人生楽ありゃ苦もあるさ

日々のつれづれや大好きなものを力いっぱい叫ぶ代わりに書き綴っています。サイト更新情報や、時々BASARA二次創作(小政、家政メイン)も。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

無知なフリして確信犯【戦国BASARA:家政】

政宗が書き上げた書状に最後の仕上げとばかりに花押を書こうとしたところで邪魔が入った。
家康である。
「なあ、独眼竜」
ふう、と長嘆すると諦めて筆を置く。
何事も完璧でなければ気が済まない政宗は、花押にもかなりのこだわりをみせる。最後の最後で花押が綺麗に書けなければ、たとえ素晴らしい書状を書けたとしても総て台無しだからだ。
政宗の傍らににじり寄った家康はひょいと政宗の手許を覗き込み、それから政宗の貌を見て年少者らしく殊勝な面持ちで「教えてくれ」と言った。
ちなみに―――政宗はこういう態度に弱い。
「An?なんだ?」
「何百年ぶりかに日蝕があるというではないか。えーと…」
「ああ、金環蝕な。見てェなら裸眼では絶対見るなよ?眼を痛めるぜ」
元親が専用眼鏡を作っていたから、そいつを使えと指示をする。もちろんそうするつもりだ、と家康は笑って肯いた。
「その、日蝕なんだが。どうやって起こるんだ?」
政宗の前で胡坐をかいた家康は、きらきらと懐こい眼を輝かせて“日蝕の仕組み”についての教えを乞うてきた。
「Ah~,日蝕っていうのはだな」
文机に向き直った政宗は真新しい紙を出すと、筆を取ってサラサラと簡単な絵を描き始めた。
「これが太陽、こいつが月だ」
「ふむふむ、」
大きい丸と一直線上に小さい丸を描いて家康に示す。
「日蝕ってのは月が太陽を隠すことで起こる現象なんだが、俺たちの眼から見た時に月の直径が太陽の直径が大きいと太陽がすっぽり隠れる。これが皆既日蝕、逆に月の直径が小さいと月の外側に太陽がはみ出して光輪状に見える。こいつが金環蝕だな」
家康は政宗の説明にわかったようなわからないような表情を浮かべる。
「つまり、えーと…」
紙面の上での展開だと今イチわからんが…と前置きした家康は腰を浮かせると、政宗の手を取った。どうやら政宗にも立てと促しているらしい。
二人して立ち上がると、家康は改めて「つまり、こういうことか?」と訊き返した。
「ワシが独眼竜をこう抱きしめると隠れるだろう?これが日蝕か?うん、独眼竜は今日もいい匂いだな」
「No!俺が隠れたら日蝕じゃねェ。そいつは月蝕だ。っていうか、なにどさくさに紛れて人の尻触っていやがる」
政宗を抱きしめた家康は背中に回した手をそのまま下に滑らせ、政宗の桃尻を触っていた。政宗が噛み付くと「わあ、手が滑ってしまった」などと悪びれずに答え、はははと朗らかに笑う。何が手が滑った、だ。この確信犯め。
「日蝕は俺がお前を隠すんだ。つまり、こう」
そう言って、家康を抱きしめ返す。
「おお、なるほど!」
「テメエは図体がデケエからちょうどいい。俺がこう抱きしめてもお前をすっぽり隠しきれねェだろ?この体勢が金環蝕…ってところだな」
「なるほど。言葉で理解するよりも、やはり実践してみた方がわかりやすいな。さすがは独眼竜」
にこにこと笑った家康が甘えるように鼻先をすり寄せてくる。その感触がくすぐったくて、釣られるように政宗も微笑んだ。
ちょうどその時。
「政宗様、」
タイミングが良いのか悪いのか、表廊下から小十郎の声がした。
「お疲れにございましょう?お茶をお持ちしましたのでそろそろお休みしては如何か」
待て、という暇も与えてくれない。無駄のない所作で障子が開き、垂れた頭を上げた竜の右目が視たものは―――。
「とーくーがーわーテメェぇぇぇぇっ」
地獄の扉が開いたような、地の底から這い出る低い声が聞こえてきた。恐る恐る眼を向ければ、バチバチと帯電している憤怒の小十郎の姿が其処にあった。
極殺発動寸前状態である。
「テメエッ、政宗様になに不埒な真似をしていやがるっ!!!!」
「Wait!落ち着け、小十郎っ」
「政宗様から今すぐ離れねえか!この小賢しい狸がっっっ」
「待て待て待て、右目。これは独眼竜が日蝕の原理を教えてくれてだな、」
「問答無用だっ。地獄を見やがれ!!!」


その日。何百年ぶりの日蝕を前に、こちらはさほど珍しくもない特大の雷が落ちたという。



今日は金環蝕の日でした。
日本で広範囲に見えるのって、実に九百年だかぶりなんですってね。
九百年ほど前って、ちょうど源平の頃ですよ!
そして次回日本で広範囲に見られるのは三百年後…なんていうタイムスケール。

天気が危ぶまれましたが、地元は快晴でした。
お蔭で、キレーな金環蝕を見ることができました。
3年前の皆既日食の時に、天文学専門の先生からもらった日食グラスが今になって大変役に立つとは(笑)。


Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://sinners.blog13.fc2.com/tb.php/1574-855d784e
プロフィール

安曇

  • Author:安曇
  • 今日も元気に生きてます。
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ちびギャラリー
 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。