人生楽ありゃ苦もあるさ

日々のつれづれや大好きなものを力いっぱい叫ぶ代わりに書き綴っています。サイト更新情報や、時々BASARA二次創作(小政、家政メイン)も。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

292.雪は全てを隠した【戦国BASARA:家政】

奥州の冬は何処までも白一色に染まった。
人の限界を試しているような、凍てつく寒さに身を竦ませる。家康が育った――と言ってもこれまでの人生の半分ほどは今川と織田での人質生活だったから『育った』と言えるかどうか――三河は温暖な気候で雪など滅多に降らないものだから、奥州の白一色に塗り潰される風景はとても新鮮なものだった。
尤も、容赦ないこの寒さだけは三河人には耐え難い。この寒さだけはどうにも慣れないと泣き言を零すと、鍛え方がなっていないと一様に笑われてしまった。
家康は今、客将という形で伊達軍に身を置いている。
関ヶ原での大戦に終止符を打つまで徳川と伊達は同盟を結んでいたし、あの戦いの折、最後まで家康の一番近くに在ったのは政宗だった。そういうことも手伝って―――という訳ではないが、戦後の仕置もそこそこに政宗の許に身を寄せている。
それを甘えと言われてしまえばそれまでだ。確かに甘えていると思う。東軍総大将として祭り上げられていながら、最後の最後で逃げ出したと謗られても返す言葉はない。
絆を掲げ、絆で世を統べんとこれまで走ってきた。それを友は――友と思っていたのは結局自分だけだったが――偽善と言い、豊臣を裏切った自分を憎み、絆絆と御大層に唱えながらその手で他者の絆を奪ったのだと糾弾した。そして、終には日ノ本を真っ二つに分けて戦うまでに至ってしまった。
どうして分かり合えなかったのか。分かり合うために―――自分は言葉を尽くしたのか。そうする努力をしたのか。
もしあの時、といくつもの分岐点をふり返る度に別の選択をしていれば、或いは現在と異なる未来が待っていたのではないかと思う。別の形の道があったのではないかと思う。あれが自分がとり得る最善の策だったのだと理解しているし、周りの者もそう言ってくれるが、それでもそう思ってしまう。
「わかっているんだがなあ……」
違えてしまったものは戻らないと政宗は言った。家康が信ずる道も三成が信ずる道も―――最初から相容れぬものだったのだと。
政宗はどんな形であれ家康が三成に執着していた――政宗に対するそれとは違う意味でである――ことを知っていたから、その喪失感がどれほど大きなものかを予想していた節がある。それは、彼も同じような感情を味わったからに他ならない。

