FC2ブログ

人生楽ありゃ苦もあるさ

日々のつれづれや大好きなものを力いっぱい叫ぶ代わりに書き綴っています。サイト更新情報や、時々BASARA二次創作(小政、家政メイン)も。 

真夏のオリオン

本日公開の映画は結構観たいものが揃っていて、どれから観ようか迷っていたんですが(そういや『天使と悪魔』も未だ観てないや…)、とりあえず手始めに「真夏のオリオン」を観に行ってきました。
太平洋戦争最末期のお話です。太平洋戦争末期の日本軍を扱った映画といえば、「ローレライ」とか「男たちの大和」とかありますが。なんとなく「ローレライ」と「大和」を足して二で割った感じと見受けられました。
「潜水艦乗り」と「キーとして音楽」=「ローレライ」、話の導入部=「大和」。(乗員の身内が生き残りを尋ねていくって…大和の冒頭も確かそうだったよーな)


構成的に決して悪い話ではなかったとは思いますが。
『戦争』モノととして捉えるには迫力ナシ。命の遣り取りをしてるんだよ的な緊迫感とか、執着とか…そういうリアルさが欠けていた気がします。(逆に登場人物の人柄とか丁寧に描かれていたんですが。)
なので、全体的に淡泊で平坦。
(米軍の艦船と一騎打ちってのもアレですが。最後の魚雷を発射して海上に浮上せざるを得なくなって、浮上したところで日本降伏の打電が入るって…。)
伝えたいものが『戦争とは』ではなくて、別のものだと考えればいいかもしれません。
あとは、玉木氏演じた艦長があの時代を生き抜くには凄くいい人過ぎる…。(艦長、のだめをネタにした台詞もあったね)


…機関長役の吉田栄作がかっこ良すぎて、不覚にもときめいてしまった(苦笑)。



それよりなにより。一番気になったのはエンドロール。
協力機関とか載っかるじゃないですか。
あの中で
東洋海洋大学
ってなってたんだけど、あれって
東京海洋大学
の間違いなのでは???


(間違ってたら、凄く切ないよ…きっと)




Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://sinners.blog13.fc2.com/tb.php/685-c0e3136b
プロフィール

安曇

  • Author:安曇
  • 今日も元気に生きてます。
カレンダー(月別)
11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ちびギャラリー
 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●
ブログ内検索
RSSフィード
リンク