人生楽ありゃ苦もあるさ

日々のつれづれや大好きなものを力いっぱい叫ぶ代わりに書き綴っています。サイト更新情報や、時々BASARA二次創作(小政、家政メイン)も。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ジングルベルが聞こえる【戦国BASARA:家政】

数日前から喉が痛いと思っていたのだが―――どうやら本格的に風邪をひいたようだ。全国的に風邪が流行っているらしいというから、どこかでうつされたのかもしれない。
身体だけは頑丈で、これまでも病気らしい病気はしたことがなく、凡そ風邪とは無縁だった筈の家康が風邪をひいた。
「なんでこんな時に限って……」
「Ah?そりゃあ、お前の日頃の行いが悪いからだろうよ」
体温計を口に咥え、もごもごと掠れた声を発する家康の頭上から辛辣な言葉が降ってくる。
「…ハハ、病人だというのに容赦ないなあ独眼竜は」
暗にもっと優しくしてくれてもいいのに、という想いを滲ませたが、ベッドの端に腰掛けて脚を組んでいる政宗は優しくしてくれるどころかツンとした顔つきで「今更、」と素っ気ない答えを返された。
咥えていた体温計が引き抜かれる。デジタル表示を見た政宗が左眼を眇め、はあああとあからさまな溜息をついた。その態度で熱が下がっていないことが知れる。
「ま、今日はベッドでおとなしくているんだな」
「クリスマスなのに?」
「そうだな。世の中、どいつもこいつもクリスマスで浮かれまくってるな。そんな日に風邪ひいてぶっ倒れているバカもいやがるが」
「―――面目ない」
毛布も鼻頭まで引き上げ、家康はしゅんとなる。
これまでも友人として政宗とはクリスマスを共に過ごしたが、今年は念願叶って友人から恋人に昇格して初めて迎えるクリスマスということで家康としても気合いが入っていた。記念日にも等しいイベントになるのだ。それはもう気合いの入り方が常とは違った。
なのに、見事にその気合いが空回る結果となってしまった。念入りに組み立てた予定も丸ごとパアである。
(これが減点でひょっとして降格もアリだろうか………)
仮にも恋人が寝込んでいるのに、この素っ気ない態度。もしかして、と家康は不安になる。
やっとの思いで恋人に昇格したというのに、またもや“その他友人”に降格―――政宗にはこの“その他友人”が多いので、余程努力をしないと次の昇格が見込めなくなる。一度彼が醸す甘さを知ったら腑抜けになってしまうという訳ではないけれど、困難を伴うのは事実だ。
「………その、スマン」
「謝る暇があるんだったら、さっさと治せ。治ったら今日の分をきっちり返して貰うからよ」
「もちろんだ」
ツンとしていた政宗の表情が柔らかくなる。
「しかたねェから今日は俺が完全看護してやるよ」
額に政宗の唇が触れる。
その日、家康の熱が上がったのは、決して具合が思わしくない所為ばかりではなかった。





お題配布元:love is a momentさま



アドベント17日目。
本日は家政です。
よりにもよってクリスマス間際に家康が風邪をひいたので、しょうがねェから看病してやるぜ、なお話です。
政宗の“恋人”というポジションはJリーグみたいに入れ替え制があるわけではないんですが(苦笑)、みんな虎視眈々と狙っているのでちょっとの減点で降格しやしないかヒヤヒヤなんですね。
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://sinners.blog13.fc2.com/tb.php/1712-6d1104f9
プロフィール

安曇

  • Author:安曇
  • 今日も元気に生きてます。
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ちびギャラリー
 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。