人生楽ありゃ苦もあるさ

日々のつれづれや大好きなものを力いっぱい叫ぶ代わりに書き綴っています。サイト更新情報や、時々BASARA二次創作(小政、家政メイン)も。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

304.縋りつく幼さ【戦国BASARA:小梵、小政】

城内が端午の節句の準備をしている。武家の子が強く、そして逞しく健やかに育つようにとの願いを込めて。
伊達家のそれは豪勢だ。こんなところにさえ伊達輝宗の我が子に対する愛情の深さが窺える。
小十郎は異父姉の喜多とともに幼き主の部屋にて節句の準備をしていた。喜多は菖蒲の花を生け、その傍らで小十郎は幼き主をもてなすための粽を用意している。
以前に比べれば随分好き嫌いが減ってきた主は、毎年この日に食べる粽をことのほか楽しみにしていた。
ぱたぱたと軽やかな足音が聞こえてくる。
「小十郎っ、」
「これは…梵天丸様」
息を切らし、頬を紅潮させて現れた梵天丸を片倉姉弟は笑顔で出迎えた。
「如何なされました?」
まあまあお顔を真っ赤にされて、と菖蒲の花を手にした喜多がにこやかに云う。
そんな彼女に急いでやってきた理由を告げるのももどかしいのか、梵天丸は小十郎を真っ直ぐ見るや、単刀直入に云った。
「小十郎っ、梵天は昨年よりもおおきゅうなったか?」
饒舌な左の眼がきらきらと輝いている。
「大きくなられましたよ」
「本当かっ?」
「ええ。梵天丸様のご成長は小十郎が一番存じ上げておりますゆえ」
梵天丸を相手に偽りなど元より云うつもりもない。傅役として傍に仕えてから誰よりもその成長を感じているのは、他ならぬ小十郎だからだ。
本当に?となおも訊く梵天丸とて、もちろん小十郎の言葉を信用していない訳ではない。
「ならば、梵天は昨年よりどれくらいおおきゅうなった?」
梵天丸が小十郎の着物の袂を掴んで、催促するように云う。彼は『知りたいと思うこと』に貪欲だ。
「小十郎っ、」
どれくらい大きくなったのか知りたいのだ、と梵天丸は柱についた傷を指差した。
それは毎年この日に梵天丸の身の丈を測るためにつけている傷だ。
当初は高価な木質を使った柱に傷をつけるなどと家臣として至極真っ当なことを云って難色を示した小十郎だったが、主である梵天丸に結局のところ押し切られてしまったのだった。
小十郎、と急かす梵天丸に苦笑を浮かべて立ち上がった小十郎は、梵天丸の手を引いて彼を柱の前に立たせた。
懐から扇子を取り出す。
「暫しじっとなさってください」
うむ、と神妙に頷くその姿が愛らしい。
「背伸びは駄目ですよ?」
「わ、わかっているっ」
クスクスと笑いながら、小十郎は昨年つけた傷よりも少し上の位置に扇子の柄で傷をつけた。
「梵天丸様、今年の傷は…ほら、此処になります」
昨年よりも随分と大きくなられましたな。
改めて感慨深く小十郎がそう告げると、梵天丸は嬉しそうにそして擽ったそうに笑った。


密かに笑ったつもりだったのだが、背中に振動が伝わったらしい。小十郎?と訝しげな声がした。
見れば、己に背中を預ける恰好の政宗がやや仰け反る体勢で顔を仰向けている。
「どうした、小十郎」
「いえ…少々昔が思い出されました」
「What?」
「随分おおきゅうなられましたな、政宗様」
「Gee,いつまでもガキ扱いすんじゃねェ」
抗議の代わりか、政宗の伸びた手が悪戯に頬を抓る。
その手を窘めて。
あの頃はすっぽりとこの腕に収まっていた小さな龍だった。
その小さき龍は。猛々しい〈独眼竜〉となり、天を呑む勢いでこうしている〈今〉も貪欲に成長を続けている。
いつの間に。
いつの間にこんなに成長したのだろう。
「小十郎」
政宗の手がするりと小十郎の首裏に回った。小十郎はぐいと引き寄せられるままに、仰向いた彼の唇に触れた。
「今日が端午の節句ゆえかもしれません」
「端午の節句か。そういやガキの頃は毎年お前に『どれくらい大きくなったか』確認してたんだっけなァ」
「ええ。毎年『今年はどれくらいか』と…あの柱に証拠が刻んでありますよ?」
政宗の居室の柱の傷は彼の成長の証でもあるのだ。
暫し懐かしそうにそれを眺めていた政宗は、徐にくいと小十郎の袂を引っ張った。
「政宗様?」
「今年の俺はどれくらい大きくなった?」
なあ、小十郎?
甘えるように。
政宗は瞳を眇めた小十郎にそう問い掛けた。



今日は『端午の節句』ということで…柱の傷は一昨年の~♪ver.の小政をお届けです。
合戦がなければ、きっとこんなカンジで過ごしてる。

イイデスヨネ、五月人形。
子供の頃から憧れでした(笑)。
なんでウチは雛人形なんだろう…と本気で思う子供でした。>それは(一応)女の子だから…。
雛人形はいらないから、五月人形を買ってくれ!と本気で云う子でしたよ?

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://sinners.blog13.fc2.com/tb.php/1008-419476a9
プロフィール

安曇

  • Author:安曇
  • 今日も元気に生きてます。
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ちびギャラリー
 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。