FC2ブログ

人生楽ありゃ苦もあるさ

日々のつれづれや大好きなものを力いっぱい叫ぶ代わりに書き綴っています。サイト更新情報や、時々BASARA二次創作(小政、家政メイン)も。 

斬~闇を継ぐ者~

僅かに顔を上げれば、切なげな瞳を揺らして此方をじっと見つめる小十郎がいて。
せっかくのnice guyが台無しだな…とやや困ったように苦笑を浮かべた政宗は傷の這う彼の左頬を愛おしげに撫でる。
言葉にせずとも離れ難く思ってくれているのだ。共に添える時間を政宗が少しでも引き延ばそうとしているように、小十郎もまた。
そう考えると、政宗の胸にもまた切ないものが溢れてくる。
「Hey,なんてぇツラしてんだ。いつもの…男臭くて不遜なツラの方が俺は好みなんだがな」
「政宗様…、」
茶化すように告げた政宗の言葉に、小十郎はやっと切なげな表情を解いた。
東日本の極道の頂点に立つ伊達組、その直系の若頭補佐である小十郎と警視庁組織犯罪対策部組織犯罪対策第四課、通称『マル暴』に属する警官の政宗。決して相容れない〈世界〉に棲む者同士が、比翼の鳥、連理の枝の如く互いを対の者と認め、身も心も結びつく関係となって久しい。
其々の〈世界〉に戻れば立場のある者ゆえ、ひとときの逢瀬は二人にとって得難く、そして濃密なものだった。
だからこそ、こうして再び其々の〈世界〉に戻らなければならない時間を迎えると、まるで子供が駄々を捏ねるみたいに『このままずっと離れたくない』と思ってしまうのかもしれない。
「どうかくれぐれもお気をつけください、政宗様。何処に豊臣の者が潜んでいるやもしれません。本来ならば、今暫くはこうして共に一夜を過ごすことも控えるべきなのでしょうが…」
東日本最大の勢力を誇る組織は伊達だが、対して西日本を制しているのは豊臣秀吉率いる豊臣組である。長年続いていた織田信長との西の覇権争いに織田が敗れる形で終止符が打たれ、西日本は豊臣が掌握した。
現在、裏社会の勢力図は『東の伊達、西の豊臣』となっているが、それに飽き足らず豊臣は東へと版図を伸ばしてきたのだ。
西の足場を固め、いよいよ東へと進出を図る豊臣の意図はただひとつ。伊達を潰し、名実ともに裏社会の天下統一を為すためである。
豊臣秀吉が東へ目を転じた、という情報は大阪府警に属する同僚を通じて政宗も早くから掴んでいた。
蛇の道は蛇、というが、小十郎もまた己の情報網を使って豊臣の動向を探っている。
幸いまだ戦端は開かれておらず、鉄砲玉が送り込まれた気配もない。しかし、おそらくそれも時間の問題だろう。
日々緊張だけが強いられるそんな中で。
政宗が掴む情報と小十郎が掴む情報、それらを基にして豊臣に対する伊達の備えは着々と進められていた。
「オイオイ、本気で云っているワケじゃねェよなァ?この俺に一人寝を強いる気か?…お前仕込みのこの躰が淋しがって泣くぞ?」
「政宗さま、」
半ば冗談めいた婀娜な言葉を小十郎に窘められ、政宗は小さく首を竦めた。
豊臣のやり口は汚いうえに狡猾と聞き及んでいる。おそらく、彼らは伊達の一番弱いとされる部分を衝いてくるだろう。
伊達にとっての弱点は『政宗の存在』だ。公にされていない伊達輝宗の実子。
戸籍から辿るにしても別な方向から辿るにしても、伊達と政宗の真の関係を露見させるのは簡単なことではない。普通ならば、まずあり得ないだろう。
それほど〈伊達政宗〉という存在は、様々な者の手によって巧妙に隠されているのだ。
だが、小十郎が情報網を駆使して政宗を探し当てたように、豊臣もまた己が情報網を使って政宗に辿り着くとも限らない。その時に狙われるのは、間違いなく政宗だ。
だからこそ、小十郎は政宗を護るために敢えて逢瀬を控えるべきと苦言したのだろう。
政宗を護るために政宗に伊達の匂いを纏わせてはならない。ほんの僅かでも小十郎と繋がっていると、まして恋人なのだと匂わせてはならない。
それは小十郎の気遣いだ。
「No problem.俺の方は心配すんな。それより…お前の方こそ気をつけろよ?」
「判っております」
頷いた小十郎は、政宗の腕を掴むとぐいと引き寄せた。
難なく小十郎の広い胸に落ちる。
「小十郎…」
優しいキス。
そうして二人は、名残を惜しむかのようにいつまでも抱き合った。


