人生楽ありゃ苦もあるさ

日々のつれづれや大好きなものを力いっぱい叫ぶ代わりに書き綴っています。サイト更新情報や、時々BASARA二次創作(小政、家政メイン)も。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

男たちの大和

…を観に行ってきました、昨日。
終始涙腺がぶっ壊れっぱなしで、我ながらよもやここまで泣くとは思っていなかったので、映画館を出た後は速攻で家に帰ったのですが(苦笑)。>まさに、想定外。
以下感想なのですが、個人的にいろいろと考えさせられたので。
あくまでも個人的な考えです。
<ローレライ>を観た時も強く思ったんですが、日本人ってもっと「昭和史」を勉強すべきだと思うのですよ。受験のスキルとは切り離したところで、「昭和史」を勉強すべき。愛国心とか、そういうものとは別にして。
昭和史ってどうしても戦争…というか暗部と絡んでしまうので蓋をしたくなるような傾向があっても仕方がないかもしれませんが、日本がどういう経緯を経てああいう愚に走ったのか(もしくは、走らざるを得なかったのか)を客観的に知ることは必要だと思うんです。無論、あの戦争は一方的に被害者、一方的に加害者という訳ではなく、他国に対して日本は加害的立場にあったのも事実で、そういう暗部も含めて知っておくべきだと思います。その上で、自分達はどうしていけばいいかを考えることも必要。
「歴史は繰り返す」という言葉があって、けれど<戦争>に関してはその言葉を肯定しないために、過去を知ることは大切だと。

言葉として巧く纏まりませんが。
たった2時間の映像の中で、そんなことを考えさせられたのでした。
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://sinners.blog13.fc2.com/tb.php/107-50cde549
映画の情報サイト、フィルムナビです。当サイトの男たちの大和 YAMATO情報のページから、このブログへリンクをはらせて頂きました。他の映画の感想など書かれた時には、お気軽にフィルムナビの方へもトラックバックして下さい、お待ちしております。 2005.12.19 19:05
3000人の乗組員の多くは少年兵であったらしい。 まるでタイタニック事故前の描き方のように感じるほど穏やかに、そして凛とした訓練風景が描き出されながら、乗組員たちの様々なエピソードが盛り込まれていく。 特に母が子を思う気持ちの描写には泣かされた。 泣かすエ 2005.12.21 18:27
●『男たちの大和 YAMATO』2005年12月17日公開。公開まで後一ヶ月。なんだか地元広島では盛り上がりつつあります。呉の大和ミュージアムもかなりの動員があるらしいです。同日公開になった強敵『キング・コング』とどう勝負するのか?(その前にハリー... 2005.12.22 16:26
『男たちの大和/YAMATO』話題の映画を観てきました。感じたこと・・・。戦争って何だろう?誰の為に?何の為に?人類は遙か昔から戦争を繰り返してきた。国を守る為・己を守る為、威信と誇りを懸けて。そして今も世界のどこかで... 2005.12.24 03:42
随分これを書こうと思うのに時間がかかりました。何もわかっていない、何も行動しない 2005.12.26 21:40
YAMATO浮上!-ドキュメント・オブ・『男たちの大和/YAMATO』- ?「男たちの大和 YAMATO」正月映画の中で、製作発表時から、ダントツ期待値が高い2作品、「キング・コング」と?「男たちの大和 YAMATO」どちらも期待を裏切らない、素晴しい出来ばえだった。 2005.12.27 20:57
「敵機は、1秒間に160mの速さで突っ込んでくる。死んだら戦えん!生き抜くために、戦うんだ!」1945年4月6日3333名の男たちは、最強最大の不沈戦艦大和と共に、決戦の海へと向かった・・・「大和は沖縄に行くんじゃろ。死んじゃら... 2005.12.28 02:12
「男たちの大和」を観に行きました。「LORELEI」や「亡国のイージス」を観た僕としてはこういうたぐいの日本の映画は、ちょっとガッカリする部分が多いのであんまり期待してなかったんですが、そんなどころじゃなかった。俺の中で、日本の映画で一番心に残る... 2005.12.30 17:18
2005年12月17日(土)。お正月映画がいよいよ始まりましたね。CMが沢山流れている「男たちの大和/YAMATO」も、封切りです。(オフィシャルWEBサイト(http://www.yamato-movie.jp/))長渕剛の歌も耳に残ります。。。男たちの大和/YAMATO↑こちらは書籍。 2006.01.01 14:13
 2005年12月19日『男たちの大和/YAMATO』観賞レビュー!2005東映[上映時間] 145min(2時間25分)★オフィシャルサイトhttp://www.yamato-movie.jp/ ★フォト★キャスト★スタッフ★人物相関★制作秘話★男たちの大和/YAMATO」は実写部分のすべてのシーン 2006.01.01 22:20
今年一本目の邦画は俺たちの大和にしました。前々から長渕の『CLOSE YOUR EYES』が耳について早く見なくては洗脳されてしまう~って思っていた映画です。それに反町隆史のファンなんですよね。昭和19年の春。特別年少兵として戦艦大和に乗り込んだ神尾たちは、憧れの... 2006.01.12 16:25
プロフィール

安曇

  • Author:安曇
  • 今日も元気に生きてます。
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ちびギャラリー
 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。