人生楽ありゃ苦もあるさ

日々のつれづれや大好きなものを力いっぱい叫ぶ代わりに書き綴っています。サイト更新情報や、時々BASARA二次創作(小政、家政メイン)も。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

61.波の色を数えた【戦国BASARA2:チカダテ】

波の音がする。
(波のお、と?)
重い瞼をようよう引き上げた政宗は眠たげな目を擦った。もうすぐ小十郎が起こしに来るから…と寝起き特有の思考の纏まらない頭でぼんやりと考える。
絶え間なく聴こえる優しい波の音。微かな潮の香。
(波の音、だと?)
────ちょっと待て。
ガバリと跳ね起きた。見慣れぬ室内だ。ここは己の領域ではない。そもそも政宗の居城は海から遠く、波の音など聴こえる筈がない。
「ここは…何処だ?」
記憶を辿り始める。そこへ第三者の声が被った。
「おう。ちょうど良かった、政宗。起きたか」
「元、親?」
起こす手間が省けたと鷹揚に笑って入ってきたのは、西海の鬼と呼ばれる長曾我部元親だった。政宗の寝具の傍らにしゃがんだ彼は未だ何処かぼんやりしている政宗の頬をその大きく無骨な両手で手挟むと「オイオイ、寝惚けてんのか?」と揶揄う。普段なら即座に違うといって噛みつくところが反応がやや遅れたのをみると、元親の云うとおり寝惚けているのだろうか。
「政宗?」
「Ahー、そうだったぜ」
思い出した。ここは元親の船。呑気にゆるりと海上の旅の途中だ。
年も押し迫った師走のある日。雪深い奥州に元親が訪ねてきた。長い冬が訪れ雪に閉ざされた奥州は戦もできず、束の間の平穏を迎える。施政者としての政宗は冬にやるべきことは沢山あったのだが、如何せん退屈だった。
そこへ気性の良く似た────相性の良い元親がやってきた。しかも、船旅の誘いを携えて。
勿論、一国の主が長く留守にする訳にはいかない。だが、冬の時期というのは他国も並べて動きがないところから、小十郎も渋々首を縦に振ってくれた。やや退屈を持て余し気味の若き竜の心中を察してくれたからかもしれない。<竜の右目>は政宗が幼い時分からそういう部分は鋭かった。
かくして、政宗は元親に短い船旅へと連れ出された。
外洋に出てしまえば、何処までも水平線しか目にすることはない。それはそれで却って退屈なのだが、本来陸の者である政宗にはずっと続く水平線というものにも興味を惹かれていた。海の者はどうか知れないが、この平穏すぎる航海も少なくとも冬の奥州よりは退屈しない。何より船上の生活は政宗にとって新鮮だった。
「夜明けにはちと早えェが、外出てみるか」
「外?」
「おう。ここらは冬の時分でも暖けェが…それでも夜明け前は冷えるからな。ちゃんと着込めよ」
「お、おう」
お前に風邪でもひかそうものなら、<竜の右目>にどやされると苦笑しつつ、元親がいそいそと政宗に着物を着せる。自分の周囲にいる者達は何故か大概が世話好きだ。しかもどいつもこいつも揃って甘い。
元親の忠告どおりにしっかりと着込んだ政宗は、元親に手を引かれて甲板に出た。夜明け前の外の空気は凛と冷たく、思わず首を竦める。奥州の寒さとは比べ物にならないが、それでも寒いと感じてしまうのは体がこちらの気候に馴染んでしまったからかもしれない。
見れば、元親も首を竦めている。
「…もうすぐだぜ」
何が?と聞き返そうとした政宗だったが、それよりも先に元親の指がスッと前方へ伸ばされた。知らずその指先を追って視線を転じる。
東の空が薄明るい。
黎明の、光。
「ちと寒いかもしれねェけど我慢な。その代わり今に凄ェ綺麗なモンが拝めるからよ」
「凄ェ綺麗なものだと?」
「ほら」
次第に東の空が色を帯びてゆく。暖かな光が海上を照らし始める。
水平線の先に太陽が顔を出す。
元親の傍らで政宗は息を呑んだ。
「…So beautiful」
「だろう?船の上から見る朝陽が一番綺麗なんだ」
日の出というものならば今までにも見たことがある。だが、一切の邪魔もない見渡す限り海原から見る朝陽はとても綺麗で荘厳なものだった。
「お前にコイツを見せたくってさ。船旅に誘ったってワケよ。おまけに今日のは今年初めての陽だ」
覚えているか?今日は年が明けた第一日目なんだぜ?
新たな年を迎えて初めて目にする朝陽なのだ。





「Great!最高だぜ、チカ」





365題 お題配布元:capriccio


自らに課した『三が日連続更新』の2日目。
本日はチカダテです。
今年はお天気も上々だったので、各所で良い初日の出が拝めたようです。
尤も、私が目覚めた時には太陽は既に高い位置にありました、ケド。
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://sinners.blog13.fc2.com/tb.php/586-00043fa5
プロフィール

安曇

  • Author:安曇
  • 今日も元気に生きてます。
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ちびギャラリー
 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。