まるで───そう、此岸と彼岸。
隔てる扉ひとつで、眼下に眺める〈世界〉とは全く異なる〈世界〉。其処に在る間だけは、立場も柵も何もかも忘れて唯人であれる。唯の政宗として小十郎に寄り添うことができるのだ。
人目を避け、制限された一瞬の逢瀬を窮屈だと思わないといえば嘘になる。
惚れ抜いた男と終生番うためならば何もかも捨ててやる───そうできればいっそどれだけ良かったかしれない。しかし、それは政宗の複雑な立場が許さなかった。
〈世界〉を隔てる扉。なんの変哲もないそれを潜って此岸に戻ってしまえば、惚れた男の手練手管でどれほど乱され、何度極楽を見ようと、その扉を開いて一歩踏み出してしまえば、それまでの甘い空気など微塵も身に纏わせない。
小十郎もまた同じだろう。彼もまた自身が背負う立場に従い、この街に巣喰う〈闇〉へと戻っていく。
(だが…それでいい、)
2日ぶりにホテルのエントランスに立った政宗は、朝日の眩しさに軽い眩暈を覚えた。
前日は非番だったので前々日の夜にチェックインしたのだが、昨日は二人して日がな一日ベッドに籠っていたので、考えてみれば陽光を浴びるのも2日ぶりだ。
不健康な生活だな、と思わず苦笑いをしてしまった。
だが、充分に愛された所為か気力は充実している。
「一旦戻ってシャワー浴びてからでも登庁時間に間に合うな」
欠伸を噛み殺しつつ、ジャケットの内ポケットから携帯を取り出す。
職務上、非番であっても常時携帯の電源は入れておかなければならない。非番であってもいつ呼び出されるか判らないからだ。せっかくの逢瀬も、過去何度かそれで潰れたことがある。
小十郎は勿論それを承知の上で『無粋だ』といって時々拗ねるのだが、その度に警察官を恋人に持ったのだから諦めろ、と笑って言ってやった。
幸い『無粋な着信』はなかったが、メールが何件か入っていた。懇意にしている情報屋からのものだ。
(豊臣が…?)
文字を追いかけるにつれ、次第に表情が険しくなる。

───豊臣組の先発が既に都内に潜行した模様───

「Shit!」
いよいよ来たか。
(小十郎にも知らせねェと…)
と思った瞬間。
「───っ?!」
一片の気配すら感じとれなかった。殺気ひとつ。
気配にひと一倍鋭い政宗が察することができなかったのだ。
背後にも一人。
背中に何か押し当てられている。拳銃か、それとも短刀か。
「朝から随分物騒なモンを衝きつけやがって…テメエら何モンだ?」
眼前の男──綺麗な造作をしている──に向かって低く誰何する。
「最上───いや、伊達政宗君だね?」
(コイツ…何故「伊達」の名を…)
それは秘されているものなのに。
「何故「伊達政宗」の名を知っている…っていう顔だね?」
───まさか?
「豊臣、の者か?」
「察しが良くて実に助かるよ、政宗君。」
ふふ、と笑みを浮かべて、男は自らが豊臣の者だと肯定した。
「僕の名は竹中半兵衛。秀吉の片腕を務めている」
豊臣秀吉の片腕。ということは、実質NO.2が乗り込んできたということか。
「で?その豊臣の片腕が何用だ?」
ギッと睨みつける。すると、呼応するかのように背後から殺気が立ち上った。
「三成君、」
背後で拳銃か短刀を衝きつけている三成という男は竹中の命には服従なのか、再びスッと気配を引っ込めてしまった。
「そう警戒しないで欲しい。今回はただ挨拶にきたまでのことだから」
「Ha!西の人間は挨拶代わりに物騒なモンを衝きつけるのか?」
「相手が丸腰とは限らないだろう?一応此方としても用心しないとね」
なるほど、竹中半兵衛は慎重な男でもあるようだ。
「何もしないよ、今回は。本当に挨拶に出向いたまでだからね」
東の〈伊達〉が頑なに隠し通すことで護ろうとする〈伊達政宗〉という存在を、一度この目で見てみたいと思っていたんだよ。
クスクスと竹中が嗤う。耳障りな笑い声だ。
「云っておくが、竹中半兵衛。俺は〈伊達政宗〉じゃねェ。〈最上政宗〉だ」
だが、竹中は嗤うばかりで政宗の言葉を聞こうとはしない。否、端から拾おうとはしていなかった。
「また、逢おう。〈伊達〉政宗君」
「テメエっ!」
政宗の眼前で竹中はヒラリ、と身を翻した。