『動けねェなら無理に動かなくてもいい。その傷が癒えるまで竜の許で―――休ませてやるよ』

だから。
だから甘えさせてくれるのだ。立ち止まって蹲って身動きがとれないだろうとわかっているから。
そして、家康はその優しさに甘えてしまっている。
政宗は厳しい男だ。自らもその喪失感を乗り越えて大きく飛翔したことを考えれば、その優しさで家康に宿木を提供してくれるのも一時のことだろう。いつまでもそれに甘えているのはいけない。
「そろそろ動きださなければいけないということは…わかっているんだ」
白に塗り潰された世界を更に白く塗り潰さんと庭に降り積む雪を見ながら、家康は呟く。ふり仰いだ雪空に向かって吐いた息は真っ白だ。
さくり、と積もった雪を踏みしめて一歩踏み出してみる。
「……冷たいな」
ばたりと仰向けに寝転んでみた。顔に触れた雪が体温の温みで次々に融けてゆく。
足先から指先からじんと冷えて―――このまま雪と同じように融けてしまえれば楽になれるのだろうか。
「Hey,こんな雪の中で何してやがる?アンタ、死にてェのかよ」
「…独眼竜?」
上体を起こすと濡れ縁から此方を見つめている政宗の姿があった。ほんの僅かな時間寝転がったつもりだったのだが―――あっという間に雪塗れという家康の姿に、呆れたように肩を竦められる。
「三河育ちのお前にとっちゃあ雪が珍しいのは仕方ねェかもしれねェが、あまり奥州の雪を舐めるんじゃねェぞ。そんな所で転がってたら…簡単に死ねる」
「あ、うん…そういうつもりではなかったんだが。その、すまん」
「別に謝らなくてもいい。どこのガキでも一度はそういうのやってみたくなるからな」
羽織の懐に手を忍ばせた政宗は肩を竦めて薄く笑った。
「俺もガキの時にやって……小十郎に鬼のように怒られたモンだ」
「独眼竜、」
「そんな所にいつまでもいると本格的に凍えるぜ?早く上がってこい」
ああ、きっと。
これも政宗の優しさだ。
左しか嵌まっていない竜の瞳は―――ひとつきりでも易々と自身の弱さを見透かしているのだろう。見透かしているからこそ、こうして今もまた包み込んで甘やかす。
(敵わんなあ………、)
立ち上がって雪を払った家康は、濡れ縁に佇む政宗の許へと戻ってきた。
無邪気な子供のように手を伸ばし家康の頬に触れた政宗だったが、すぐに引っ込めてしまう。指先を通して伝わった冷気に、彼は顔を歪めた。
「ったく、躰の芯まで冷えきりやがって。まずは風呂だな。話はそれからだ。いいか、ちゃんと温まるまで出てくんなよ?俺に触るのもナシだ」
「ど…っ、」
「嫌ならとっとと温まってこい!Hurry up!」
竜に追い立てられた家康はわたわたと風呂へ向かう。
背後からは彼独特の小気味良い笑い声が聞こえた。

「家康、」
ふり向いた家康の瞳をまっすぐに見据えて、政宗は笑みを浮かべたまま言った。
「こんな雪深い所にも何れは春が来る。雪は融け、水となって流れてゆく―――アンタだったら…わかるだろう?」
「独眼竜………」


きっと―――いつまでも彼には敵わないのだろう。

スポンサーサイト

予約しました!

伊達眼鏡、予約しました!
BASARAウタゲBOXにするかどうか悩んで悩んで悩んで……結局BOXを予約。
まあ、眼鏡ユーザーだし、本数あっても別に困らんだろうという結論。
あとは…もう面倒だったから(苦笑)。←こっちの方が理由としては大きかったり。

限定100セットなんていうものだから、気合入れて予約開始の正午と同時に予約を入れてしまいました。今思えば、それで正解。
届くのが楽しみです。

本日のおしながき

TEXT:クリスマスのための24題(小政、家政、三政、成政)アップ。


昨年12月にブログでクリスマスまでほぼ毎日更新していたアドベント(もどき)企画をサイトにアップしました。
成政は「彼烈火」へリンク、許婚シリーズ(政宗女体化)は最下層行きです。
何本かはちょびっと書き足したりしています。(1~2行のレベルですが)




武将クイズ、その後

先輩から借りている“戦国武将クイズ”。
先日サラッとやってみたら、案の定知識にもの凄い偏りがあることが判明したんですが(=伊達が絡むと全問正解/笑)、どっぷり読んでみたら「あら、面白い」。
クイズの全問正解は早々に諦めたので(←結局6割くらい?)、今は雑学読み物として読んでいます。
話書くときの設定とかに使えないかなとか思いつつ…(苦笑)。

松永先生、爆死前にお灸を据えていたそうな。
腹に刀を刺した途端に中風の発作が起きて、半端な切腹になるのを嫌がったんだって。
で、切腹前に旋毛に艾を乗っけたとか。
三成の柿もそうだけど、昔の人の「死の美学」っていうか独特だなあ。

鎌倉が、

わあ。
鎌倉が世界文化遺産に推薦されることが正式に決定したんだ。
仙台や京都もそうだけど、鎌倉も何度行っても飽きない場所。
その昔、公務員模試をサボってまで遊びに行ったもんなあ(苦笑)。それくらい大好きな場所です、鎌倉は。
宇都宮に戻ってからは、行くまでに時間がかかるのでなかなか遊びに行けていないんですが…暖かくなったらまた行ってみようかな。

