FC2ブログ

人生楽ありゃ苦もあるさ

日々のつれづれや大好きなものを力いっぱい叫ぶ代わりに書き綴っています。サイト更新情報や、時々BASARA二次創作(小政、家政メイン)も。 

という訳で、日生劇場に行ってきました!

昨日、真夏の東京へ行って参りました!
目的は…『舞台 眠狂四郎』。
随分前に(少なくとも異動の話が出る以前/苦笑)FC優先でチケットを取って、実は昨日は打合せがあったりしたのを全部足蹴にして、いそいそと出掛けたのでした(苦笑)。


時代劇の場合、まず役者さんの殺陣がどんなモンかが気になるんですが。
子供の頃からご老公だの将軍だの金さん必殺だの…まあ、テレビでいろいろ見てきているので、殺陣で腰が入っていないとガッカリきちゃうんですね。
なので、つい舞台でも役者さんの流れるような殺陣を期待してしまうワケです。時代劇スキーとしては。
(きっと互いの呼吸を合わせるまで相当稽古を積むんでしょうけど。>見事な殺陣は稽古の賜物でしょうが。)
なんかねー、腰が入っていない状態で、上体だけで得物を振り回されても興醒めなのですよ(苦笑)。
という訳で。
まず、がくっちの芝居というか…がくっちの殺陣に興味があったのですが。
うん。個人的な感想としては、殺陣はあと少しもう少しかなぁと思うのです。
もうちょっと腰が入ると完璧だと。
そういや、大河の謙信様は…あまり殺陣なかったしなあ。
時代劇の俳優さんじゃないからあれだけでも充分かもしれませんが…アレ?私、ひょっとして片岡孝夫氏とか市川雷蔵氏とかの眠を基準にしてる?!
幕間を挟んだ第二部の終盤はずっとがくっちの殺陣で魅せてくれたんですけど、きっと場数を踏めばどんどん上手くなっていくんでしょうね。
(仙台公演あたりをもう一度観てみたい気がする。)


抜刀から鞘に収めるまでの一連のあの動きを文字に起こせたら、凄い表現力になるよな…と思いつつ、殺陣のシーンは観ていました。



Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://sinners.blog13.fc2.com/tb.php/1021-604bf525
プロフィール

安曇

  • Author:安曇
  • 今日も元気に生きてます。
カレンダー(月別)
11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ちびギャラリー
 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●
ブログ内検索
RSSフィード
リンク