人生楽ありゃ苦もあるさ

日々のつれづれや大好きなものを力いっぱい叫ぶ代わりに書き綴っています。サイト更新情報や、時々BASARA二次創作(小政、家政メイン)も。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

暴け、サンタクロースの正体【戦国BASARA:小政】

「ねえ、小十郎」
台所に立つ小十郎の未だにぎこちない包丁捌きを横で背伸びをしながらもの珍しそうに見つめていた政宗にエプロンの裾を引っ張られ、手を止める。少し首を巡らせて見下ろすと、此方を見上げている大きな瞳とぶつかった。
「どうしたんです?」
「学校はもう冬休みなのに、なんでお父さんは忙しいの?」
「学校の先生は夏休みや冬休みも忙しいんですよ」
生徒が休みだから教師も休み、というわけではない。むしろ生徒がいない夏休みや冬休みの方がいろいろと忙しいのかもしれなかった。小十郎も社会人となり、図らずも大学という教育機関の教員として籍を置くようになってそれを肌身で思い知るのだが、この時点ではまだ高校生である彼は、政宗にそう言い諭したものの、半分は推測の域を脱していない。
それでも政宗は神妙な顔をして「ふうん」と肯いた。
「…お父さん、せっかくのクリスマスなのに遅いのかな?」
小十郎と一緒に料理を作って待っているのにね、と残念そうな声が続いて、小十郎は空いた右手で宥めるように頭を撫でてやる。料理と言っても小十郎が作れるものは限られていて、本当に簡単なものでしかない。
「どれくらいで帰れそうか、あとで輝宗先生の携帯に電話してみましょうか?」
小十郎の提案に小さな顔がパッと輝く。
政宗は小十郎の担任である伊達輝宗の息子だ。事情があって小十郎は輝宗の庇護を受け、伊達家に住まわせてもらっている。
気兼ねしなくてもいいと輝宗は言ってくれたが、育った家庭環境から大人に甘えることが苦手な小十郎にとってはそういうわけにもいかず、結果、忙しい輝宗に代わって政宗の面倒をみるということで漸く折り合いがついたのだ。
輝宗が言うには、政宗もまた大人に甘えることを知らないらしい。そういう意味では似た者同士なのだが、敏感な子供はそれをすぐに感じ取ったらしく、あっという間に懐かれてしまった。小十郎には年の離れた兄姉はいるが弟妹はおらず、それゆえ子供の扱いに不安を感じていたのだが、蓋を開ければそんな不安も無用だったということだ。
「お父さん、早く帰ってくればいいな」
「そうですね」
「せっかくのクリスマスだもんな。でも、お父さんの帰りが遅くても、小十郎とクリスマスができるからちっとも淋しくない」
「政宗さま……」
少しばかり興奮気味に笑う政宗に小十郎の胸がきゅっとなった。


結局輝宗はこの日も遅くに帰宅した。携帯に一度連絡を入れた際は、そう遅くはならないと言っていたものの、仕事の都合なのだから仕方がない。
お疲れさまですと玄関先で労う小十郎を見、眉をはの字に下げた輝宗は「済まなかったなあ」と謝った。
「政宗は?」
「先生が帰ってくるまで起きてるって頑張っていたんですが…ついさっき寝ちゃいました」
「そうか、それは残念。惜しかったなあ」
期せずしてサンタさんのプレゼントになってしまったか。
手にしていた鞄の中からごそごそと取り出したのは―――間違いなく政宗へのクリスマスプレゼントだ。枕許にこっそり置くつもりだろう。
なかなか相手をすることができなくても、きちんと息子に愛情を向けている。そんな輝宗の想いが端々に見て取れて、なんだか小十郎の心も温かくなった。
「そうだ、片倉にもあるぞ」
は?と目を丸くした小十郎の前に、リボンのかかった包みが差し出された。突然のことに包みと輝宗の顔との間を視線が行ったり来たりしてしまう。そんな小十郎に向かって輝宗は「クリスマスプレゼントに決まっているだろう?」と笑って告げた。
「いや、でも俺は………」
「遠慮なんかするな。中身は参考書だから、しっかり勉学に励めよ?」
「はあ―――その……どうもありがとうごさざいま、す」
よしよしと満足げに肯いて小十郎の肩を叩くと、輝宗は忍び足で政宗の寝室へと向かう。
「そうそう、明日はクリスマスパーティをやろうな」
政宗の部屋の手前でふり向いた輝宗が声を潜めてそんなことを言って寄越した。
明日―――は二十五日。普通クリスマスイヴの方が断然盛り上がるのだが、明日もクリスマスにはかわりないのだし、まあいいか。
了承の意味で肯き返した小十郎に微笑んで、俄か仕立てのサンタクロースはいそいそと息子が眠る部屋へ消えていった。


お題配布元:love is a momentさま





わかりにくいかもしれませんが…司書ムネです。
小十郎が高校生、政宗が小学生で、小十郎が輝宗の先生の計らいで伊達家に一時的に世話になり始めた頃のお話。
再会して恋人同士になった二人の話は何本も書いていますが、この頃の話はきちんと書いたことがなかったよなーと思って書いてみました。
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://sinners.blog13.fc2.com/tb.php/1697-1a33f1e2
プロフィール

安曇

  • Author:安曇
  • 今日も元気に生きてます。
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ちびギャラリー
 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。