人生楽ありゃ苦もあるさ

日々のつれづれや大好きなものを力いっぱい叫ぶ代わりに書き綴っています。サイト更新情報や、時々BASARA二次創作(小政、家政メイン)も。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

314.君がくれた絶望【戦国BASARA:家政】

些か羽目を外し過ぎたという自覚はあった。
クリスマスイヴという―――それこそ恋人と盛り上がるには絶好の日だというのに、恋人より友人を取ってしまうあたり、此処にいる連中は女子から恋人失格の烙印を押されるに違いない。けれど、烙印を押されても構わないと本気で思っているからどうしようもなかった。
それくらい気の合う仲間が集まっての飲み会だ。クリスマス効果も手伝って初っ端から皆テンションが高かったし、とにかく陽気だった。雰囲気に流され、政宗も普段はあまり飲まない――弱いと自覚しているためだ――酒を飲み、挙げ句に潰れてしまった。
尤も、他の連中も早いか遅いか程度の問題で似たり寄ったり。さして広くもない部屋は、いつの間にか酒瓶とデカい図体の男達が転がる有様となっていた。
「大丈夫か、独眼竜」
慮る声に反応して小さく呻いた政宗は、重い瞼を引き上げた。どうやら室内は常夜灯が灯されているようだ。酔いが醒めて起き出した時に転んだりしないようにという配慮からだろうか。
「水、飲むか?」
のろのろと首を動かせば、抱き起されてすぐに口許へペットボトルを宛がわれた。ゆっくりと飲み下すと水の冷たさが躰に浸み渡ってゆく。
家康、と切れ切れに名を呼ぶと、常夜灯の仄かな明かりに照らされた彼はうっすらと笑んでみせた。
酔い潰れた連中の中にあって、家康だけが正気を保っているらしい。それだけ家康が酒に強いのか、それとも介抱役に徹するために敢えて酒量をセーブしたか。後者だとすれば、とんだお人好しである。
大丈夫かと体調を慮る家康の声で目覚めたものの、政宗の意識は摂取したアルコールの所為で判然としてはいなかった。重たい瞼は重力に逆らえずに再び落ちそうになっているし、意識も今にも手放しそうだ。
「独眼竜、」
落ちそうな意識の中で、自分を呼ぶ甘い声がする。
甘い、声。甘い、匂い。促されるように、政宗はゆるゆると吐息を解く。
「どくがんりゅう」
「ふ…、」
甘い薫りの向こうにある―――モノ。それが何であるのか見定めたくて、政宗は泥のように這い上がってくる誘いを振り切って閉じかけの左眼を開いた。
至近に家康の貌がある。この貌が好きだと思い始めたのは、いつからか。
「独眼竜、」
先ほどの慮るような声音とは異なり、今彼が吐くのは熱を孕んだ―――もっと狂おしいものに近かった。その表情に太陽の匂いはなく、もっと昏い、太陽とは対極の闇色めいた―――獰猛な肉食獣めいたものを感じさせる。
家康、と再びその名を口に乗せる前に、政宗は荒々しく家康の腕に掻き抱かれ、貪るように唇を奪われた。苦しくて逃れようと暴れたが、酔いの回った政宗が敵う訳がない。囲う腕すら弛まないのだ。
じたばたと暴れることで酔い潰れている他の連中が目を覚まさないか――覚ましたら覚ましたで、家康と政宗のこの状況を見てどう思うか――と思ったが、形振り構っていられない。
「いえや、すっ」
束縛から逃れたいと我武者羅に暴れる政宗の手が、何発か家康に当たった。加減などできる筈もないから痛いだろうに、それでも彼は怯まなかった。
独眼竜、と切羽詰った声。
「独眼竜、ワシのものになってくれ―――」
ワシだけのものになってくれと荒々しい行為とは裏腹に切ない眼差しで懇願する。
「ずっとワシにはお前だけだったんだ。誰にも渡したくはない。だから―――」
「家康…っ、」
「ワシのものになって」
熱を孕んだ双眸。
「独眼竜、」


――――――そんな声で俺を呼ぶな。


もともとはクリスマスお題で書きだしたものだったんですが…お題と内容がどうも合わなくて。
内容が………クリスマスじゃないだろう、と(苦笑)。
なので、急遽365題にクラスチェンジしました。


この後、酔い潰れた仲間が雑魚寝する部屋で一線越えちゃったりする訳ですよ。
越えちゃうんだけどその翌日あまりに家康が普通に接してくるので、逆に政宗が悩みだすという設定。
クリスマスお題のつもりだったんで、前後の設定をすっぱり切って「その部分だけ」という取り上げ方にしてしまったため、なんとも不親切な仕上がりです。
前後の設定を追加して、ちゃんと書き直したいです。
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://sinners.blog13.fc2.com/tb.php/1476-a699947a
プロフィール

安曇

  • Author:安曇
  • 今日も元気に生きてます。
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ちびギャラリー
 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。