(───小十郎、)

ギリ、と唇を噛む。
その時。
突然手にしていた携帯が鳴りだした。
のろのろとディスプレイに目を遣れば、小十郎の名前が表示されている。
「小十郎…?」
なんというタイミングだろう。
「政宗様?政宗様、どうしました?」
「小十郎───」
それまで己がどれだけ緊張していたのか。
小十郎の声を聞いた瞬間に政宗の全身からどっと力が抜けた。
らしくもなく、ほうと安堵の吐息が唇から洩れる。
「政宗様?」
「No problem.なんでもねェ、お前の声を聞いたらなんか…ホッとした」
豊臣の二人が去った方向を睨みながら。
「小十郎…、」


あれが〈伊達〉の敵、なのだ。





Rejuvenescence【戦国BASARA:サスダテ】

この世界。
感情を持ったら、それは〈死〉を意味する。
影となり、非情に主の命を遂行しなければならない身だ。感情を知らないからこそ、非情に徹することもできる。
それが鉄則。
そのような人間が〈感情〉を持てば、最早冷徹になどなれはしない。
迷いが生じ、そしてその一瞬の迷いが判断を誤らせ、〈死〉へと繋ぐのだ。
それでも。

(とめられなかったんだよ───)

元より感情知らなかったのだ。
だから、出逢った瞬間それが〈愛〉だとか〈恋〉だとか認識する筈もなかった。
ただ、その存在に惹かれることを止められなかったのだ。
そうして、「出逢った意味」を探すようになったのは最近のこと。
当然、探してすぐに見つかるようなものでもなかったけれど、何らかの行動を起こしていないと堪らなく不安だったのだ。
自分達は氷よりも薄い曖昧な関係の上に成り立っていて、いつか終わりがくることも見えていたから。
「Ha!余裕だなァ、死合っている最中だってのに」
何を考えていた?と半ば焦れたような口調で隻眼の竜が問う。
高揚としたその瞳に唯一映るのは、当然対峙している己の姿だけだ。
だが、それがまるで「世界の全て」と告げているみたいで、佐助はこんな状況で不謹慎だとは思ったが恍惚感を覚えていた。
今ならば。
〈この人〉は他の誰のものでもない。〈自分〉のものだ。
「ダンナのことだって云ったら?」
「鴉にしちゃあ上等。まだそんなこと云える余裕があるってか?」
楽しげに露出した左眼が細められる。
「ダンナの相手してんのに、余裕なんかこれっぽっちもないよっ…てね」
キン、と甲高い金属音が二人の狭間で響く。
「相変わらず…手強いねえ」
間合いをとって大手裏剣を構える。
片眼を欠くとは武将にとって致命傷だろうが、眼前の竜はそうではない。
視界を欠いた右側を弱点と見定めて攻める敵将がこれまでも数多いただろうが、それを悉く屠ってきたのだからそれが決して弱点ではないのだと知れる。
死角を死角と思わせない。
確かに剣舞を思わせる華麗でいて容赦ない鋭さを併せ持った太刀筋は、命の遣り取りをしているこのような場でなければ見惚れていたと思う。
「…ねえ、ダンナ」
「An?」
視線が交差する。
「俺たちの出逢った意味ってなんだと思う?」
「…出逢った意味?」
いきなり意外なことを云う、と云わんばかりに竜の瞳が見開かれた。
「俺サマ、探してるんだよ。もうずっと…」
感情を覚えることと引き換えにしてでも。
(だって───)
「Ha!」
可笑しそうに鼻先で笑う。
「テメエ自身のことだから判らねェってか?」
「それって…どういう…?」
「それは───変わるため、だろうよ」
変わるため?
「Ya.アンタ…変わったぜ?」
一瞬の揺らぎを見せた佐助の、その揺らぎを見逃すほど竜は優しくはない。
「Hey!余所事に気を取られてっと…命を散らすぜ?」
「───っ、」
「どうした?俺を楽しませてくれるんだろ?」
「やれやれ…参ったね、このお人はさ」
剣呑な響きで唸る得物を交えながら、その一方で睦言を囁くような。