悩みどころ

土曜日予約開始の伊達メガネ。
いっそ4本セット(=コレクターズボックス)を予約すべきか思案中(苦笑)。
伊達主従モデルは外せないし、佐助モデルは度を入れて常用するつもりでいるし、松永先生も実は捨てがたい…。
ちょっと高いフレームを買ったつもりになれば…それもまたよし。

そうだよ、欲望のままに欲しがればいいのだよ(苦笑)。←ダメな大人。

今読んでいるビジネス書の中に「一週間のスパンでゴールを定める」という一文があって、ゴールには当然ご褒美をつける訳なんですが、ちょうど土曜日だし、これ実践すればいいんじゃないと思った。←言い訳。

問題は。
予約開始が正午らしいので、友人からのお遊びの誘いとどう折り合いをつけるか…。

本日のおしながき

GARDEN:TEXT 戦国BASARA 「無明恋獄 #05」(小政)アップ。


本日「無明~」の更新になります。
随分前に続きを書き溜めていたのですが、その後原稿モードに切り替わったり、家政まつりを片付けたり、お誕生日月間リクを仕上げたり…といろいろありまして、そのままお蔵入りしていました(苦笑)。
実は今も原稿中で、気が付いた時に更新しておかないとまたもやお蔵に入ってしまうっっっと思いまして。
もう久しぶりすぎてどんな話だったかですよね(苦笑)。←書いている本人が一番問いたい。


…では再び原稿に戻ります。

お酒

私は日本酒党でして、地酒を買っては地下収納庫に仕舞って(なので収納庫はほぼ酒蔵)、時々引っ張り出してはウフフウフフして呑んでいるんですけど。
少し前に調べてみたら、随分本数が減っていて。
かつ、黒龍と並び私の秘蔵の酒扱いとなっていた義侠が消えていて。
おかしい、まだ封も切っていないのに。
私の断りもなく何やらかしてくれたっ?!と両親を問い質したところ、(本当に私の断りもなく)ご近所にやってしまっていたのでした。
しかも半年以上前に…(汗)。
あの時のショックと言ったら…。
以降、他人様に酒を出す時は(必ず)私に断りを入れるというルールができました(苦笑)。
でもそう簡単に義侠の恨みは忘れられず(苦笑)、昨年の11月に叔父が遊びに来た時に、従弟の結婚祝いだと言って収納庫にあったおそらく一番高い酒(こっちは父秘蔵)を気前よく渡してやったのでした。

父「おま…っ、それ一番高い酒…っ」
私「父上、義侠の恨みにございまする!」←ちょっとスッキリ。

そんなこんなで、ますます本数が減ってきたため、正月早々在庫増やし。
大好き密林で物色していたところ、素敵な日本酒がっ。
その名も大和川双龍!!!
全ての人を幸せにする酒、というキャッチフレーズ。
そうだよっ、幸せだよ。双竜好きはみんな幸せだよっっっ、これ(笑)。
ということで、即ご購入。
幸せ満喫です。

双龍

という訳で。我が家にいらっしゃった双龍を記念撮影。
ちょっと見切れちゃったのは、冬コミでいただいたノベルティ。
どんな味だろ。私好みの辛口だといい。(日本酒度+4だから辛口)


絆

こっちは地元の日本酒天鷹の〈絆〉。←正式名称は「ふるさとの絆」。
「ふるさとの~」は意図的に省略しています(笑)。だって家康。
なので、徳川の家紋グラスがお供。



大人ってこういう楽しみがあるからいいよね(苦笑)。

お願いだから、

お昼ごはんをもぐもぐしている時に隣で仕事の話を延々するとか、←答えることができない。
同じくもぐもぐしている時に「プリンターのトナーがなくなっちゃったから換えて欲しいな」とか、お願いだからやめてくれっっっ!!!!!
…と叫んでみる。(心の中で/苦笑)

