人生楽ありゃ苦もあるさ

日々のつれづれや大好きなものを力いっぱい叫ぶ代わりに書き綴っています。サイト更新情報や、時々BASARA二次創作(小政、家政メイン)も。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

主は触れられることを頑なに拒んだ。全身を棘で覆い、茨で己を護るかのように。その相手が傅役であってもそれは変わらなかった。
「オレに触れた者はみんな死ぬからな」
だからお前も触れるな。底なしの闇を思わせる昏い瞳を向けてそう告げられたものの、俄かには信じられない。特殊な環境で育った所為か、彼は人間不信の傾向が強いから。それは他人を寄せつけないための防御壁か、或いは彼を産んだ後、精神を弱らせてしまったという生母にそう教えられたか。
「オレは天を統べる資質を与えられた。その代償に業を負った」
「業…とは?」
「一族が負うべき業、ってヤツだ。そいつがこの膿み腐れた右眼に詰まっている」
触れた者は死ぬ―――それがオレの業。そう歌うように告げた主はどこか淋しげで。その瞬間、ああこの人は全てに対して諦めているのだと思った。たった一つ、天を統べる―――武将として羨むべき資質と引き換えに失った全てに対して。
だから小十郎は手を伸ばした。後ずさろうとした主よりも速く。
「小十郎っ」
話を聞いていたのだろうと主が悲鳴を上げた。
「小十郎、オレに触れるな!死ぬぞ」
「いいえ。貴方が拒んでも、俺は貴方に触れます。然様な業に因らずとも人は寿命が尽きれば死ぬものです」
「No!オレの右目に巣食う業はそんな生易しいモンじゃねェ!」
悲鳴。泣きそうな。否、泣いているのか。
「梵天丸さま」
ならば誓おう。この身、この命に懸けて。貴方のために業に抗う、と。


9/14にリンカネを観に行ってきたのですが、孔明が背負っている業に「うわあああ!」となって、双竜ver.でやってみたらどうなるのーって終始頭の中で悶々とした結果を…ついったで垂れ流しマシタ。
業を背負うのは政宗。
その業に抗おうとするのは小十郎。
というところです。
ここのところ中心になっていた原稿が漸く終わったので、久しぶりに長い話を書きたくなりました。
(お誕生日月間とは別に、ですよ。モチロン)
今は↑の話をきちんと書き直し中です。
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://sinners.blog13.fc2.com/tb.php/1816-3cdfb66b
プロフィール

安曇

  • Author:安曇
  • 今日も元気に生きてます。
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ちびギャラリー
 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。