この瞬間がとても愛しい。






束縛【戦国BASARA2:成政】

(抜・け・ね・ェ!!!)

政宗の機嫌は最高に悪かった。
今日が週に一度、極端に朝に弱い政宗がカリキュラムの関係で──最早教務の陰謀なのではないかとさえ思っている──どうしても入れざるを得なかった一時限目の講義の日であることに加えて、なんの悪戯か左薬指にしっかり嵌った銀細工のリングの存在の所為だ。
誰の仕業かなどわざわざ省みずとも判っている。
(成、あの野郎…ッ)
帰ったら絶対シメる!と、至極物騒なことを心に誓う政宗である。
道理で。
今朝の成実は随分そそくさと出勤していった筈だ。
いつもなら完全に政宗が目覚めて食卓に着くのをちゃんと見届けてから出掛けるのだが、今日に限っては何故か政宗がまだ半分寝惚けた状態のうちに出勤してしまった。
確か───今日は朝から忙しいんだ…とかなんとか言い訳していたのを微かに記憶している。
よくよく考えてみれば、成実は自分のこの寝起きの悪さのために、朝の商談は極力入れないようにしていた筈だ。
もちろん、あくまでも『極力』なので、例えば重要度が増した商談が飛び込んできた場合は仕方ない話なのだろうが、予め一日のタイムスケジュールを自身で組む余裕がある位置にある彼だから、そういう話は必ず事前に政宗の耳に入れておくだろう。
まして、今日は朝イチで講義を設定している、政宗にとっては『地獄』の日なのだから。
(なるほどなァ…こういうワケかよッ)
成実は。
政宗が寝起きの悪いことを逆手にとって、政宗が目覚めないうちにご丁寧にこのリングを──しかも、何の主張をしたいのか。狙ったように左薬指に──嵌めさせて、かつ、完全に覚醒した政宗がリングの存在に気づいて怒り出す前に逃げたのだ。
憎たらしいのは、まるで測ったように指輪のサイズがぴったりなことである。
否、少しきつめに設定しているようだ。
おそらく、嵌めたらそう簡単に外せないように計算してのことだろう。
こういう時ばかり妙に頭が回るのだ。
ああ、忌々しい。
忌々しいことこの上ない。
「Shit!不覚だったぜ」
おまけに不覚の上塗りで、あろうことか政宗は気がつかなかったのである。
自分の研究室に所属している女子学生に指摘されるまで。

『伊達先生、どうしたんですか!それッ!』
『…What?』
いつもニコニコして人懐こい彼女が珍しくもの凄い形相で政宗の左手を掴んで云ったのだ。
こういう時、女性というのは目敏い生き物である。
なに云ってるんだ?と不思議そうに政宗が学生に訊き返すと、彼女はじれったそうに『これ!』と答えて、掴んだ政宗の左手を目線の高さまで持ち上げた。
『な───っ?!』
なんだ、コイツはッッッ!!!
あの時の自分はとんでもなく間抜けた表情をしたと思う。
ふり返って、政宗は忌々しげに舌打ちした。
あの時の動揺ぶりをなんと表現したらいいか。
───全く以てcoolではない。それだけは確実に云える。
『先生、そんな素振りちっともみせなかったけど…結婚するんですかッ』
左の薬指に嵌めるリングといったら、普通そういう連想しかないだろう。
『あ…いや、違うって。これは…だな、』
『ウソ。ちょっといつの間に!しかも、このブランドの指輪ってファッションリングでさえ人気があって、なかなか手に入らないんですよォ』
『だから、ちょっと待てって…』
学生の──それも女子である──好奇心に根づいた追及ほど容赦のないものはない。相手が敬うべき准教授サマであろうが何だろうが、その勢いは半端ではない。
そして、流石の政宗もその恐るべきパワーには太刀打ちできなかった。
だから。
『こ、小十郎…じゃねェ、片倉先生!片倉先生、助けてくれッ…!オイってばー』
思わず小十郎に助けを求めたとしても───それは仕方がなかったのだ。