うちの上司連中はどうもそういう傾向があります。
昼休みとか…まあ、昼休みに限らず時間の概念があまりない模様。(これって本省クオリティなんだろうか…。)
今の私は昼休みが貴重なんですよ。
昼休みは…原稿時間なので(笑)。

午後のモチベーション

ただいまセンター試験2日目、お昼ごはん中です。
お昼に配られるお弁当が午後の士気の上下を大きく左右するんですが、

昨日は当たり、今日はハズレ

という感触。
昨日は割烹料理屋(昨年に引き続き)のお弁当だったので寒い午後も大変頑張れたのですが、今日は残念な感じだったので以下略…(苦笑)。
監督者の先生方が「今日は事務方の弁当の方が豪華だよ」って口々に言ってたので淡い期待を抱いたのがマズかった。(監督者と事務方のお弁当は種類がチガイマス)


……豪華なのは“外箱”だったという(苦笑)。←「大きい=豪華」という幻想。或いは質より量、的な何か?

センター試験ですよ

正月休みが終わると、ホントもうすぐにセンター試験なんですよね。
気が付いたら、明日は試験当日だし。←今日は学内中で試験会場設営。
受験生の皆さんは今日はゆっくり休んで、明日は余裕を持って試験会場までいらしてくださいね。

明日は夜明け前出勤です…orz
(今年のシフトは殺人的で困る(苦笑))


以下、拍手レスになります。
本当にどうもありがとうございます。

全問正解はしていません(苦笑)

先輩が「面白い本を見つけたぜー」と言って貸してくれた“戦国武将クイズ”。
「仮にも歴女なら全問(=92問)正解してみやがれ」
と売り言葉を言ったので、買い言葉で
「おうっ!」

サラッと読んでみた限りでは私の知識は思いっきり偏っていました(苦笑)。
ま、しょうがないよね。
なんとなく予想できたけど。

先輩「お前…本当に伊達に偏ってンな」

ええ、否定しませんとも(苦笑)。


春に向けて

春に向けて原稿をはじめました。
まずは小政から。
今ぐらいから始めないと、忙しくなっていつ書けなくなるかわからない時期に突入しているので。
あと、仕事の合間が一番捗るということもあるし(苦笑)。


ガンバリマス。


清盛ーっっ!

昨日から始まった大河「平清盛」。
久しぶりに正座でじっくり見入ってしまった(苦笑)。
「龍馬伝」は殆ど見なかったし(←倒幕派じゃなくて佐幕派が好きなので)、「江」に至っては安っぽすぎて「あれは大河のレベルじゃないだろう」という感じの話だったので論外。(←突っ込むところが多すぎてもうどこから突っ込めばいいのか…。)
なんで「坂の上の雲」を大河でやってくれなかったんだーっと昨年はそればかり思ってました(苦笑)。
そんな、個人的残念な大河の後の清盛。
本当に久しぶりに1年通しでじっくり見られそうな気がします。
重厚でかつ丁寧な話の運びに期待大!
戦国時代が大好物ですが、あの時代も大好物。
あの時代から鎌倉幕府滅亡の1333年まで超大好物(平家と北条家スキー)でして、一時期(個人的趣味により)もの凄く勉強したから見るにあたって予習は要りません(苦笑)。
白河、鳥羽、後白河、崇徳あたりに藤原摂関家、源氏、平家の相関図も凡そ憶えているし。
個人的趣味により(無駄に)得た知識が今になって役に立つとは(笑)。

