人生楽ありゃ苦もあるさ

日々のつれづれや大好きなものを力いっぱい叫ぶ代わりに書き綴っています。サイト更新情報や、時々BASARA二次創作(小政、家政メイン)も。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

家康…家康…いえやすぅぅぅ!(そうだ、京都へ行こう!その2)

彦根城に向かう前に。
この彦根城博物館。復元された表御殿の表向を展示スペースにしています。
井伊家の美術工芸品や能衣装、古文書などが展示されていまして、大概こういうところに行くと甲冑やら刀剣やらの展示スペで動かなくなります(苦笑)。
もうねー、いつまでもいたっていいよ。
友「ほら、奥に奥向御殿があるからさっさと行くよ!」
はーい。
で、奥向。いわゆる藩主の生活スペース。御座之間とか…ついつい畳の枚数を数えてしまう庶民(苦笑)。←うーん、八畳かとか。
いろいろ参考になりました。主に創作の上で。いつか描写等々に反映できればいいなと思っています。

さて、改めて彦根城へ。
修学旅行の時の彦根城の思い出といえば…天守閣までやたら長く続く(殺人的な)階段お腹を空かせた白鳥に手を噛まれそうになったことで。
その思い出どおりに続く階段を雨の中やや重い足取りで。ティーンな時代ならいざ知らず、運動不足気味の現在はやたら堪えるのですよ。
途中、天秤櫓で企画展をやっています。

甲冑で見る武将たちの関ヶ原展

甲冑でみる武将たちの関ヶ原
ひこにゃんに逢うのもそうだけど、この企画展を見たかった!←主目的。
東西両軍に分かれて戦った武将の甲冑(レプリカ)を展示しているのですっ!
なので…

家康

家康とか…

三成

もちろん三成も。
西軍には幸村や愛の人の甲冑もありました。
東軍は官兵衛とか忠勝とか…。(写真がないのは容量オーバー気味だったため←ひこにゃんが効いた…/汗)
そして、肝心な伊達がなかったのは…関ヶ原の時は在国だったからかな?いや、でもそれを言ったら上杉もだしなー。
展示の基準は何なんだろう?
更にこの特別展。
甲冑無料体験コーナーがあります。

友「やる気?」

もちろんだとも!
体験してみますかー?というお姉さんのお声に
ええ、ゼヒやらせてくださいっ。
三成と左近と直政がありますか…
モチロン、三成でっ。(即答)
あとで調べて知ったんですが、甲冑体験はセルフとベーシックとマニアックの3パターンがあった模様。私のはセルフだな、たぶん。(装着時間5~10分)
ちなみに。
胴丸と陣羽織、兜の装着でした。それで、太刀持って記念写真という。
どうせならマニアックでいきたかった…。
なお、変身後。
「い~え~や~すぅ~」
と言って遊んでいたのはお約束(笑)。


さあ、そろそろ天守を目指そうではないか。

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://sinners.blog13.fc2.com/tb.php/1427-c9592fed
プロフィール

安曇

  • Author:安曇
  • 今日も元気に生きてます。
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ちびギャラリー
 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。