ぶすりと不貞腐れている政宗を前にして、小十郎は「それは成実にしてやられましたね」と笑った。
「他人事だと思って。コレ、抜けねェんだぞ!Shit!こんなのやったまま講義なんかできるかよ!」
ゼッテー学生の好奇心の餌食だ!
語気荒く主張する政宗に、小十郎も内心「それはそうだ」と同意する。
それだけ学内における政宗の、特に学生からの注目度は高いのだ。
(まぁ…成実もそのあたりを牽制してのことだろうがな)
小十郎は政宗の薬指にリングを嵌めさせた成実の心中を慮り、小さく嘆息した。
成実にしてみれば。
俺のモノだ!と言外に主張したいのだろう。
なにしろ相手が政宗である。
小十郎とは違うベクトルで心配性の成実のことだ。牽制に牽制を重ねても、きっとまだ心配だろう。
そのあたり、政宗は本当に意識していないのだ。
「成実も存外ロマンチストですね。給料三ヵ月分ですか?」
「小十郎!」
「冗談ですよ。ファッションリングだと思えばどうです?」
「邪魔なだけだ!」
実のところ政宗はアクセサリーをゴチャゴチャ身に付けるのが好きではないのだ。
「姉さんに相談してみてもいいですが…あの人のことだから、きっと『今はこれくらい奇抜にやったってちっともバチ当たらないわよ』と、この時とばかりに貴方を一層飾りたてるでしょうしね」
「…いっとくが、喜多の『着せ替え人形』も勘弁だ」
心底うんざりと政宗が溜息をつく。
「成実の真心だと思って、諦めたら如何です?」
「心の示し方なら他にも方法があるだろうが。別にこんな…」
「成実らしいとは思いますけどね、俺は」
「小十郎!」
フフと口許に笑みを湛える小十郎を政宗は面白くなさそうに見つめた。
普段はとりたてて感じることもないが、十歳の差というものは『余裕』となってこういうところに現れてくるのだ。
「貴方に『一生傍にいてください』って云っているようなものでしょう?」
「な…っ、」
べ、別にそんなこと…と歯切れ悪そうに呟いた政宗は、ぎゅっと無意識に左手を握り締めた。
滅多に表情に表さない政宗が、珍しく顔を赤くしている。
そんな政宗を小十郎は微笑ましく思った。
「…ああ、なるほどそうか。やっぱり成実はロマンチストな奴ですね」
「小十郎?」
何に思い至ったのか、更に笑みを深めた小十郎を「なんだよ…」不審そうに見つめた。
小十郎は一人したり顔だ。
「貴方、今日誕生日じゃないですか」
「あ?」
今日は政宗の誕生日だった。
もちろん、そのことを成実が忘れる筈がない。
「記念日を…わざわざ選んだんですよ。貴方の誕生日に合わせて、ね」
「───?!」
益々政宗の顔が赤くなる。
最早これは自分では如何ともし難かった。
充分愛されてるんじゃないですか、と微笑む小十郎に政宗は二の句も継げない。
確かに。
愛されている確信はある、が。
だからといって。


(成実ーッ!)


アイツ絶対にシメる。
絶対にだ。
こんな…こんな見世物よろしく、居た堪れない想いをするのは誰の所為だと思っている!




誕生日の夜───二人にとっては蕩けるほど甘くはなさそうだ。


どうしてこんなに好きなんだろう【戦国BASARA2:成政】

…非常食に手をつける模様です(苦笑)。


今日は書くネタがないので、急場凌ぎで最近よく書いている現パロ成政のストックを。
ストックとはいっても、実は差し上げモノなので既に見かけている方もいるかもしれませんが。
この組合せを書くに至った経緯は長い(苦笑)ので割愛しますが、何本か書いているうちに結構面白くなってですねー。>それを「ミイラ取りがミイラになる」という(苦笑)。
気がついたら、設定集が作れるくらいメモがありました。
小政もそうだけど、BASARAを始めてから書き殴り設定メモが凄い量(苦笑)。>大半が読めない…orz


大河の時から基本的に成実は好きだったりするのです。

「明日の記憶」第3話ぷれ

大好き密林で頼んでおいた『紅盤』が届いてた!