あの時代における武士の立ち位置もよく描かれていたと思います。
あの頃の武士って院の警護とかがメインだもん。「王家の狗」とはよく言ったもの。

ちなみに。
私の好きな平教経を誰がやるのか…そればかりが気になります。何度も言うようですが。
そもそも出るんだろうな、教経。



以下、毎日拍手をありがとうございます。
遅れ馳せながら、拍手等レスになります。


いろいろ更新しました

GARDEN:TEXT 戦国BASARA「1226」(家政)アップ。BOOKMARK更新。オフラインページ設置。


突貫でサイトをいろいろ弄ってみました。(なんかサイト改装はムリっぽい…(汗))
BOOKMARKにこっそり足を運んでいるサイト様を。本当はもっとたくさん貼りたいんですが、まあこう…徐々にねという。
あとオフラインページを設置しました。
オフラインページを設置して小政本を実は8冊発行していたことが判明。何度数えなおしても8冊なんだけど、「わすれなぐさ」の発行No.が7になっている…orz←新年早々なんてことに気が付いたよ。
次回発行本の発行No.は9になる予定です。

家政話は12/26の旧暦家康誕生日にひっかけたお話です。
12/25までは「26日は家康の誕生日っ」て覚えていたんですけど、アドベントもどきが終わってほっとしたのですっかり忘れてしまいました…(汗)。
考えてみればもう一回新暦(1/31)のチャンスがあったんだけどね。

トラックバックテーマ 第1348回「1月のイベントと言えば?」

今年初トラバです。
1月のイベントといえば、箱根駅伝やら天皇杯やらいろいろあるんですけど…。
でも一番のイベントといえば、


センター試験


に尽きてしまうんですが(苦笑)。←これ以上のイベントが最早思いつかない。
今年ももうすぐやってきます…。

64.猫の目が笑う【戦国BASARA:小政】

畳の上に寝そべり、立てた肘を支えに頬を乗せた政宗は「なあ」ともう一人の自分を呼んだ。小十郎がこの場にいれば、気の抜け切った今の姿を見咎めて小言を言われるところだが、幸いなことに小十郎はこの場にいない。いるのはこの部屋の主―――政宗が二人である。
どういう奇蹟でこうなったのか、数日前に突然十年後の政宗が現れたのだ。彼の言葉を信ずるならば『飛ばされた』そうで、いつ元の時間軸に戻れるかも知れないということで現状を楽しむことにした。
切替が早いのは政宗の美点でもある。
「An?」
「そっちの小十郎って…アンタが十年後の俺なんだから、その十歳年上だということは…三十九なんだよな」
「Ya.」
好奇心たっぷりに輝く隻眼に視線を当て、もう一人の―――十年後の政宗はニヤリと笑った。その笑みは悪戯を思いついた悪童のようなそれだ。同一の人間なのだから互いの考えていることなどお見通しである。究極の以心伝心で大変助かる。
「三十九の小十郎って、どんな感じなんだ?」
そうだなアと呟いた政宗は暫く遠くを見るような目をした――たぶん三十九の小十郎の姿を脳裏に思い浮かべたのだろう――後、徐に紙と筆を要求してきた。
「おい、何をするつもりだ?」
素直に文机に一式を用意してやると、手許を覗き込む政宗の傍らで黙々と墨を摺り、紙面に筆を走らせ始める。
「ま、こんな感じだな」
「Wow,」
もう一人の政宗が描いたのは、小十郎の似顔絵だった。政宗から見たら二十歳年長の小十郎である。
写し絵ではないので細部まではわからないが、さすがは多趣味な己である。簡単な描き方でも雰囲気は充分にわかるものだった。
「…渋いじゃねェか」
「Yeah.色気と渋さがイイ具合に混ざって凄いぜ?歩く凶器みたいなモンだ。お蔭でどうにも腰が疼いて仕方がねエ」
「Oh,そんなに凄ェのか?」
「凄ェもなにも。お前からすりゃア今の小十郎だって凄ェだろうが、十年経つともっと凄ェぞ。テクからナニから半端ねェ。今のお前じゃすぐに腰が砕けてknock downだろうよ」
自分自身に子供扱いされて思わずむっとする。それでなくとも小十郎との如何ともしがたい年齢差は政宗の中で大きなもので、日々足掻いているのだ。
焦りにも似たその想いは当然もう一人の政宗にも伝わっている筈である。彼だって同様に想ってきたのだから。
「Ha-ha,お前の想いは誰よりも俺がよくわかる。だって“俺”なんだからな。なに、お前だって十年経ちゃア嫌でも思い知るさ。三十九の小十郎は凄ェってな。ま、そん時俺は四十九の小十郎の味を知ってることになるけどな」
「Shit!“俺”にガキ扱いされるなんざ面白くねェ」
「Han,拗ねんなって。でも、考えてみろよ。俺がこっちに飛ばされたってことは、お前が向こうに飛ばされるってことだってあり得るんだぜ」
口をへの字に曲げて拗ねている政宗にぐいと顔を近づけて、もう一人の政宗はとろり、と嗤ってみせた。
なるほどそういうこともあり得るのか。
「Fum…」
「な。だから、その日が来るまでコイツをお守り代わりに持っておけよ」
そう言って、もう一人の政宗は先刻手ずから描いた小十郎の似顔絵を政宗に与えた。まじまじともう一度描かれた小十郎を見つめてからThanksと礼を述べ、きちんと折り畳んで懐へ仕舞う。
「政宗様方、此方においでですか?」
障子戸の向こうから小十郎の声が聞こえた。「ああ、いるぜ」と二人の政宗の声が仲良く重なる。
綺麗な所作でスと戸が引かれ、端座した小十郎が現れた。
今でも充分見惚れる男ぶりである。これが十年後もっと凄くなる、ということなのだろうか。
傍らの年長の政宗に眼でそう問えば、彼はそのとおりだと言わんばかりに左眼を緩く撓めてみせる。今でも充分凄いのだが、十年後更に凄くなるというのなら―――確かにそれは凶器だろう。
楽しみなような怖いような。
「どうなされました?」
「いや…、ちィと俺同士、十年後の楽しみについて語り合ったのさ。なあ、政宗?」
「ああ、まあ…な」
然様にございますかと少しばかり訝しげな眼差しで答える小十郎に向かって、二人の政宗は示し合わせたようににこやかな笑みを浮かべたのだった。



