人生楽ありゃ苦もあるさ

日々のつれづれや大好きなものを力いっぱい叫ぶ代わりに書き綴っています。サイト更新情報や、時々BASARA二次創作(小政、家政メイン)も。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

345.突き落とした、背中【戦国BASARA:小政】

(舐めた真似をしてくれる───ッ)
どんな時も己の背を護っていたのは小十郎だった。
先陣を切って合戦場の渦中に飛び込んでも、接近戦に持ち込まれても、必ず傍らには小十郎が居て、己がいつ如何なる時も前に進めるよう、この背を護ってくれた。
『政宗様の背中はこの小十郎がお護りいたしますゆえ、存分にお暴れください』
だから、己は一度として背後を気にすることなく常に前を───天下を見据えて進むことができたのだ。
それを。
「右目を奪われた途端このザマか…。Coolじゃねェな」
ギリと唇を噛む。
小十郎が豊臣軍に囚われたのと、一時は恭順を示した筈の津軽・南部・相馬が突然叛旗を翻して伊達に侵攻を開始したのはほぼ同時。
その侵攻の裏に豊臣がいるのは間違いない。
〈右目〉を奪われた竜など怖るるに足りぬ───そう唆したのだろう。
実際片倉小十郎という軍師を欠いた伊達軍の戦い様は、緻密さに欠け、力任せの単調なものだった。
侵攻の裏に豊臣軍の存在を疑いながらも、三軍に正面切って対抗するよう自軍の勢力を均等に三等分にする策を取ったのは、他ならぬ政宗自身である。
それらが総て陽動で、主力が豊臣軍軍師竹中半兵衛の率いた葦名軍にあったとは───戦局を見誤った己を悔やむしかない。
小十郎であればもっと慎重に軍を動かしただろうに、或いはこれが陽動と看破しただろうに、と摺上原で対峙した半兵衛は嘲笑った。
右目を削がれた竜など地を這う蛇も同じ、と。
『伊達軍は…そう、政宗君が動かしていたというより片倉君が動かしていたようなものだからね。これで証明されたよ。その片倉君がいない今、君達は最早秀吉の敵にもならない』
『ふざけたコト云ってンじゃねェ!』
六爪が獲物めがけて唸った。
半兵衛の得物は珍しい関節剣と呼ばれるもので、鞭のように振り上げては六爪の鋭い攻撃を防御していく。縦横無尽、自在に操るそれは遠距離攻撃に向いているようだ。間合いを詰めて懐に潜り込む、というのは難しい。
(Shit!)
しなやかに撓りながら迫る剣先を薙ぐようにして躱したが、細身の躰のわりに半兵衛が繰り出す攻撃は存外重かった。
『ほら、背中がガラ空きだよ?政宗君?』
『───っ?!』
フワリと半兵衛が嗤った。
と同時に半兵衛の手首が返される。
一瞬───何が起こったのか判らなかった。
翻った蒼い陣羽織の背がスッと一筋裂かれる。
小十郎が護ってきた背、に。
それは小十郎がいないという事実を突きつけられたようなものだった。
竹中半兵衛なんて聞いたこともねェと侮った相手に不覚をとったという衝撃よりも、今この瞬間に小十郎が己の傍にいないという衝撃の方が明らかに上回った。
小十郎がいない。
小十郎が。

「舐めた真似をしてくれる…っ、」

あれは己の〈右目〉だ。豊臣如きに易々とくれてやる訳にはいかない。
(小十郎───)
小十郎は返してもらう。そのついでに豊臣を叩く。
竜の棲む地で断りもなく好き勝手なことをしてくれた、その礼はきっちりと返してやる。
「筆頭、出陣の準備が整いやした」
「All right.今行く」
陣羽織を羽織る。
新たに用意されたものではなく、敢えて背を斬り裂かれたそれを選んだのは、自身の戒めのため。
この屈辱を忘れぬよう、魂に刻み込んでおくため。
「小十郎…」
小十郎が豊臣軍に拉致された際に唯一現場に残されていたという彼の愛刀〈黒龍〉。
その刀身に刻印された彼の想いと覚悟を胸に、六振りの刀のうちの一本として腰に帯びた。
カチカチと鞘鳴りするのは〈主〉が恋しい所為だろうか。
(Ok,待ってろよ。お前の主にすぐに逢わせてやる。それまではこの俺の〈力〉となってくれ───)
愛おしげに黒龍が収まった鞘を撫でる。
そして前を見据え。
「Ok,guys!出陣だ!」
その左眼には焔が宿っていた。



2話を見た後に妄想滾って書いていた話。
アップをするのを忘れたまま…はや2週間が経っておりました(汗)。
むしろ小政万歳的な勢いの今度の日曜日(=5話)の妄想が止まりません…。



Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://sinners.blog13.fc2.com/tb.php/1093-a0c4eb40
プロフィール

安曇

  • Author:安曇
  • 今日も元気に生きてます。
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ちびギャラリー
 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。