人生楽ありゃ苦もあるさ

日々のつれづれや大好きなものを力いっぱい叫ぶ代わりに書き綴っています。サイト更新情報や、時々BASARA二次創作(小政、家政メイン)も。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

行ってきた!

そんな訳で、一昨日「舞台戦国BASARA~蒼紅共闘~」を観に池袋へ行ってきました!
「池袋か…なにもかもみな懐かしい」という今浦島状態の人でしたが…行ってみりゃあ案外何とかなるモンで、というか結構記憶しているモンで、待ち合わせ場所にも迷わずに辿り着けたよ!
(うっかり本能で東武東上方面に行きそうになったケド。←待ち合わせは〈いけふくろう〉。)
それはさておき。
舞台第2弾。昨年の第1弾はライヴとかの予定が重なって泣く泣く諦めたので、今回初めての観劇になります。
いや、あの世界を現実(=舞台)でどう昇華すんのかなーと興味津々だったんですが。
びっくりするくらいキャストがイメージ嵌っていたので、まずはヨシ。
筆頭にしろ幸村にしろ、良きにつけ悪しきにつけゲームの確固たるイメージがあるので、演じる役者さんも難しいよなあと思います。
ああ、でもみんなカッコよかった!
(久保田政宗は云うに及ばず。細貝幸村もなかなか…)
そして。
個人的には伊達主従が…こう庇い庇われ的な、リアルで「貴方様の背中はこの小十郎がお護りする!」「おう、任せたぜ。小十郎!」を期待していたんですが……。

筆頭の背中、ガラ空きですよっ!

…あまり一緒にいない伊達主従。
(小十郎と対峙した光秀から「左目が淋しがっていますよ…」って云われるくらい/笑)
そして、終始物云いたそうにしていながら何も喋らない小十郎…(苦笑)。
逆に真田主従の方がいろいろ美味しくて、不覚にも滾ってしまった…orz
寧ろ今回の舞台はサブタイトルが「幸村奮闘記」だと思う、な。

舞台戦国BASARA~蒼紅共闘~
↑パンフの装丁とかもカッコよくてスキ。中もcoolだぜ。

今回はリアルBASARAお友達と一緒だったので、いろいろなイミでほぼ素でした(笑)。
なんか…暴走してもぜんぶ赦される気がしたよ。

で。
どうにもあけみっちゃんの「左目が淋しがっていますよ…」発言に悶々と(苦笑)。
舞台の伊達主従にいちゃいちゃな萌どころ薄だったので、その反動なのか個人的な萌ポイントが光秀のその発言にきた模様。
連載お休み中の『生体人形』本編『無明恋獄』で使えるかなーと思っています。>美味しくいただきますよ(苦笑)。

こんなカンジ?


「これはこれは竜の右目。単騎で来るとは見上げたものですね」
罠だとは思わなかったのですか?
まるで蛇のようにヌルリとした笑みを浮かべ、光秀は小十郎に問うた。
「明智!テメエ、政宗様に何をした」
「別に何もしていませんよ?すべては独眼竜が望んだことです」
心を壊したは竜の望み。
「政宗様がそのようなことを望む筈がねぇッ」
「…おやおや、何故そのようなことが云えるのです?」
黒龍の柄に手を掛け、いつでも斬りかかれる間合いをとったままで。
そんなぴん、と張り詰めた緊張感の中での光秀の返しに小十郎はグッと言葉を詰まらせた。
「竜の右目だから判って当然だ、とでも?」
「そうだ。伊達に〈竜の右目〉と名乗っちゃいねぇ」
戯言は終いだ、と小十郎は吼えた。
その背からは隠しきれない闘気が迸っている。その様を光秀は瞳を細めてうっとりと眺めた。
「これはこれは…とんだ自信ですねぇ、竜の右目。引き離された左目が右目を求めて淋しがっているとでも思っているのですか?」

貴方は〈左目〉に捨てられたのに?

「な…っ、」
それすらも気づかぬとは───幸せな〈右目〉ですね…。





Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://sinners.blog13.fc2.com/tb.php/988-00149051
プロフィール

安曇

  • Author:安曇
  • 今日も元気に生きてます。
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ちびギャラリー
 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。