始動。

今日から出勤です。
あと三日ぐらい休みたい…と言ったら、それじゃあ休み明けに仕事に行きたくなくなるだろと言われました。ご尤も(苦笑)。

年末年始休暇の間に溜めこんでいたことを全部片づけられるかなーと思っていたら、案の定無理でした。
サイト改装とか話を書くとかいろいろ企んでいたんですけど、企んだだけに終わりました。
6日程度じゃ何もできないよね(苦笑)←殆ど友人と遊んでいた所為。

話を書いたりネタを練ったりするのは、寝る前と何故か仕事中が一番捗るので今日からが勝負です(笑)!


あけましておめでとうございます

GARDEN:お誕生日月間リクエスト「みんな愛のせいね」(小政)アップ。


あけましておめでとうございます。
今年も元気に小政道と家政道を突っ走りたい所存です。
どうぞよろしくお願いします。

さて、2012年の第1本目はお誕生日月間リクです。
今回のリクエストは『小政で19歳の政宗と29歳の政宗が一緒に出てくるお話』。
19歳淡い色香漂う政宗と29歳〈魔性〉政宗という両手に花状態の小十郎の話です。まさにハーレムですね。いろいろ搾り取られそうですが(苦笑)。
梵天と政宗だと小十郎を取り合いしそうですが、19政宗と29政宗だと仲良くシェアしそうだなあと思います。
ああ、でも取り合いver.でも面白かったかもしれないな…。
(この延長で政宗同士の企み話と19歳政宗が39歳小十郎の許へ飛ばされる話を書きたくなったので取り合いver.はやめました)
リクエストどうもありがとうございました。

以下、リクエストいただいた方へお礼をば。
プロフィール

安曇

  • Author:安曇
  • 今日も元気に生きてます。
カレンダー(月別)
12 ≪│2012/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ちびギャラリー
 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。