ジャケが『蒼盤』は伊達主従だし、モノローグも伊達は『蒼盤』に入ってるから、とりあえず『蒼盤』だけで充分だろうと…当初は思っていた訳ですよ。
浅はかにも。
武田主従もそりゃ好きだけど…武田主従メインだったら、ゴメン。別にどうしても欲しいという訳でもない。(まぁ、BASARAコレクターでもないし。)

ところが。
トラック6「水光に映る従夢」がもの凄く好きなんですよ。あの曲が!
で、それのために買った!
これで暫くは『蒼盤』と『紅盤』を交互に聴くことになりそうです。


それと時を同じくして頼んでた伊達主従本(PHP研究所)と小十郎本(学研)も届きました。
一体、いつの間に発売されてたんだ。こんな本。
というか、最近こういう系の本が出ると資料用だと云って即飛びつくので、本棚が大変怖ろしいことになっていることに気がつきました。でも、知識の補完とか…役には立ちそう。



以下は、「明日の記憶」第3話ぷれになります。
明日はオンリーに出掛けるので、更新するなら今日だろう!と意気込んでいたんですが…ムリみたいorz
あと、拍手レスについても申し訳ないです。
また後日改めてということで。

勿忘草第10話ぷれ

第10話を書き始めています。
一応クライマックスは頭の中で固まっていて、そこから続く数年後設定の終章も決まっているんですが…。
今はちょうどクライマックスに至るまでの部分。頑張って今週末にはどうにか更新できればいいなあ、と思っています。
勿忘草を書きつつ、以前『生体人形』でチラ見せした本編を錬成中。



以下、書き途中の第10話ぷれです。

時季を逸せず

今週末はバレンタインということで。
自分用に大量のチョコをお取り寄せ。しかもあまり甘くないモノばかりをセレクト。

…結構シアワセ。


せっかくのバレンタインなので、そういう話も書いてみよう!と思い立ち書き始めたんですが…未だ書き上がらず。政宗視点と小十郎視点で1本ずつと考えてるんですが、今週末までに書き終わるのかな?
とりあえず、以下書きかけのをちょろっと。
現代パロです。昨年365題で書いたバレンタイン話(344.dolce vita)の1年後みたいなノリで。


勿忘草第6話【ぷれ】

第6話のぷれです。
まだまだ書いてます。

勿忘草第5話ぷれ

風邪ひいたり何だりで、勿忘草第5話の進行状況がやや遅れ気味です。
書きたい意欲はあるけど、気力が伴わないというかorz
いつも風邪は気合いで治す!人だけど、流石に咳が酷くて声も相変わらず出ないので、仕方なく病院に行って来ました。何年ぶりだろ、風邪で病院行くのって。
風邪が流行っている所為か、病院混んでる!診察までにエラク時間を要しました。
で、診察は5分とか10分とか。
結果、やっぱりタダの風邪、ということで。
あまり喉を使わないように、とお医者に云われました。つまり、喋るな、と。
安静にしてるようにとはひとっことも云われなかったので、明日は予定どおり全国に行くのです!
勇気を振り絞って大好きなサークルさんに『大好きですー!』って云うんだとか思ってたんですが、ね。
今とてもやさぐれた掠れ声なので…ちょっと萎れ気味orz



勿忘草#1【ぷれ】

勿忘草第1話ぷれです。
途中も途中のところをぶった切って載っけてみました。しかもこの部分、小十郎が出てないって…。
実はこの前にも話が続いています。


・基本設定
政宗は高校生。大企業の社長令息。実母との折合いが悪く、現在実家を出て一人暮らし。
元親は同級生で悪友。つるんでいろいろ悪い遊びを試したりするお年頃。政宗が淋しい時の精神安定剤代わり。



そんなカンジで、以下ぷれです。

プロフィール

安曇

  • Author:安曇
  • 今日も元気に生きてます。
カレンダー(月別)
11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ちびギャラリー
 

presented by.●○紅羽のTWぶろぐ○●
ブログ内検索
RSSフィード
リンク