幕末ミュージアムがあってね…。
友「まさか行くとか言い出さないよね」
…うん、坂があるからね。(一度真夏の時に行ってひどくしんどかった記憶が)
一応今は(何年かに一遍やってくる)新撰組フィーバーではないので。

ということで、寄り道おしまい。清盛ルートに戻りまーす。
高台寺からまっすぐ下って、東大路を渡って一路六波羅蜜寺へ。←今度こそ。
途上にあった六波羅珍皇寺は寺門から覗き見。
宝物館は予約制だからねー。我々の行き当たりばったり的な観光は予約には向かない。時間に縛られるし。
さくさくっと通過。
そして六波羅蜜寺です。
友「銭洗い弁天があるよ」
ほー。お金を洗ってその一部をお賽銭で残してくるんだ。
なるほどねー。昔、鎌倉の銭洗い弁天に行ったときにお金洗ったけど全然貯まらなかったんだよねー。洗ったお金の一部をお賽銭で置いてこなかったからか(苦笑)。
よし、今回はゴシゴシゴシと。
では改めまして、歴史の教科書に載っている有名な清盛像と空也像を観ましょうか。
友「だから私は理系コースだって……」
わかってるよ、おんなじクラスだったんだから。(ちなみに私は文系コース)
互いに足りない部分を補い合ったんでしょ、私たち(苦笑)。

清盛も空也も教科書で見たまんまでした。
ホント、いい顔しているよなあ。ずっと眺めていたいよ。
とはいえそれは許されないので、お次の清水寺へ。
清水寺に着いたのは夕方ちかくだったんですが、まだまだすごい人。
舞台もすごい人だったし、音羽の滝なんか…どんな大手サークルの列だよってくらい凄い行列でした(苦笑)。前に来た時はすんなり飲めたんだけどなー。
友「そういえば、昔はあった巨大錫杖とかなかったねー」
言われてみれば。あれは何処へ行ったんだろう???
ちなみに地主神社に寄ってく?と友人に訊いてみたら、一発却下(笑)。
縁結びのまえに縁遠くなっていくよ、私たち(苦笑)。
拝観後は清水坂でお買い物。
あの、「京都へ来たっ」っていう土産物屋がいいよね。修学旅行の時、散々お世話になった(笑)。そして、それは今も変わらず。


という訳で、2日めは此処で時間切れ。ホテルへ戻って、夕食へ。
この日は前日フラれた伊右衛門カフェに再挑戦。
当日の予約はできないそうなので少し待ちましたが、無事に食べることができました。←この日も面倒なのでコース料理をオーダー。
お茶がとっても美味しかった。
念願の渋い冷茶(レモン果汁入)が出てきたときには「これこれ、これですよっ」って友人に訴えたほどです(苦笑)。
ああ、充実した一日…。

さて、最終日は。
今日行き逃したところへ行くことにしましょうかね。

もういくつ寝ると、

宴発売まであと3日…。
大好き密林で予約したので、どうせ発売日に届かないんだ(苦笑)。
届いたら届いたで次の週から出張だし、出張から帰ってきたら今度は西海から一族が上京してくるしで、落ち着いて宴をやるのは当分先の話になりそうです(泣)。
暫くパッケージ眺めて慰める日々かなあ…。


以下、拍手レスになります。
どうもありがとうございます。

小政話更新

GARDEN:TEXT 365題「335.細胞単位で恋してる」(小政)アップ。


連日の更新になります。
短い話ではありますが………今日は准教授×図書館司書のふたりを更新です。
もうひとつのブログで書いている成政もそうですが、このふたりも大好きな設定です。そして書きやすい(苦笑)。
何の気なしに書いた話が、いつの間にかシリーズできるくらいの勢いになっていました。
設定もどんどん増えているし。(元親とか…)
楽しみにしてくださる方もいらっしゃって……本当にありがたいことですね。


准教授×司書話が結構増えてきたので、BSRページでのカテゴリーを独立させました。
准教授×図書館司書シリーズでまとめています。

家政まつり更新

GARDEN:家政はじめました記念【家政まつり】「ひみつごと」アップ。


お久しぶりの更新です。
先月頭に更新したのが365題のログ格納だったので、きちんとしたものを更新したのはひと月以上ぶりとなります(汗)。
暫くは原稿を忘れてサイト更新に力を入れたい所存です。
尤も、これから来春まで一年で一番忙しい時期に突入するので、原稿の準備も早いとこ始めておかないとなんですケドね。(まあ、でも年内くらいは…忘れても平気/苦笑)
そんな訳で、ひと月以上ぶりの更新は残すところあと2本となっている「家政まつり」です。
今回のリクは家政前提の家梵。
家康と梵天丸の組み合わせはそういえば書いたことがなかったので、とても新鮮でした。
本当はもっと小十郎を殺気塗れにさせたかったんですけどね(苦笑)。
リクエスト、どうもありがとうございました!

