FC2ブログ

人生楽ありゃ苦もあるさ

日々のつれづれや大好きなものを力いっぱい叫ぶ代わりに書き綴っています。サイト更新情報や、時々BASARA二次創作(小政、家政メイン)も。 

観てるこっちが恥ずかしかったのはなんでだろう

連載当時「LaLa」読者だった友人をお誘いし、昨日「花咲ける青少年」の舞台を観に行ってきました!

「へー、『花咲ける~』って連載は20年以上前の話だったんだねえ、友人」
「そんな昔の話なんだ?…って、そしたら『永遠のハタチ』を自称する私たちと計算が合わなくてよ」
「………」
「………」
「ほほほほほ、」
「ほほほほほ、」

というやりとりはともかく。


基本的な感想として。
あれは、予備知識として原作かアニメかを知っていないと…ついていくのが難しいのかなあと思います。
一幕がユージィン編、二幕がルマティ編(そしてつづく…)でいきなり話が展開するので。
登場人物の関係が複雑なんだ…。
さらにオープニングにルマティ役の大河君がいきなり出てきて
「お前に求婚するぞ、キャサリン!」
と舞台の登場人物でない女性の名前を叫んだりするので(あれはルマティじゃなくて祖父のマハティだってわかれば繋がるんですけど)、話自体を知らないと導入から「???」かもしれません。
あと、途中途中に歌が入ったりしまして…。
舞台そのものがミュージカルだったっけか?と思わず首を傾げてみたり(苦笑)。
(流れの中で無理にここで歌を入れなくても…というのがあったりするワケです。)
あと、展開早っ。

役者さんについてはイメージを崩さない方ばかりで個人的には○でした。
花鹿役のAKIRAちゃんが可愛かった。
声も良く出てるし。
ま、もともと私は久保田立人目当てで観に行ったようなものだしな(笑)。
あと、曹(高山さん)と寅之介(栩原くん)の掛け合いは楽しかったです。あの二人が揃うと舞台のお笑い担当みたいだった。

お話は第二幕ルマティ編の途中で終わりました。
来年2月の舞台に続く!だそうです。もの凄く途中。
まー、原作を考えればそうだろうな。次回はカールが出てくる模様。
というか、来年2月の舞台で終わるんだろうか…。


終演後。
カフェでまた~りしながら、友人と感想交換。
「とりあえず原作読み直したくなったねー」
「雅ちゃん、貸して」
「あ?友人こそ貸してよ、そっちが持ってんでしょ」
「持ってないよー。私、高校の時借りたモン」
「…誰に」
「…わかんない。樹さんなら大抵雅ちゃん持ってたじゃん」
「…」
「…」

とりあえず、家捜ししてみよう…(苦笑)。



Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://sinners.blog13.fc2.com/tb.php/1147-42c3e913
プロフィール

安曇

  • Author:安曇
  • 今日も元気に生きてます。
カレンダー(月別)
07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ちびギャラリー
 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●
ブログ内検索
RSSフィード
リンク