人生楽ありゃ苦もあるさ

日々のつれづれや大好きなものを力いっぱい叫ぶ代わりに書き綴っています。サイト更新情報や、時々BASARA二次創作(小政、家政メイン)も。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

299.蓮【戦国BASARA2:小政】

よく戻ってきた、と労いの言葉とともに返り血を浴びたその躰を抱きしめる。
「政宗様…」
吐息に似た囁き。
僅かに躰を強張らせた後、遅れておずおずと両腕が背に回され、まるで宝物を包むかのように抱きしめ返される。
「生きてるな…?」
「はい…。この小十郎が政宗様をおいて逝く筈もございません」
「…OK」

確かめるのは───ただそれだけで良かった。



すん、と鼻を鳴らす。
戦の後はなかなか血の臭いがとれない。
丹念に身を清めても…清めても、身の裡奥深くこびりついているかのようにいつまでも纏わりつく感覚に小十郎は眉を顰める。
裏を返せば、それだけ戦場において敵を殺めた証拠だ。そして、それは己が何よりも一番に───それこそ己が命よりも大切に想う主を護り切ったということに他ならない。
「小十郎」
ふわりと笑みを浮かべた政宗が小十郎を見下ろしている。小十郎は形ばかりではあるが、彼に向かって「お放しください、政宗様」と訴えた。
無論、小十郎がそう訴えたとて政宗は唇を弓張りにするばかりで聞く耳を持たない。
立場というものが云々、と滔々と諫めたとしても、政宗は意に介しないだろう。
現に。
「No problem。どうせ俺達だけしかいねェ」
艶を帯びた笑いを含んだ声が、「人払いをしていることぐらいお前も知っているだろう?」と囁く。
「ですが…」
政宗に膝枕をされているなど、とてもではないが畏れ多すぎる。飛び起きて今すぐにでもその場に平伏したい小十郎だったが、六爪を自在に操る政宗の手が起き上がろうとする小十郎の躰を押さえつけているため叶わない。
「諦めて甘えとけ」
小十郎にとって政宗は命を捧げた主君であると同時に、大切に想い、愛しいと慕う相手である。
とはいえ、軽々に主君に甘えるなどあってよいことではない。
だが、政宗のこと。云い出したら絶対に聞かない。
政宗の『諦めて…』の言葉どおり、諦念した小十郎は長くて深い溜息をついた。
少しばかり冷たい政宗の手のひらがゆっくりと頬を撫でる。
それがあまりに気持ちが良くて、小十郎はうっとりと瞳を閉じた。
政宗は、己が戦場で<鬼>に変わることを知っている。
まだ政宗が幼名の梵天丸と呼ばれていた時分、先代に従って戦場に赴いた小十郎は帰城するとすぐに部屋に籠って暫くの間己から彼を遠ざけていた。
戦場の気に中てられた怖ろしい<鬼>から<人>に戻るまで。
幼かった彼に己の本性を晒したくなかったのだ。
ところが、そんな小十郎の思いを全く無視して──おそらくそうした小十郎の行動に不信感を抱いたのだろう───ある時、帰城直後の小十郎を急襲した彼は、狼狽える小十郎を前に<鬼>で上等、と堂々と云い放ったのだ。
自分は<竜>だから<鬼>など怖れはしない。それに自分は<鬼>以上に怖ろしい<モノ>を知っている、と。
「政宗様…」
今では、彼の傍で<人>に戻ることを赦された小十郎である。
きっと、政宗もそうした小十郎の性を知り尽くしているからかもしれない。そして、それは己にしかできないのだと自負しているからかもしれない。
僭越だと思うが、それと同時にこの気高き人の傍に在れるのは己だけだという誇りに全身が打ち震える。
「小十郎」
「…はい」
「血の臭いは取れたか?」
上体を倒すようにして小十郎に顔を近づけ、政宗はすん、と鼻を鳴らした。
部屋は政宗が好んで使う香が焚かれている。
戦場から戻り、<鬼>から<人>へと戻るまで、小十郎は政宗の香りに包まれるのだ。
髪も躰も着物も総て。
焚き染められる。
そうやって包まれることで、あれほど気を昂ぶらせていた禍々しいばかりの血の臭いが流れてゆく。
彼の、香り。
「ええ…最早血の臭いは少しも。貴方の香りに包まれておりますれば」
「そうか」
「政宗様」
「What?」
「御身に触れても───よろしいか?」
小十郎の言葉に、政宗は嬉しそうに笑った。



包まれて、満たされる──────








久しぶりに365題の更新です。
普段は小十郎が政宗を甘やかしてますが、たまには逆もということで。
戦のあと。
<鬼>が<人>に戻るために必要な二人の時間なのです。
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://sinners.blog13.fc2.com/tb.php/786-41c42c65
プロフィール

安曇

  • Author:安曇
  • 今日も元気に生きてます。
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ちびギャラリー
 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。