以下、リクエストいただいた方へお礼をば。





メガネ…

メガネ情報出ましたね。

小十郎…なんでそのカッコでのメガネに違和感ないんだ。こんチクショウ(笑)。
たぶん今回は買うな。
きっと買うな…。
ちょうどメガネ買い換えたいと思っているところだったからな。


伊達メガネは第一弾より若干フレームが大きいような気がするんだけど…どうなんだろ。
個人的には佐助のがいいなーと思います。
佐助のは買ったら、お店に持って行って度付きのレンズ入れてもらおう。

ありがとうございます!!!

毎日拍手をありがとうございます!
日々の活力とさせていただいております。
目下、家政リクとお誕生日月間リクを同時進行で片付けている最中です。
イベントが終わって俄然サイト更新のやる気が出た模様(苦笑)。
更新まで今暫しお待ちくださいませ。


以下、どうもありがとうございます。
拍手レスになります。

今日こそ清盛めぐりを…(そうだ、京都へ行こう!その4)

2日め。前日と打って変わって朝から快晴。
…そして、夏日(汗)。
この時期の洋服選びが一番難しいんですよ。
地元より気温が低いことはまずないだろうっていうのはわかっているけど、だからって…なにも夏日にならなくたっていいじゃないか(泣)。
あくまでも地元基準で選んだ結果…見事に撃沈。

そんな2日め。
京都観光の本日のテーマは清盛めぐり
建仁寺→八坂神社→六道珍皇寺→六波羅蜜寺→清水寺→三十三間堂というコースをセレクト。
友人、京都の夜はよく眠れたかね。
友「眠れたっ」
そうか。では、今日は健脚でいくぞよ。
友「………っ?!」
一応2日乗車券なるものを買いましたが、なにしろ日曜日。バスの乗車率がハンパねェ…(汗)。
…乗ったら最後、目的地で降りられんかもしれん…。←修学旅行で一度経験済。
友「……がんば、る」
という訳で、四条までは地下鉄でそこから祇園に向かっててくてくSTART!
ところが、祇園に至る道のりが長かった…。
雑貨スキーな友人が道々和雑貨を見たいと言い出し、風呂敷屋だかに3軒寄って。
四条で地下鉄降りて、四条通を祇園に向かって歩いていくだけで2時間近く費やしました。
3軒めだかで50代くらいのご夫婦を見かけたんですが、奥さんが嬉々としている横で旦那がすげーうんざりしているのがやけに印象的だった(苦笑)。
もういい加減にしろ!って文句言ってた。
旦那、旦那。アンタも何軒も付き合わされているクチだねって思いました。あの時、旦那の気持ちがよーくわかったよ。(私も同じだったので/苦笑)
2時間かけて漸く祇園に辿りついて、祇園に来たときは必ず寄ることにしている都路里さんの本店へ。
改装されて随分変わっていました。
茶寮の方は相変わらず行列だったので、諦めて1階でお買い物。ここに来たら必ず買う「都の巽」というお茶をゲット。
そして、いよいよ花見小路を通って建仁寺へ。
(途中エライ競馬新聞手にしたおっさんたちが群れてるなー思ったら、場外馬券場があった/苦笑)
建仁寺の勅使門は、もともと六波羅にあった重盛もしくは教盛の邸の門を移築したものだとか。
また、建仁寺には俵屋宗達の「風神雷神図」のレプリカが展示されています。
(すごく見事で写真撮ったんだけど、フラッシュで光っちゃってダメだった…orz)
さらに、
建仁寺双龍図
法堂の天井に描かれた双龍図も圧巻。
Oh!撮ってみたら、一方の龍が見切れてるじゃないか…orz
他にも秀吉縁の茶室だとか、安国寺恵瓊の首塚があった…。

…清盛めぐり、微妙に戦国に足を突っ込み始める(苦笑)。

建仁寺を出た時点でお昼を回っていたので、そろそろお昼にしようと花見小路をぶらぶら。
さすがにお茶屋さんが軒を連ねているところ。風情があります。
そして、昼とはいえどこも高そう(汗)。一見さんお断り言われそう…。←そんなことはない。
友人が鮨を食べたがっていたんですが、予約を入れていなかった所為でものすごく待たされるらしく、諦めて鰻になりました。
昼から鰻…まあ、いいか。たまには豪勢な昼があっても。
さあ、お昼を食べたんで再びさくさく歩くよ!
八坂神社を抜けて六道珍皇寺…は、堂内の予約を入れていないので飛ばして六波羅蜜寺に行こう。
あそこは空也像と清盛像が有名だよ、友人。
ほら、日本史の教科書にも載っていた…。
友「私、理系コースだったから日本史選択してないもん」
なんとっ?!
そんな訳でてくてくてくてく…。
今回の旅は運動不足の解消になるねえ…などと会話しつつ、
ハッと気が付くとそこは―――


いつの間に高台寺まで歩いてきてたのっ、私たち!?


…うっかり高台寺まで歩いてきてしまっていたのでした(汗)。
六波羅行く予定なのに…。
でもせっかくなので、ちょっと寄り道をば。
プロフィール

安曇

  • Author:安曇
  • 今日も元気に生きてます。
カレンダー(月別)
10 ≪│2011/11│≫ 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ちびギャラリー
 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。